• これは、前回の続きにあたる記事です

    nice!とそれを元に作ったリンクを元に、 自分は、ちゃんとブログを見てるんだよ。 適当にナイスボタンを押している訳ではないんだ。 「見たんだよ」と言う事を相手に伝える為にnice!ボタンを押してるんだ。 自分は、何も知らないし、浅学。それを知っている。 そして、人からしか物事を知る事も、学ぶ事も出来ないのも自分は知っているんだ。 自分が興味のある物のと云う物は、世の中の事。それと人や情報サービス

  • ムラゴンと言うブログサービスを考えた。その2

    考えてるだけでは、仕方が無いので9月から記事を書き始めた。 感じた事は、簡素。そして、使いやすい。 機能が豊富でない分、管理画面の変な、ごちゃごちゃ感が無いので 敷居が低く。初心者でも日記を書くという作業に簡単に入りやすいと感じる。 やはり、機能が豊富だと記事を書く前に ブログのデザインや何やらを決めるのに時間がかかる。 記事を書く事に集中しずらい?記事を書く作業に入りにくい。 機能やテーマが豊富

  • トラックバックとNice!機能。その考察

    予め言って置くのだけれど自分は、今現在。結構酔っている。  この記事の内容も後で書き直す事になると思います。 そして、このの記事も大した事は書いていないので、 スルー貰った方が良いかなと思うんだ。 後。自分も脇道?余計な事をしばらく書かないでおこうと思う。 その内まとめると思いますが、過程として書いておくつまらない記事なんだ。  一昔前。 トラックバック。 その言葉やその機能を備えたブログサービス

  • 自分だって知っているよ

    nice!機能を有効に使えば、ブログのアクセス数が簡単に上がる事ぐらいの事は 同じムラゴンでブログを書いている事を伝え宣伝する事が出来る事を 自分のブログに訪れた人を簡単に特定し探索する事が出来るくらいの事を nice!と云う物は足跡機能と云う側面を持っているのだからね? そして、その訪れた人を知りたい、その人のブログを見たいと 言う欲求にかられる事位の事を、人間心理だね? 自分だって馬鹿ではない

  • これは、どうでも良い話。自分は、Nice機能を以前から考えていたんだ。その効果。結果をね?

    予め云うと、この記事は、無視して貰った方が良いと思います。 Nice!機能って物は、トラックバックの一種?変形?派生物なんだよね? 過去?現在もトラックバックと云う物がある。 それは、簡単に云うと 記事やテーマに対して、自分の書いた記事やリンクを張る物で 個人の記事へのトラックバック。 その効果。それは、強烈な物なんだ。影響力が強すぎる。 記事を書いている当事者やトラックバックを張った当人にとって

  • nice!機能。良くわからないんだ。その使い方が

    記事を見て良いと思ったらnice!を押せばよいのか? 自分の記事に対して、nice!してくれた人にお礼でnice!を押せばよいのか? ブログに訪れた。訪れた事を知らせる為。nice!を押せばよいのか? ブログを見て貰う為にnice!を押せばよいのか? nice機能。一つとっても、人それぞれ考え方や使い方があるからね。 でも、これから自分は、nice!機能。それを多用して行こうと思うんだ。

  • ナイスを付けてくれた人のブログを見ているんだ

    どのような人物が自分のブログに興味を抱いてくれたか? 予め断っておくのだけれど、これはただの漠然とした感想なんだ。 定期的に書き直さなくてはならない記事。 変な事は書いてないつもりだけれど、不快な感情を 抱かないで欲しいと思います。 だって、自分は相手の事を全然知らないのだからね? そして、自分は、夏休みに出される読書感想文を書くのが大の苦ってだった。 「つぶやき」 ユジャロンさんの子育てをするお