• 株価、急上昇

    やっとお盆休みからの脱出か? 今日の日経終値は22,356円で498円高で終了。 余りに急な上げですので明日の利確売りが気になるところです。 そこで、三洋電機6516とEガーディアン6050は一度損切の再突入でリスクオフを狙います。 ナンピンできるほどの資金も残念ながらありませんし三洋電機・Eガーディアン共に期待はできる業績であると判断しているので暫くここの2社に関してはディトレで利益確保を狙いた

  • 結局のところ?

    家具屋姫と謳われた久美子社長・・・ 親子喧嘩の末に得た物は? 提携交渉のハードルとなっているのが、赤字が続く大塚家具の業績だ。17年12月期には単独の最終赤字が過去最大の72億円に膨らんだ。18年1~3月期は、最終黒字は確保したものの、営業損益は14億円の赤字だった。父・勝久氏が作った会員制を軸にしたビジネスモデルをやめて、気軽に立ち寄れる店を目指して、改革を進めてきたが、ニトリなどライバルとの競

  • なんと愚かな?

    金融庁は7月31日、日本国債の先物取引で相場操縦をしたとして三菱UFJモルガン証券に対し2億1837万円の課徴金納付命令を出していたことがわかりました。 デリバティブに関する課徴金では過去最高額とのことです。 報道などによりますと、三菱UFJモルガン証券のディーラーが2017年8月に長期国債の先物取引で相場操縦を行い158万円の利益を上げていたとのことです。実際には取引意思が無いにもかかわらず大量

  • 三洋電機

    誰が診ても暴落に三洋電機株 5月16日に10,360円を付けたの急降下? 8月には6,000円台へと落ち込み・・・・ 僅か3ヵ月で100株で40万円の損失とは・・・で、業績は? と言えば7月27日発表では絶好調の業績です。 ではなぜ株価が急落?急降下? これが株なんです。 企業や業績ではなくマネーゲーム的な動きをする。 6,280円を底値と判断して100株購入。 今後の動きに期待です。

  • 残すところ2日

    6月末の終値2万2304.51円を超えられるか? 日経平均株価の7月末終値に兜町が注目している。27日の終値は、前日比125.88円高の2万2712.75円。 残り2営業日で「6月末超」をキープできれば、年末に向けて株高が期待できそうなまことしやかなジンクスがある。 「今年の日経平均の最高値は、唯一2万4000円超で引けた1月23日の2万4124.15円です。 東証69年の歴史の中で、6月まで(年

  • 久しぶりの情報!

    アイフリークモバイル<3845.T>に注目したい。 18年3月期に「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載を解消した。同社は今後、モバイルコンテンツ事業の持続的な成長、CCS(コンテンツクリエイターサービス)事業のさらなる拡大、IP(知的財産)事業でのサイトのリニューアルオープンと運営を計画している。これらの事業は、継続的かつ安定的な収益力を高め、成長戦略をさらに紡いでいくと思われる。コンテンツ

  • 老害は退くべし。

    日銀は現在、企業の株式を組み込んで作った投資信託を年間6兆円のペースで買い入れていますが、ついにその購入総額が20兆円を超えました。  日銀の発表によりますと、20日時点で日銀が購入したETF(上場投資信託)の総額は20兆1854億円となり、初めて20兆円の大台に乗せました。中央銀行が国債などに比べてリスクの高い株式を購入するのは異例中の異例ですが、日銀は株価が下落することによる不安心理の増加を抑

  • アービトラージ

    裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。機関投資家などが、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引などが代表的です。理論価格よりも高くなっている割高な先物を

  • 地獄の一週間

    6日の東京株式市場の日経平均株価は、2万1788円14銭と前日終値比241円15銭高で終わった。出来高は概算で13億9300万株。  やってくれたねトランプ爺さん。 アイフリークの株はやっと挽回基調になったのか? 老いぼれ爺の世迷言で全世界の株主はどれだけの被害を被ったか? とにかく、今週は絶望の一週間で「ア~」と悲鳴まで出そうな思いの辛い日々。 売り手と新規参入には絶好の日々でも既存ホルダーには

  • 何かを予感させる?

    アメリカと中国の経済戦争を警戒して日経平均は連日のようにガンガンと値を下げ、それはアメリカ・ダウも共通で連日のようにダウもガンガンと値を下げている。 これではもはや経済戦争というよりも自滅的行為ではないか? 「戦わずして、勝」ではなく「戦わずして、負ける」である。 そのような中で、アイフリIR出現? アイフリークGAMESの本格稼働?と言っても既に4月4日に発表したものが今更? 苦し紛れのIR発動

  • アイフリーク・モバイル

    注目していただきたいのが、役員で非常勤取締役として 上原彩美 の名前があるという事とリアルタイムグループ、更には関連グループにも注目していただきたい。 上場の計画は 「ロボット広告事業の立ち上げに伴い、19年までの上場を目指している。現在の売上高は12億3000万円だが、上場時には30億円に成長させる。このうちロボット広告事業は3分の1に相当する10億円になると見込んでいる」

  • 上昇トレンド

    今週中には500円台をクリアーできるか?とワクワクしておりましたが株はそんなに甘くない! 500円台どころか一時は400円を割り込む事態も発生致しました。 そうは言いながらもトレンドは全て上昇基調ですので8日の下落は調整か振るい落としか? 27日の株主総会へは当然のことながら主催者は株主にはそれなりの手土産が必要となるのですが、昨今多様な物事で問題視されることが多様にありますのでここは一番IRによ

  • 株価上昇

    至って順調に株価は上昇中 8日には年高値更新の442まで上昇し、もう少しで500円か?と思ったところで一気の売り攻勢。 結局、この日の引け値は442円で、まずまずかな?と満足。 出来高も900万株オーバーとなり低位株にしては大変良くできましたマーク 週明けあたりに一度S高へと大きく伸びてもらいたい気もするのですが、今月の株主総会前あたりには大きく伸びることは確信しております。 決算事態は現在は赤字

  • 買い戻し成功!

    実にハラハラドキドキの買い戻しでした。 朝から一気の買い気配で株価はグングンと上昇 私の顔色はドンドンと青ざめる・・・ うわ~失敗、一日遅かったと諦め気分で午前が引ける。 午後から一転の売りに期待もするが、午後からも売りの気配はない・・・ 足し前で買い戻しの覚悟をした14:00頃から潮目は一気に売り気配。 ガンガンと株価は下がり始め、なんとか予定の357円で5,200株を買い戻すことがでました。

  • マジかよ?

    メルカリIPOに当選すべく大和証券より応募を目論むも断念。 大和証券取り扱い割合は実に42%であり実に高確率の当選です。 ところがなんと、楽天銀行から大和証券口座にお金が振り込めないことが判明・・・ エ~なんで? 急遽、大和証券に振り込める手持ち口座を探してみるが該当口座はなし・・・ これから即効で口座開設をしてもIPOの締め切り期日には間に合わない。 仕方なくSBI証券より申し込みをと思案するも

  • アイフリーク注文

    明日からまた、東証で勝負! 一度利確した3845アイフリの買い戻しを行います。 今回は今年のニーサを限度額まで使用した税金対策購入。 2段になっているのは私の口座とワイフの口座で購入しているからで、 二つの口座で売買することによりニーサも倍、年間控除額20万円も倍の控除40万円 更には子供の名義までも使えば年間どれだけの節税になる事か? 低金利のこの時代です 今一度、財産の運用について考えるべき時

  • 一度、利確。

    5月29日に年高更新の411円を付けた後はダラダラと値を下げ、一時はビックラコン価格にまで下落致しましたが、6月に入り情勢は変わりました。 6月1日のい午後から一気の上昇で400円まであと一歩の390円で終了。 個人的にも6月の株主総会の開催を控えたアイフリークは今後本気で株価上昇を狙ってくると考えられるので、ここでいったん利確引けでニーサに乗り換えです。 このニーサへの乗り換えが絶妙で、一旦引け

  • 何やら続々と

    1.フランクフルト ドイツ証券取引所(日本で言う東証一部)に上場している  FinTech社であるNAGA GROUP AGのNAGAが発行しているトークンです。 2.NAGA GROUP AGは2005年創業の企業ですが、今も急成長している伸びしろがある優良企業です。 3.既にNAGA GROUPの主力事業であるSWIPESTOXというプラットフォームで数十万ユーロの取引で使われている実績ある通

  • 先週までの動き。

    今週のチャートの動きから来週の動きを見たみたい。 指標から診れば出来高は600万株のできで大きく動いたようにも見えるが、発行株数が1500万程度ですので割合からすれば600万株の出来は大きいという事になる。 新興株の値動きが激しいのは株の発行部数が東証一部に比べて著しく少ないという点が有利でもあり歩利でもある。 要するに変動が大きく上がりも大きければ、下がりも大きいいということです。 3845で気

  • こえほん

    アイモバイルフリーク 3845 を調べて視る。 まず一番初めに、お~と思ったことは現在は「女性の社長」でした。 それも、若くて綺麗で才能がある。 天は二物を与えずは過去の話か?全てのもを上原彩美という女性に与えているではないか? 美貌に、才能に、地位にと、これほどまでに完成された女性はめったにいないのでは? 本来ならば写真掲載で・・・と思うのですが細かい部分で法に抵触する恐れがあると悪いので気にな

1 2 3 4 5 ... 7