• 心のこり

    うさぎが旅立ってしまってからもうすぐ5か月になるけれど、どうしようもなく心のこりがある。だからなのか、あたらしいうさぎを家に迎える気持ちになれない。 私のうさぎに関する記憶には二種類あり、その二つは断絶していて、なめらかにつながることができていない。 一つは元気で若々しかった頃のうさぎ。遠くで私の足音や匂いを感じただけで、嬉しくてバタバタとアピールしたり、近づいてきた元気で愛らしいうさぎの姿。 も

  • 頑張って生きています

    私たちの大切な家族のうさぎ。 命の灯が弱くなってきています。 身体もとてもしんどそうですが、頑張って毎日生きています。 生き物と一緒に暮らすことは楽しいことがたくさんですが、弱ってきた時の痛々しさはどうしようもないですね。 でも、うさぎは毎日、頑張って生きています。 毎日、ありがとう!

  • うさぎ通信②

    胸腺の腫瘍が見つかった後で、眼振になったうさぎですが、毎日朝晩にお腹側の腫瘍の部分と毛を綺麗に拭きとっていたのですが、無臭だったうさぎの腫瘍のあたりから臭いがするようになりました。 丁度、薬をもらいに行きながらうさぎの様子を見てもらい、臭いのことなどを伝えると、腫瘍の周りの毛刈りをすることになりました。 動物病院で長い時間待って出てきたうさぎを見ると、毛が刈られ、腫瘍部分がむき出しになりかわいそう

  • うさぎ通信①

    男の子なのに乳腺に腫瘍が見つかった家族のうさぎですが、その後1週間くらいした頃、腫瘍周りの毛を綺麗に拭いて手当してから床に戻すと、その場でぐるぐると止まらない勢いで回り始めました。 おかしいと思い詳しくみると、目が回っているようです。どうも眼振という症状のようでした。すぐにかかりつけの動物病院に電話して相談し、受診しました。やはり眼振でした。原因ははっきりとは分かっていないけれども効くといわれてい

  • 腫瘍

    大切な家族のうさぎの身体に異常を発見したのが金曜日の夜。 右の胸あたりに異物がありました。 毎日うさぎをなでて遊んでとして来ましたが、身体を仰向けにして確認したり、すみずみまで身体を触って、異常がないかどうか確認することをしていませんでした。 土曜日にかかりつけの病院につれていったところ、乳腺腫瘍だろうということでした。 レントゲンを撮ってもまだ転移はしていないようです。もし、うさぎが女の子だった