• コラム 【刹那の言葉】

    私は、男のヒトが私に、思わず発してしまう、言葉が好きだ。 私を嬉しがらせるための、ちょっとした小さな約束。 「こんど、一緒に〇〇に行こう」 「こんど、一緒に〇〇をしよう」 忘れてしまったり、気持ちが変わったり、事情が許さなかったり。 たいていは、結果的にウソになる、その場かぎりの言葉なんだけど。 でも、その言葉をクチにした一瞬の気持ちは、真実なんだと思う。 その時はホントのホントに、そう思ってるん

  • コラム 【食べログ トホホな新機能】

    2017年1月 食べログさんから次のようなお知らせがありました。 投稿に関して 1つのお店に対して、何度も「行った」(口コミ)が投稿できるようになりました。 1つの「行った」(口コミ)はこれまでと同様の文字数、写真枚数が投稿できるようになりました。 コメントやいいね!は、個別の「行った」に対して投稿できるようになりました。 これまで投稿した内容には、一切変更はございません。 訪問日が「年月日」まで

  • コラム 【みかんと伊予かん】

    新しい年を迎え、果物売場には伊予柑が登場。 いよいよか…、なんてね。 「愛媛の伊予柑、い~予感」というフレーズが、思わず思い浮かんでしまう世代の私ですが、 実際に、出回り始めた伊予柑を目にして感じるのは、良い予感ではなく、一抹の寂寥感。 なぜなら、温州蜜柑がもうすぐ終わるよ、ってコトだから。 まだ今は、果物売場で一番の勢力を誇る、蜜柑。 でもそろそろ、爛熟の時期。 だんだん酸味が消え、甘味だけにな

  • 清水エスパルス2017シーズン新ユニフォームデザインについて

    クラブ創設25周年(四半世紀)を迎える2017シーズン、エスパルス選手が着用する新ユニフォーム(1st)のデザインが決定しましたので、下記の通りお知らせいたします。 ■デザイン概要 「クラブ創設25周年(四半世紀)」を迎える2017シーズンは、“J1復帰元年”でもあります。この二つのメモリアルイヤーに相応しく、これからのクラブの姿勢が注目される中で、もう一度強いエスパルスを創りあげるべく、今回のデ

  • コラム 【アンダーヘア】

    同い年の女友達からの年賀メールに、 「年初め、白いアンダーヘアーを1本発見して落ち込んでいます」、とあった。 あ~、その気持ち分かる。 私も、夫に発見されたときは、超~ショックだった… まぁ、発見したのが夫でまだ良かった、という考え方もできるけど(笑) 同年代の女友達が集まると、この話題は結構盛り上がる。 頭髪以外の部所に生えてくる白髪問題。 白い鼻毛は、暗闇の中でキラッと光ってタイヘン目立つ、と

  • コラム 【ずるい先輩】

    もう長い間会っていなくて、年賀状だけのお付き合いなのですが。 高校のクラブのある先輩、18年ほど前、性別の変更を年賀状で教えてくれました。 そっか~、「住所変わりました」とか、「家族が増えました」とかと一緒で、 こういうコトも広くお知らせするには葉書がいちばんね、などと思った記憶が。 スラリと背が高く、優しげな整った顔立ちの、男性だった先輩。 1コ下の私にも丁寧に接してくれて…、好きにならなくて良

  • コラム 【旧友の改名】

    高校時代の友人からの年賀状。 毎年、かわいいペットと一緒の写真のを送ってくれる。 でも、なんだか、今年のは何かが違う… おぉ~びっくりした!、名前が違うやん!! 結婚したわけではない、変わってるのは姓ではなく、下の名前。 なぜ?、そう、思いおこせば、高校生の頃から彼女、言ってたなぁ… 自分の名前の文字が、とてもイヤ。 漢字の意味がもひとつだし、字面もキレイじゃないし。 なんで親が、こういう名前に決

  • コラム 【鳥の病院と手袋と靴下】

    野見神社に初詣に行く途中、あら、自然食品のお店だった場所が「鳥の病院」に。 阪急高槻市駅と関大を結ぶ道路沿い、【メグマート】さんの近く。 「鳥の病院」って需要があるのね、知らなかった!(☆。☆) で、初詣の帰り道、ミューズデッキを歩いていて見つけたのは、小さな女の子用の手袋片方、まぁ、落っことしちゃったのね。手すりに引っ掛けておきましたよ。 そして、またしばらく歩いていると、また発見、小さな女の子

  • <高校サッカー>藤枝明誠、初戦で涙 全国選手権

    <高校サッカー>藤枝明誠、初戦で涙 全国選手権  全国高校サッカー選手権は31日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場などで1回戦15試合を行い、本県代表の藤枝明誠は東海大仰星(大阪)に1―2で敗れた。藤枝明誠は1点をリードされた後半8分、中道慶人が直接FKを決めて同点とした。しかし、1分後に勝ち越し点を許した。  ▽1回戦  東海大仰星(大阪) 2(1―0 1―1)1 藤枝明誠  ▽得点者【東】OG、松

  • コラム 【裏腹な言葉】

    親戚のワルクチ・第2弾w 久しぶりに、家族みんなで夫の親戚宅に行った。 今までは夫にお任せして、私は自宅で留守番していたのだけど。 病後の夫には、家族の世話も車の運転も望めなくなったため、 致し方なく、ヘルパー兼運転手として同行するコトに。 そうすると、嫁としてやっぱり言われるコトは、 「今までなぜ来なかった、これからはもっと顔を出しなさい」。 ・・・分かってないねぇ。 まぁ、ちゃんと説明していな

  • 清水まちづくり構想着手 新病院と新庁舎が核

    ◇清水まちづくり構想着手 新病院と新庁舎が核 静岡市   静岡市清水区の桜ケ丘病院の市役所清水庁舎所在地への移転が決定的になったとして、市が新病院と新清水庁舎を核とした清水都心のまちづくり構想の策定に着手したことが、29日までの関係者への取材で分かった。津波浸水想定区域内にある清水庁舎への移転には反対の声も根強く、正式決定前に、市民に示す将来像の検討を始める必要があると判断した。新たに建設される病

  • コラム 【車椅子と慣性】

    日常的に車椅子を押すヒトでないとピンとこないかもしれないが。 運動中の物体・車椅子にも、慣性の法則は働く。 もちろん、自動車や自転車ほどじゃないけれど。 ウチのように、電動車椅子+オトナの体格だったりすると、結構な重量。 ベビーカーなどとは比較にならない、止まりにくさ。 だから、押すスピードについては、ちゃんと注意を払ってる。 が、しかし! ふだん、車椅子を押すことなどしないヒトが、押そうとする場

  • コラム 【野見神社の鯛焼き】

    年明けのお楽しみは初詣! じゃなくて、えべっさん!! 高槻の野見神社は、初詣よりえべっさんのほうが賑やかなのです、小規模なりに。 お正月から既にえべっさんの幟が立ってて、神社的にもコッチが本番。(笑) お店も多いし、ヒトも多いし、商工会議所?主催の福引もやってるし。 甘酒のふるまいもあって。 なんせ、賑やかなほうが、神様への願い事も届きやすいかもしれない。 現世と神様の世界のあいだの、一方的大容量

  • コラム 【おむすび山で桜粥】

    確かイオン高槻でだったと思うのですが、こんなの見つけたので買ってみました♪ 息子のお弁当用に買ったのですが、ふと思いついてお粥さんに投入♪ ピンク色の綺麗な桜粥に変身、わりと美味しかったです♪♪

  • コラム 【小さい子供のいない家のクリスマスイブ】

    我が家には、小さい子供がいない。 半分オトナのような高校生の息子だけ。 あんまり可愛くないw 以前は、12月に入るとスグにツリーを出して、リースなんかも飾って。 プレゼントも用意して綺麗にラッピングして。 当日に何の料理を作るかもちゃんと考えて。 ケーキもドコのお店で買おうか息子と相談して。 それが今や。 すごく簡単に作ったサラダ。 スーパーでテキトーに見繕ったオードブル。 たまたま目に入ったケー

  • コラム 【顔にハンドクリーム】

    アンチエイジングに必死のパッチの、私(48才)。 フジフィルムのアスタリフトも、サンスターのエクイタンスも、もちろん使用。 なんだか、化粧品が本業じゃない会社の製品のほうが、効きそうな気がして。 指先に願いを込めて、ヌリヌリ、顔に塗り込んでいる。 その他にもイロイロやってるので、 ハッキリ言って、外食費(=食べログ活動費)< 美容関連費。 私が外食好きなのも、オシャレしてお出掛けしたいから。 いわ

  • コラム 【彼女の世界】

    私のママ友。 息子が赤ちゃんの頃からだから、もう15年以上の付き合い。 ともに趣味のサークルを運営している、相棒。 自分の意見をハッキリ言えるヒトで、行動力もユーモアもある。 みんなから信頼されてるし、私も信頼している。 でも、この頃、彼女と一緒にいるのが息苦しくなってきた。 なぜか?、それは、例えばこんなコトが・・・ Aちゃんという女の子とそのご両親という、 子供を介した私達の共通の知人一家が、

  • 鹿島、歴史に残る戦い

    (12/19静岡新聞朝刊より) ◇クラブW杯決勝(横浜スタジアム) 鹿島アントラーズ 2-4 リアル・マドリー 得点【鹿島】柴崎44’  柴崎52’ 【リアル】ベンゼマ9’ Cロナウド60’ Cロナウド98’  Cロナウド104’ ◇出されなかったイエローカード…永木「審判が一番レアルをリスペクトしていた」 曽ヶ端「アピールするのは当然」(ゲキサカ 12/19(月)より引用)   イエローカードが

  • コラム 【夫のタイミング】

    夫は何故だか、私が鏡の前で髪を触ってると、もよおすらしい。 後ろから、来る。 おばさんになっても、そんなコトをシテイタダケルなんて、 有り難いと思わなくてはイケナイんだけど。 せっかく決めたセットが乱れるじゃないか! それが気になって、もひとつ気分がノレナイ。 いや、乱れないように、なるべく上にノッテはいるのだが。 それはそれで、脚がシンドイ、太ももがつりそうだ。 いちどなんか、がんばりすぎて膝頭

  • 選手の肉体強化、常葉大がサポート

    連日のメディカルネタです。 契約更改情報が滞っているので、ちょっとこれでブレイク。 (12/15静岡新聞夕刊より) ◇選手の肉体強化、常葉大がサポート J1復帰の清水      常葉大健康科学部(静岡市葵区)が、来季J1に復帰する清水の選手の肉体強化を支援することになった。今月から全選手の筋力などを細かく測定。そのデータを基に、清水は選手の肉体改造に役立てる。  清水は2015年、主力選手に負傷者

1 ... 11 12 13 14 15 ... 17