• クアルトを五目並べにできないか(6)

    4x4の4目並べのクアルトから同一形状の直方体(立方体を含む)のコマによる5x5や6x6マスのマルチ五目 並べ[Multi Quinto]が開発できました。 さらに、上側と下側の色が異なるコマに統一するとどうなるか? 4x4用が2x2x2x2=16種類、5x5用が24種類のコマであったのが、1つのコマが1つの属性を既に持っているので2x2x2=8種類が1セットになってしまうのです。 つまり、4X4

  • クアルトを5目並べにできないか(2)

    色々検討した結果、4属性 、2水準を変えないで、コマの上側と下側が同じ形状であることに着目して、片側だけ穴有りのコマを8個追加した。追加したコマには他の3属性が均等に含まれている。 5x5=25マスに対してコマは24個となるので、中央のマスをオールマイティのジョーカーマスとするアイデアで解決した。

  • 約10年前のSE出世双六が見つかったのでプレイしてみました。

    当時他社へ転職する同僚への餞別として購入したものの、シフトがあわず渡しそびれたままだったのを掃除の際に発見したので会社でプレイすることに。 このゲームはキャリアを積んで資格を取ったりレベルを上げたりしてITセレブを目指すという日立システムが作ったゲームで、当時からクソゲーと名高いゲームでした。 推奨人数が5人との事なので Nkさん、Niさん、Hさん、Oさん、私でプレイ開始。 序盤はブロンズの資格を

  • 恋文を届けたい。

    お昼時間のボードゲーム第三弾。 今回は『Love Letter(ラブレター)』をやってみました。 ストーリーとしてはこんな感じ。※ 公式サイトより引用  ここではない場所、今とは違う時代、とある小さな王国に、美しい姫がいました。その姫は気立てが良く、誰とも分け隔てなく接したため、国の皆から好かれていました。  そんな姫に心から惚れ込んだ若者たちは、姫の心を射止めるべく、恋文をしたためることにしまし

  • お酒が飲めないのにボードゲーム酒魅人で遊んでみた

    お昼時間のボードゲーム第二弾ということで、今回は日本酒作りがテーマの『酒魅人』(しゅみじん) をやってみました。 某ボードゲーム界隈では発売初日に即品切れしたとかしないとか人気のボードゲームらしいです。 (パッケージは日本酒っぽいですね!お酒飲めないのでよくわからないですが。) ゲームの流れを簡単に説明すると、プレイヤーは酒蔵となり ・毎年1本ずつ、日本酒を作る。これを3年間(3ターン)行う。 ・

  • 渋すぎるボードゲーム枯山水で遊んでみた

    メディアグループのお昼時間には、各自昼食と共にボードゲームを楽しむこともあります 今回は、ボードゲーム界で話題になったことや、同じ西東京エリアで立川にあり勝手にシンパシーを感じている合同会社ニューゲームズオーダー様が製作されている枯山水というボードゲームをやってみました (渋い、、渋すぎる、、) ルールは、一人一枚ずつ配れる庭園ボードに、砂紋タイルや苔タイルとよばれるタイル、または石を配置を行うこ

  • 年始 - 2017 -

    毎年恒例、初詣&だるま市に拝島大師へ。年明け2日の話。 娘はだるま市でピンクのだるまを貰いました♪ 去年もお義父さんが初孫だからって貰っていたなぁ。 今年の我が家のだるま達。今年一年お願いしますm(__)m 初詣後は、人生を賭けた大博打。人生ゲームです。 3回やったけど全て無職でした。。。無職でも金はもってたぜ!! 他にも新しいカードゲーム達。 ペンギンパーティ ドブル  ニムト この中だと、ペン

  • Childers の仲間たち(一部)

    先日、大富豪というボードゲームをしたのですが、そのときの写真を新たにゲットしたので公開しちゃいます! 台湾人とトンガのBillyそして僕ら。 台湾人の男はシェアメイトのBo。 こいつはすごく優しくてすごく気が効く。人一倍気を遣っているんじゃないかなぁ。 女の子は台湾人でいつも3人一緒に行動してる。 毎日3人でしっかり料理してて、それがまた美味そうな料理をつくってるんだよなぁ。 たまに試食させてもら

  • オーストラリアにいながら日本を楽しむ!

    今日ももちろんFarm jobでした。 またまた初の仕事。昨日も初の仕事だったんでなかなか慣れない。。。 昨日は畑の雑草を取りながら、クワで耕してました。 今日はナスの枝切りしながら、雑草を取り除いてました。 昨日も疲れたけど、今日は7時間同じ作業で疲れるし飽きちゃうし、雨も降ってくるし、、、、。給料ゲットできるのでまぁいい感じですが( ´ ▽ ` )ノ そして、働くとよく眠れる!!!!! それが

  • TAKAOすごろく

    ご当地すごろく。 ルールは単純。 目的地を決めてそこを目指し、 それを繰り返し、最終的にポイントの高い人が勝ち! また、お助けと乗車券のカードがあり、それを使って有利に駒を進める。 フィールドは高尾山周辺。 フィールドには、ちょいちょいスポットの情報あり。 余談ですが、カルカソンヌの駒でプレイ。 桃鉄みたいな感じ?

  • 対決!カルカソンヌ!!

    追加パーツ2『商人と建築士』によりパワーアップしたカルカソンヌ。 今回は5人でプレイ。 やはり大人数でプレイすると面白いわ。 初プレイの方もいたので説明しつつ、 追加パーツによる新ルールを確認しつつ進めていき 気付けば1ゲームに2時間。 あっという間でした。 結果 初プレイの方が優勝。しかもダントツで(´Д` ) 経験者4人完敗!!! 拡張により追加されたスキルはキーになる!! と思ったが、勝者は

  • カルカソンヌ - Carcassonne - 拡張パーツ【商人と建築士】

    まえにブログに書いた 『カルカソンヌ - Carcassonne -』 拡張してみた。 2人でもプレイ出来るけど、前回のメンツでやりたいので、一時保留中。 でも、拡張で増えたルールくらいは把握しとくか。

  • カルカソンヌ - Carcassonne -

    古代ローマ時代の要塞都市カルカソンヌをモチーフとしているドイツのボードゲーム。 ルールを読んでいるときは、然程面白そうに感じなかったけど、、、 実際にプレイしてみると、なかなか面白い!! 今回は4人でプレイ(2~5人用) 幾つかの拡張キットがあるらしく、もっと面白くなりそう! ルールがシンプルなだけに 運と先読みとが勝敗の鍵に!!