• ブラックラグーン 10巻

    約4年半ぶりの新刊ブラックラグーン 10巻 を電子書籍化。半ば完結をあきらめていましたが、連載再開が発表されてから待ちに待った10巻が遂に発売。本屋に行ったら、でかい箱に驚きましたが、画集が付いていたんですね…。お話はロベルタの災害が終わった後の話で、ロベルタを救い、張の注文もまもり満点に近い働きをしたけれど、人の命を平気で賭けに使ったことを攻められ軽く落ち込んでいるところからスタート。そんな中ド

  • ブレイクブレイド 13巻

    ブレイクブレイド 13巻を電子書籍化。化石燃料を持たない代わりに人類には魔力があって、魔力で石英を伸縮、回転などの操作をすることで車などの日用品から兵器まで動かしている世界。そんな中で主人公は100万人に一人の確率で誕生する魔力を持たない人間で本来は日用品レベルの物も操作することが出来ないのですが、遺跡から発掘された人型兵器のゴーレムは逆に魔力を持たない人間のみに反応したので親友が国王をしている軍

  • 星界の紋章 2巻

    星界の紋章 2巻を電子書籍化。かつて深宇宙調査の為、遺伝子改良されたアーヴという種族が作られ、彼らは宇宙船の部品として扱われていたが、後に独立し既知宇宙の約半分を占める帝国を築きあげた。そんな世界で通常の人間である主人公が住んでいた独立惑星が帝国に占領された際に無理やり帝国貴族に祭り上げられ戦乱に巻き込まれるというSF作品。主人公は貴族としての責任の軍役につく為、帝国の首都に向かう軍艦に便乗するの

  • BTOOOM 14巻

    BTOOM 14巻を電子書籍化。なんか今巻の表紙は軽く犯罪臭がしますが一応 健全?な話のはずです。いらない人として指名された人が集められた離島で爆弾で殺し合いをして8個のチップを収集することで脱出できるというリアルボンバーマンなストーリー。軽い推理要素があった新章 聖域編の続き。肉食性の大型爬虫類が侵入できない集落跡地に爆弾を預け平和的に共存していたチームが脱出に必要なチップが集まった時点で仲間割

  • ニンジャスレイヤー 2巻

    ニンジャスレイヤー 2巻を電子書籍化外国人の忍者に対する勘違いを10倍加速した作品。相変わらず突っ込みどころ満載で、シリアスな雰囲気ですが、個人的にはギャグマンガです。野生化して害獣になった生物兵器 バイオ・スモトリ。カチグミ階級のサラリマンがバイオ・スモトリを駆除するゲームを楽しむマッポー的所業だそうです。・・・マッポー的は仏教用語の末法のことでしょうか。そしてニンジャスレイヤー=サンが敵のニン

  • 亜人 4巻

    亜人 4巻 を電子書籍化。相変わらず暗さで文字がつぶれてしまう…。今までは一般人に不死者の亜人が追い回されてひどい目に合うことが多かったのですが、今巻からは亜人側が反撃を始めます。と言っても、亜人たちも佐藤の過激さにはついていけないようで仲間は殆どいないようです。一方主人公は一般人から狙われにくい山村の老婆の家に居候しており、ひっそりと生活中。亜人の暴走を止める仲間を探していた他の亜人に見つかった

  • 白暮のクロニクル 2巻

    白暮のクロニクル 2巻を電子書籍化。今巻は主に主人公の一人で不老不死のオキナガの雪村魁がオキナガになった過去と12年に1度発生する殺人事件「羊殺し」との因縁がメインの話。現在の厚生省の幹部の竹之内は戦時中にオキナガを正式に国民にする代わりに夜襲専門の部隊を編成して転戦。沖縄戦で瀕死の雪村魁に出会い末期の水の代わりに自分の血を与えオキナガになった。その後、実験の為に体中を切り刻まれても死なず自身が化

  • 狼と香辛料 コミック版 10巻

    行商人マンガの狼と香辛料 10巻を電子書籍化。行商人の主人公が、立ち寄った馴染みの村の付近で豊作の神として まつられていた言葉を話し、少女の姿に化ける巨大な狼と出会い、行商の傍ら彼女の生まれ故郷まで連れて帰ると契約を結ぶというストーリー。今巻では全巻で引き続き、旧来の地主達と新興の商会勢力が水面下で争いあう街での商戦の話。地主側は交易市場の権利を持つが市場の建築費等で商会に返済しきれない莫大な借金

  • 氷菓 6巻

    氷菓 6巻を電子書籍化。米澤穂信原作の古典部シーズのコミック版。やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短にをモットーに省エネ人生を邁進中の主人公が、好奇心の塊の旧家のお嬢様に振り回され、小さな謎を解いてく人が死なないミステリー作品前巻で 愚者のエンドロール編が終了し、今巻から文化祭の クドリャフカの順番編に突入するのですが、その前に、以前コミック版 3巻に付属したOVA

  • げんしけんのifストーリー? Spotted Flower 1巻

    げんしけんのifストーリーみたいな Spotted Flower 1巻を電子書籍化。ちなみに表紙はトレーシングペーパーになっていて外すと少し違うバージョンになります。キャラの性格が同作者の別作品であるげんしけんのとある登場人物二人と同じだったり、タイトルを直訳すると「まだらのはな」みたいな感じになったり、その他にもヨメさんの大学時代の友人で二児の母も げんしけんの某登場人物に似ていたり、ダンナが滑

  • 鉄のラインバレル 23巻

    鉄のラインバレル 23巻を電子書籍化。表紙に人民の人民による人民のための…と言った人に似てますが別人です。今巻で数年行方不明だった主人公が帰還し、人類に敵対していた意志ある機械のヒトマキナから真実が語られ、一気にストーリーが進みました。物語の舞台は西暦 2023年だが、本当は2052年に人類が滅亡しヒトマキナが人類を作り直しもう一度やり直した世界で、本来の世紀は2712年。ヒトマキナは本来人間の敵

  • ゲート 自衛隊 彼の地にて 斯く戦えり 4巻

    ゲート 自衛隊 彼の地にて 斯く戦えり 4巻を電子書籍化。銀座のど真ん中に巨大な門が出現し、そこから異世界の軍勢が攻めてきたが、あっさり返り討ちにしたけれど、多くの人が犠牲になったので、賠償を請求するため、門が国内にあるから門の向こう側も日本だと無理やりこじつけて自衛隊を送り込むという戦国自衛隊のファンタジー版の様な作品。門の向こう側はなんとなく世襲制の帝政ローマっぽい国で、魔法みたいなファンタジ

  • 七つの大罪 8巻

    七つの大罪 8巻を電子書籍化。前巻のラストで登場した色欲の罪 ゴウセルが引き続き登場。色欲なので、当初は亀仙人みたいのを想像していましたが、全然違いました。能力は相手が望んだ幻影を見せたり相手の隠していることをのぞいたりできる様で、中々ゲスい能力ですが、本人は単に空気が読めていないだけの様なので不快感は感じません。ゴウセルの証言で主人公たちが罪人として追われる立場になった事件の際に、主人公を昏倒さ

  • 角川版 ビブリア古書堂の事件手帖 5巻

    角川版 ビブリア古書堂の事件手帖 5巻を電子書籍化。今巻では司馬遼太郎作品を中心にしたお話。私も歴史作品が好きなので、司馬遼太郎の作品はいくつか読んでいるのですが、推理小説を書いていたのは知りませんでした。しかも無理やり書かされたとか、探偵はどうして秘密を暴き出す事に執念を燃やすのか解らないとか、もう二度と書くことは無いとか言っていたりするそうなので逆に読んでみたくなりました。しかし、全集からも抜

  • ディアボロのスープ 4巻 最終巻

    ディアボロのスープ 4巻を電子書籍化。今巻で唐突に完結してしまいました。かなり駆け足になってしまい、面白かったのに少し残念です。主人公たちは、自分の国を滅ぼして、理想の国を作る決心をしたところで、自国に侵略してきた帝国の皇女に魔女を使い皇位を継ぐ手伝いをする代わりに停戦する様に交渉。停戦後に自国の首都に戻り、国のトップの魔公を打倒するのですが、ここがかなりはしょられてしまっている気がします。しかし

  • 魔法科高校の劣等生 九校戦編 1巻

    魔法科高校の劣等生 九校戦編 1巻を電子書籍化。やっぱりスキャナではタイトルのメタリックの箔押しがイマイチ綺麗には写らないのが残念です。入学直後の話が終了し、これ以降は各章ごとに違うマンガ家が作画を担当し並行して連載をするようです。話題がある間に売ってしまいたいのかもしれませんが、個人的には第1章とこの九校戦編を書かれた きたうみつなの作画か、とても上手かったので出来れば全部この作家さんに書いて欲

  • アルスラーン戦記 1巻

    田中芳樹原作、荒川弘作画のアルスラーン戦記 1巻を電子書籍化。原作はここ数年最新刊が出ずもやもやしていたところに、鋼の錬金術師や、銀の匙の荒川弘のマンガ化が始まりました。まだ未完なので、第一部で終わらせるのかもしれません。作品の第一話は、原作にないオリジナルで、本編の数年前の話。原作ではあまり触れられていない動乱前の繁栄する王都が描かれていて序章としては申し分のない面白さでした。大陸交易路で栄え、

  • 進撃の巨人 13巻 アニメDVD付限定版

    進撃の巨人 13巻 を電子書籍化と付属DVDの感想を。前巻に引き続き今巻もDVD付を購入。次の14巻もDVD付が発売されるそうです。今巻は巨人側の人間だった同期にさらわれたクリスタとエレンを奪還して壁内に撤退したところから開始。巨人がかつての人間だと判明しましたが、保護していた司祭が拷問の末に殺害され、今後のキーマンになる主人公のエレンと同期のクリスタの二人が憲兵に狙われます。キーマンの二人は同一

  • 銀河パトロール ジャコ

    銀河パトロール ジャコ を電子書籍化。実は特装版をすでに買っていたのですが、巻末の描き下ろしコミックの内容と、本のサイズがドラゴンボール完全版と同じだったので、それは電子書籍化せず保存することにしました。それでも気軽に読みたいので、通常版を購入し直しこっちを電子書籍化。ストーリーは銀河パトロールが危険な宇宙人が地球に向かっているのを察知し、助けるか人間を見捨て地球だけ助けるかを判断するためにやって

  • 天才たちの競演 2巻

    天才たちの競演 2巻 を電子書籍化。ビックコミックスの45周年企画で一巻あたり7人の作家の読み切りを掲載するオムニバスの2巻目1巻は好きな作家が少なかったのでスルーしましたが、2巻は好きな作家が多かったので購入しました。水木しげるの その後のゲゲゲの家計簿。鬼太郎などの作品がヒットし連載を大量に抱えていた頃の話で、3億円事件で警察に事情聴取されたお話。水木しげるの独特なタッチの絵は大好きなのですが

1 ... 3 4 5 6 7 ... 9