• そろそろ撤収しましょうのブロッコリ

    桜も散りました。 他の花は今からが満開? ウチのブロッコリも? いやあ、春ですな。 脇芽採集に躍起になろうかとも思っていましたが、一株しか残してないので、少しやる気が薄いです。  この収穫を最後に。 さて、週末には片付けることにしましょうか。

  • ブロッコリの脇芽と一部撤収

    プランタ株のブロッコリー。  ピンボケですが、脇芽が見えます。 メイン花壇のブロッコリは次の植え付けの都合もあり、撤収しました。 後は子のプランタ株だけです。  どっちかというと、 こっちのプランタ株の方がたくさん脇芽が出そうだし、ちょうどいい。 さて、最後のアベック収穫。  プランタ株の方が、 茎が長い。なぜでしょう。

  • ブロッコリはまだ脇芽採るぞドンドン

    ちょっと目を離すとすぐに大きくなります。ブロッコリ脇芽。 小さいけれど、こんぐらいずつ、毎回脇芽を提供してくれます。 脇芽を刈るときに大事なことは、なるべく根元で刈らないこと。 その途中の脇芽が次の脇芽の誘因になるので、根元から刈ってしまうと、そこで終わっちゃうんですよね。 まだまだ出るよ、脇芽。 楽しみだべさ。

  • ブロッコリの脇芽は気が付けば

    ということで、脇芽をまたまた収穫しました。  こんなもんです。 2株ですから。 そしてその数日後、  プランタ株も  花壇株も 次の準備が明白です。 もしかして今週末には収穫できる?

  • ブロッコリの脇芽はドンドン採れるか?

    プランタ株のブロッコリの脇芽が生えてきたので、 慌てて収穫。 なんだか少ないし、小さい。 去年よりも淋しい感じ。 路地植え株もまだ残っているので、まだまだ頑張ってほしい。 さあ、これから三寒四温だ。春はもうすぐだよ。 きっと。

  • 花壇ブロッコリは悲しい撤収

    これがねえ、路地植えなんですから。 暖かい時に多くの日光を浴びられなかったブロッコリは、越冬しても野太くなれませんでした。 結局この大きさで撤収です。 残された脇芽は、 うーん。 これもあんまり期待できないかもですね。

  • ブロッコリの脇芽はようやく第2弾だべさ

    気が付けば今日から3月。 これからはトウ立ちがバンバン出てくるんだろう。 早目の収穫を心がけよう。 脇芽の第1弾を収穫したのはいつだったっけ? わすれた。 ともあれ、こげな大きさになっているので、第2弾を収穫するべさ。  まあまあだべな。 この調子で第3弾もよろしくだよね。

  • こっちのブロッコリはイマイチなんです

    早い方のプランタブロッコリはすでに収穫済みですが、路地植えの株がどうにもこうにもイマイチなんです。 何がって?でわ、もう少し近づいてみましょう。  ねっ、美しくないでしょ? 何かにっ食われた感満載。 その下を見てみると、 もちろん、脇芽の準備もできていません。 路地植えなのにイマイチです。なんでだろ?

  • ブロッコリの脇芽次候補

    年末のうちに主蕾を収穫したブロッコリ。 まだそのまま放置し、先日脇芽第一弾を収穫した。 そしてその次候補がこちら。  ちゃんと育っていますねえ。 そしてその次の次候補がこちら。  まだまだです。 そんなこんなで、ブロッコリはまだまだ続きます。

  • ブロッコリー失敗

    ブロッコリー失敗 種まき9/30 育苗の状態で 徒長状態 収穫 2/3 150g+77g 積算温度2198.5 次回は 年1回に格下げ 育苗に失敗したので 次回は 苗を購入してみよう

  • ブロッコリ脇芽はそろそろ収穫してやらねば

    本体を12月までに収穫したブロッコリ。 脇芽がゆっくり大きくなっていました。 そろそろ収穫してやらねば、花が咲きそうです。 いくつとれそうかな。  はい、3つとれました。 去年みたいに、まだまだバンバン生えてくることを想定して春を待ちましょう。 ねっ。

  • こっちのブロッコリも準備完了か

    メイン花壇のブロッコリ。 ロマネスコの後ろで必死に頑張っている。 生長点を覗いてみると、 どうやら、次へのステップの準備ができたようだ。 後はこの蕾が大きくなるのを待つだけ。 でもやっぱり春まで待たねばならんのだろうな。

  • 刈り取ったブロッコリーのその後2

    実際には刈り取った株ではないのだが、路地植えなのにプランタよりも成長が遅い株。 ロマネスコの陰になって、なかなか成長しずらいかも。 それでもナンダカンダで、ここまで大きくなりました。 ここにきて、ようやく先端の蕾を発見。 この分だと、収穫時期もロマネスコとダブるかもしれないね。 いずれにせよ、少し安心しました。

  • 刈り取ったブロッコリーのその後1

    昨年度内に収穫できたブロッコリーのその後は、 上から見ると不気味。 しかし、刈取り後の部分をアップで見ると、  脇芽が、 続々と生えてきている。これはこれで楽しみだ。 だからカリフラワよりもお得感があるんだね。 今週末までには脇芽第1号の収穫に至るかも。

  • 早生のブロッコリと断定した年内収穫

    後に植えたのに、蕾が肥大化したブロッコリ。 よく見ると、脇芽もすでに肥大化傾向。 なので、こいつは早生なんだと断定して収穫断行。  小っさ。 脇芽、 さらに小っさ。 とにかく収穫したので、後は継ぎの脇芽の成長を待つことにします。 ああ、もう今年も残すところあと一日か。

  • こっちのブロッコリはまだまだ

    先日。あっちのブロッコリが花芽が出て、年内収穫可能かも。 みたいな記事を書いていたが、もう一つあるブロッコリはどうだろう。 葉っぱは大きくなっている。虫に食われているのは仕方がない。 いいのだ、可食部ではないのだから。 肝心の中心部は、  無事だし。 でも、まだまだだべさ。 こっちは少なくとも来年の春だべな。 楽しみなタイミングが何度もあっていいと思えばOK。 なのである。

  • こっちのブロッコリは早い?かも?

    ロマネスコはまだまだだった。 後で植えたほうのブロッコリは、もう蕾が膨らんでいる。 さらに近づいてみると、 脇芽にも蕾があるのが見える。 早いねえ。 また何回も脇芽採取できるのかな。 年内にメインの蕾が収穫できれば合格かな。

  • ブロッコリーは芽吹き始めたのがいる

    毎日毎日虫退治のことを心配しなきゃいかん晩秋だった。 こげな温かい十一月は初めてかもしれない。 さてブロッコリだが、メイン花壇に一つ、プランタに一つ植えてある。 こちらはプランタ株。 葉っぱはボロボロ。先日青虫を10匹ぐらい退治した。 でも中心部には、 嬉しい情報が発信されていた。やっと期待感が持てる兆しだ。 メイン花壇の株はというと、 ロマネスコの陰になり、満足に陽も当らない故か、まだその兆しは

  • ロマネスコもブロッコリも夜の見回り必須

    うー。 丑三つ時を少し過ぎた頃。 夜が明ける気配もなく、ひっそりとしたプランタ群。 そんな中、オイラは懐中電灯とピンセットを持って探索する。 なぜか。。。。。。  ブロッコリたち。 見るたびに穴が増え、大きくなっている。 しかし、犯人検挙率は思った以上に低い。  最年少のブロッコリは、 すでに葉っぱが、 スケルトンのものも。 そこで、夜中の見回りを敢行することとしたのだ。 すると、いるいる。夜に這

  • ブロッコリの凌ぎ合い

    メイン花壇ではロマネスコとブロッコリが成長競争。 やはり後から参戦したブロッコリ(左上にひっそり)はやや不利かも。 しかし、急激に大きくなってしまったのだから、これは工夫の仕様がない。 特に右端の株は、 全幅60センチを超えるかと思われるほど、葉っぱを広げている。 それでも、ところどころ、 やられている葉っぱもあり、観察を怠れない。 昨日も10匹以上のエイリアンを退治した。 これから春までずっと、

1 2 3 4