• あなたは、わたしのつばさ…

    ふたりの平行線は交わることがない 関わりになれない現実を思い知らされて 抱えてる事情を互いに話す状況にまで 至らなかった、たぶん私のこの愛はそうなのでしょう 何かしらの関わりがある繋がりだと感じていたから だから正直なところきっと先の未来に あなたから離れたことを悔いるのかもしれない それでも勝手に私が運命を感じていた だけだったのかもしれない 先人を真似て学べても   たとえ何かしら結果が出たと

  • あなたの帰る場所…

    わたしだめかも…しれない… 元気が…もうないの… あなたは…まだ大丈夫なの…? わたしは… あなたがいなくては… 無理かもしれない… あなたをずっと…見られないから…つらい… それが一番つらい… あなたが…帰ってこない…わたしのお家まで…… …あなたの帰る場所…は…もうここじゃないのね… …楽しい時間を…今までありがとう… 画家 アントン・ピック 最後まで読んでいただき ありがとうございます 画像

  • わたしの愛した…あなた…

    もういいの…あなたには…結局…彼女がいて… あなたは彼女と別れる気はないでしょう わたしはもうあなたを諦める… 前にも言ったかもしれない わたしはあなたの友人にはならない たった一人の人の為互いに…生きたいのに… そのひと一人に… もうあなたの愛を捧げればいい… あなたの私への情熱や愛は もう前ほどもないって 私には…わかっているから… あなたの未来も…何もかも その人に考えてもらえばいい… あな

  • あなたは…私の世界…

    【ピアノ】紅の豚/Porco Rosso/久石譲/Joe Hisaishi/ジブリ/Ghibli/弾いてみた/Piano/CANACANA 最後まで読んでいただき ありがとうございます 画像感謝してお借りしています

  • 久しぶりに現実的な話

    あなた…お疲れ様… 久しぶりに現実的な話になるんだけど あなたは人に見えないところで 色々頑張る人だから…絶対…頑張ってるでしょ… 全く様子が見えなくて…わからないから いまどうしてるのか気にしてたけれど しばらくは聞かない方がいいって 考えてたの… そんなに焦らなくても大丈夫… いま迄もあなたは自分でがんばって 立派に仕上げてきたでしょう あなたが新たに…いましてることだって 成果が出てなくもな

  • 音もたてずに…

    …そろそろ…出発の時間…かしら… …あなたが眠る間に… 音もたてずに…あなたのぬくもりの中から… 抜け出した…愛しいあなたの腕の中から… …あてのない…旅… 決して追いかけてはこない…あなた… …知るよしもない…わたしの旅立ち… 画 シャーロットバード 最後まで読んでいただき ありがとうございます 画像感謝してお借りしています

  • いろいろ心配してくれなくても…大丈夫…

         …わたし(ナウシカ)なら…      …いろいろ心配してくれなくても…大丈夫… 本当に…この恋に耐えられなくなったら…私… …メーヴェに乗って…飛んで離れていくから…   …だから…まだまだ…大丈夫なの…                          by ナウシカ(わたし) 画像引用 映画『風の谷のナウシカ』(ジブリ美術館)  風の谷のナウシカ Nausicaä of the Va

  • 愛の糸…

                       …最初は細い一本の糸だった… 私ね…はっきり言って… 若くないでしょう? あなたに比べたら… だから…あなたへの気持ちを始めとして 自分の感じたこと… 表現したいこと命がある限り表したいの だっていつ何がどう起きるのか なんて… 何もわからないから…                糸はだんだん… 太くなっていって… だから私はいま、あなたを愛したい…描きたいの

  • Sugar みたいな…甘くてやさしい愛を…

    …2018年がもうすぐ終わるね… あなたはハッピーエンドだった? わたしは365日… ハッピーだったとは決して言えない… それでも …2018年は… 愛するあなたに逢えた…記念すべき年だから… やっぱり…ハッピーだったって思うの… あなたへの愛を綴る甘いひとときに 毎日…わたし…包まれていたから… Sugar みたいな…甘くてやさしい愛を…… Maroon5-Sugar-日本語訳  ……ありがとう

  • ストーカー& 物件探し…のお話

    今日は雨って聞いていたのに かろうじて持ちこたえているみたい 私はもう少ししたら…駅まで出て "物件探し"… あなたには前に書いた記憶があるの 引っ越し…しなくちゃならないかもって… 本当は…あなたのマンションに 越したい…くらいなんだけどね…(必死) …冗談よ…? (怖がらなくって大丈夫(^o^;) ストーカー傾向は…全くないから…) ストーカーにあった事はあるけど 昔話だけど…短大の時…意外な

  • …何かあったの?

    あなた…また…何かあったの? 私も…あなたとの関係で 決まったパターンがあるって… いい加減…わかってきたの… それに… 私も脱出したいから 改善する方法考えてみるね… だって…考えない限り…つらい もう苦しいから…考えてみる… で…また…あなたを見たら 何かあったみたいな…感じだから すごく…また…気になってしまって 焦っちゃった 順調だったのに…何かあったの? テンション高い時や… 上手くいっ

  • …悩んでいる…あなたへ…

    二人の未来の足並みを揃えるって… やっぱり…難しい? また悩んでるあなた… また…昔みたいに…悩みすぎてる…? それならシンプルに考えて欲しいの… あなたは…"わたしが好き"? わたしと一緒にいる時間…欲しい? "迷う"ならば…"わたし"についてきて…!! あなたが来たら… わたしも一緒に考えるから大丈夫… まえに書いた約束わかるでしょ? まだわたし実現できてない… だから…わたしが成果をあげるま

  • ……あなたへ

    勝手かもしれない… あなたの言葉…見えなかった ごめんなさい…それでも…あなたを愛してる ずっと…永遠に…あなただけを愛してる… あなたのこと…心配してるの… あなただけを…ずっと…待ってるから…

  • …あなたがしてくれたこと…

       あなたがしてくれたこと… わたしの為にしてくれたこと わたしの思い違いではないとしたら ありがとう… まだすべて気がつけていないかもしれない 時差みたいにあなたがしてくれること わたしに伝わるまで時間がかかるのね… あなたがいまの一瞬 何をしているかわからないけど あなたがどこでどんなことをしていても わたしはあなたを感じながら生きているの 今日はわたし自分にご褒美をあげたの 春からいままで

  • 愛が溢れていた…

    いま…前のブログを見ていたら  悲しくなって泣いてしまった… あんなに一生懸命に書いていたのねって そしてわたしは本当に愛が溢れていた…    戻りたいわ…前みたいに 愛の時間があなたと あんなふうに過ごせるなら   どれ程しあわせでしょう… もう何度身を過ぎた願いを 諦めようとしたかわからない あなたには もっとずっとふさわしい人が たくさんいるから それでも 愛する気持ちだけは劣らない あなた

  • …あなたと一緒に果ててしまいたい……

    わたし…あなたから…無視されているの? いろいろ泣き言…言ってみたりしても やりたくないこと やりたくないだけなのね もういい大人が何を言ってるんだ と言われても やりたいことは変わらない… 何をしたいんだ?と聞かれても… 答えられない… 自分の中にしかない"何か"だから… 点と点が繋がらない……"繋ぎ"が"何か"が見えず 一つの線にすらまだ……成り立たない あなたがまたわたしから離れて わたしが

  • あなた…教えてほしいの……

    わたし…今とても あなたの助言が欲しいの  今までで一番 あなたに助けて欲しいって思ってるの… あなたはずっと"わたし"を 見てきてくれているから わたしの状態がわかるはずだわ わたしまた同じ"繰り返し"になるのは嫌なの だけどまたわたし同じ"繰り返し"してる? 未来へ繋がる"突破口"が見つからないの… 方向性ややり方を誤ってる?  わたしに助言をちょうだい といっても今のあなたの邪魔をする つも

  • あなたの"顔診断"してみたの……

    ごめんなさい 勝手だけどあなたの"顔診断"してみたの… そういうアプリがあったから ちょっとおもしろいから…読んでみて 当たってるかしら? 暇潰しに…… "顔読書"っていうの あなたの顔から性質を読みとるみたい あなたの顔から読むあなた診断 ↓↓ あなたの眉毛から読むあなた診断 ↓↓ あなたの唇から読むあなた診断 ↓↓  あなたの顎から読むあなた診断 ↓↓ …どうだった?……当たってる? 今日もゆ

  • 「大事なことほど小声でささやく」森沢明夫 著

    最近読んだ本の読書記録として、折々に感想などを書いていきたいと思います。 今回は森沢明夫著「大事なことほど小声でささやく」 森沢明夫といえば高倉健主演の映画「あなたへ」の原作を書いた作家です。 刑務官だった主人公が、妻の遺骨を海に散骨しようとする、高倉健の最後の映画でした。原作は映画と違っていましたが、しみじみとした良い小説でした。 その森沢明夫が書いた人情小説。 とても人の心を掬い上げるのが上手

  • 秋色へと染まる川辺に…

    こんにちは! お久しぶりの暇人です。 ようやく我が街でも、涼しくなり… 女ごころと秋の空? 秋の夕は釣瓶落し みたいな。 ボチボチと、過ごしやすくなってまいりました。 金曜日には、娘とドライブに行ったり… 稲穂が珍しい…という、田舎びと。 なんじゃ、そりゃ? という… ほんの少し、癒されました…😌 昨日の空も、格別で… 雲が多いけれど それも、ひとつの味だね。 それなりに、辛いこと、 哀しいこと