竹橋駅のムラゴンブログ

  • 隈研吾展 新しい公共性 隈研吾展 新しい公共性

    建築家・隈研吾氏の個展 隈研吾さんの展示を鑑賞しました。 これはもう建築というよりはアートですね。建築物という概念を超えたインスタレーションなどは現代美術と変わりありません。しかし建築が都市と関係していることを思えば、アートが都市と一体化してゆくダイナミズムを目の当たりにします。 例えば長岡市のアオーレ長岡は行政施設や体育館のほかモールやアリーナなどが集まる複合施設で、それを中庭で結合させようとす