【コートジボワール消防事情調査】 Abidjan, CÔTE D'IVOIRE (写真整理No.8) ODA / TICAD - kazu1000のブログ 阪本研究所

政府開発援助案件(ODA案件)の基本設計(B/D)の前に、現地消防事情調査で出張したときの写真を整理中。デジカメではなく普通のカメラで撮った写真の一部です。首都にあるアビジャン消防局の消防車両はフランスの消防メーカー、SIDES製。現地大使館や外務省無償資金課のセミナーなどでアドバイスされたのは、民間が適当な調査だけで供与機材の量を増やして現地政府より要請を上げさせる案件ばかりで、現地ではお金持ちの国は貧乏な国を援助して当たり前、「援助慣れ」という問題があって、被援助国は自助努力を益々しないようになるとの事でした。入札はそのほとんどが当然ながらタイド(紐付き)。現在もこの形態は大きくは変わってないと思われます。日本が主催するアフリカの開発をテーマとする国際会議で、TICAD(TokyoInternational...【コートジボワール消防事情調査】Abidjan,CÔTED'IVOIRE(写真整理No.8)ODA/TICAD

https://blog.goo.ne.jp/kazu1000/e/2c955e6b6271a7189921a9661c32df4e