• REMY KITCHEN BAKERY

    REMY KITCHEN BAKERY 最近モスクワのど真ん中のオープンしたレストラン。 オーナーシェフはオーストラリア人の私の友人。 このレストランの特徴は、モスクワでは珍しい本格的なフレンチスタイルのパンとクロワッサンが楽しめます。 それに、何といってもモダンで 私が始めてモスクワに来た10年前には考えられないほど自然な感じな空間を提供しています。 料理の方はとてもシンプルで最高の素材の味を生

  • そば(その3)

    そばを打ってみようと思いつき なんだカンダ始めてかれこれ数週間。 毎日やっているわけではないけど けっこういろいろとやってみた。 そして、最近分かったことがある。 それは、一般的にロシアで売っているそば粉では、日本のようなそばにはならない! と言うこと。 なんとも愚か。 何でもっと早く気づかなかったのだろう((( ロシアのそば粉、と言うかグレーチカの粉は一回実を炒ってから粉にしてあるのです。 だか

  • ロシアで一番おしゃれな通り(たぶん)

    モスクワの中心の辺にあるこの通り, パトリアッシュとか言う公園かなにかにかの近くにあって、天気の良い休日などは人でいっぱいです。 そして、ここがよそと違うのは とにかく店も人もとにかくおしゃれ。 ロシア人もおしゃれをするとけっこうカッコ良くてなかなかなもんです。 店先でワイングラスを片手に雑談する人、おしゃれな店で食事をする人、いろいろです。 確実に変わりつつあるモスクワ。 嬉しくもあり残念でもあ

  • メトロ。

    最近メトロで出勤しています。 健康 エコノミー エコロジーを考えて。 一駅乗るとついてしまいます。その一駅間に私の利用する線は外を通ります。 なかなかいい景色で、左にはロシアンホワイトハウスとウクライナホテル。 右にはモスクワ大学が望めます。 何かパリのメトロの6番線を思い出してちょっとうれしい今日この頃です。

  • シンプル))

    最近のモスクワのレストランは、何となく二通りに別れているような気がします。 なにか、上へ上へ積上げて複雑な料理を作っている店と、まったくシンプルなものを作っている店と。 corner cafe は後者のほうです。 あまりデコレーションに凝ると何がなんだかわからなくなるし、仕事の能率も悪くなるので。 それは、パティシエだった頃から同じです。 たぶんこのスタイルはず~っと変わらないでしょう。

  • テラス)))

    短い夏。 やっと今日から少し夏らしい陽気になりました。 今年はテラスの認可がおりたので,ちっさいテラスを出しました。 まだ完全には出来上がっていませんが、何かいい感じ。 冷えた白ワインでも飲みながら夕暮れ時を満喫しよう!!!

  • 餃子 ウィーク))

    今週、CORNER CAFE では餃子週間だそうです。 単に餃子がすべて半額になっていると言うことだけですが、、、。 ディレクターとPRマネージャーのアイデアなんですが、調理場はちょっと慌てます。 皮を作って一つず詰めてと。 まぁ、たまにはいいでしょう。 餃子好きの方はぜひこの機会に御利用くださいませ~。

  • そば。(その2)

    ラーメンを自家製麺に切り替えて、そろそろ3ヶ月。 何となく板についてきた感じの今日この頃。 そして 最近,そばに挑戦しているわけですが、、、。 思ったより苦戦を強いられています。 第一、小麦粉をそば粉に変えるだけかな? と言う安易な発想が甘かったようで、 えらいことになってます。  まったく粘らないそば粉,つなぎは出来るだけ入れたくないし、、。 明日は水の温度を調整してみよう!!

  • ベトナム珈琲。)))

    世界中には、いろいろなスタイルのコーヒーが存在します。 エスプレッソ フィルターコーヒー、トルコ式コーヒーなど。 あまり、馴染がありませんが ベトナム式コーヒーって物があります。 一般的に、ベトナム産のコーヒーが使われていて焙煎が深く、キャラメルのような風味があります。 それをコンデンスミルクの上にドリップします。 キャラクターが強いわりに、まろやかな味が特徴です。 個人的好き度**二つ星。 我が

  • そば))

      私が、日本に帰ったときに食べたいものの一つに、”そば” があります。 私の生まれ故郷は そばの産地であり 信州そば 霜下そば 戸隠そば、などは 皆さんも、一度は聞いたことがあると思います。  なんとも 地味で質素な食べ物ですが皆さん好きですよね。 と言うことで。、、、 そばを作ってみることにしました。 ロシアには、そば粉はふんだんにあるし。 でも,ああいうシンプルなものって作ってみるとめちゃく

  • 食文化。))

    Corner cafe では、味噌、醤油、トム-ヤム、と3種類のラーメンを提供させていただいているわけですが、一般的にロシアではラーメンはスープのカテゴリーに入ってしまうようです。 そうなると、ロシアではスープを食べるときにパンと一緒に召し上がるため 味噌ラーメンにライ麦の黒パン と言う組み合わせになります。 美味しいのかな? そういえば、昔、うちのばあちゃんがピッツァと味噌汁一緒に食べていたのを

  • Black star burger !

    ロシアには、ティマティと言う歌手?たぶんラップ歌手がいて、そのティマティが Black star なるブランドを展開していて、そのバーガー店がこれ。 この、経済低迷と言われているロシアで、これだけの行列を作っているのはたぶんここだけ。 さすがにここに並んでバーガーを食べる気はしませんが、そこそこ美味しいらしいです。 休日ともなると、1時間待ちは当たり前。 日本でも、芸能人がやっているレストランとか

  • トリプルショック!!

    5月8日、今日のモスクワは雨ときどき雪、気温3度。 そして、大型連休中。と言うわけで我がCorner cafe は回転休業状態。 かれこれ10年以上モスクワに住んでいるけど さすがにこんなのは初めて。 5月の雪なんてヤダ~。

  • ゴールデンウィーク。))

    日本ではゴールデンウィークの真っ只中なのかな? ロシアでもちょうどこの時期いろいろな祝際日が続いて、日本のゴールデンウィークのような状態になってます。 ショット肌寒いですが、天気も良く気持ちがいい。 なんたって、モスクワの街に人が少ない!! 渋滞なし!!   なかなか気分がいい。 ここ数年、ロシアも不景気と言いつつもモスクワの人々は旅行に行ったりするお金もってるんですね。 とは言え、我がカフェのこ

  • "日の出”って)))

    最近ヨーロッパでは、日本の文化に興味を持つ人が多いようです。 フランスでは毎年”Japon exp"題してとても大きなエクスポジションが行われています。 ここモスクワでも近年 日本文化熱がたかまり それに伴い"HINODE"と言うエクスポジションが開催されています。(実は最近まで知らなかった) 正直言って、今まで行ったことがないので実際どんなことが行われているかははっきりわからないのですが、今年は

  • 一升瓶

    最近日本でもあまり見かけなくなった一升瓶。 純米酒の一升瓶。やっぱり日本酒のイメージはこれですよね。 それに熱燗。これがなんともロシア人には日本的でクールなようです。 これから、もっともっと日本酒が海外の人に親しまれていってほしいですね。 ロシアでは、まだまだ伸びしろがあるような気がします。 でも、もう少し安くならないとだめかな。

  • 日本のお酒に興味あり!!

    最近、日本酒に興味があっていろいろ仕入れてみた。 純米酒、吟醸酒、濁り酒、など、、 その中で一番気に入ったのが、濁り酒。 酒粕の香りがなかなか良い)) 味の強い料理にも負けないし。 日本酒通になりそうだ~。 でも、うちのカフェで日本酒を飲むお客さんは8割りがロシア人で しかも、熱燗で。 日本のイメージなんだろうな。 もっといろいろな酒を仕入れてみよう、店がつぶれない程度に))))

  • そろそろシーズン。

    モスクワでも芝生は緑になり始め、いよいよ春の到来を感じさせる季節になりました。 市場のフルーツ売り場にも近隣諸国から届くフルーツなどが並び始めそろそろフルーツのシーズンがやって来ることを予感させます。 そうなると 食べるほうもそうですが、作る側も楽しみな季節になります。 なんたって素材探しで苦労しなくてもよくなりますし.それにもまして "作りたい"意欲が出てきます。 イチゴのタルト、プラム,イチジ

  • 自家製麺の苦悩))

    ラーメンの麺を自家製麺に切り替えてから1週間がたちました。 毎日毎日楽しく麺作りをしているわけですが、これがなかなか難しい! 当たり前と言えば当たり前だけれども。 おんなじに作っているつもりでも、茹で上げて試食をしてみるとほぼ毎回違う食感になる(( 早く茹で上がる麺、コシの弱い麺、その他いろいろ。 改めてラーメンの奥深さを思い知らされています。 でも、いろいろと思考錯誤をしていれば、もっともっと美

  • けっこう楽しい麺つくり)))

    いよいよ自家製麺を作るようになった。 ラーメンもここまでくるとちょっと楽しい。 配合を考えたり。 私が選んだのは多加水卵麺だ。 多加水麺にした理由は、まずのど越しの良さ。それからゆっくりラーメンを食べるロシア人でも麺がのびにくい。 ただ、今回購入した麺うち機は容量が小さいので一度にたくさん作れない。 だから、毎日せっせと作る。 それに、まだまだ改良点はある。 これからも楽しみながら麺作りに励もう!

1 2 3