• ロアッソ熊本戦 終わってみれば「3:1」と完勝 

    ◎ 今節の試合  大分トリニータ  VS  ロアッソ熊本   試  合 会 場  熊本市 えがお健康スタジアム  18時 KICKOFF         えがお健康スタジアムは熊本・大分大震災で被害を受け、 昨年訪れたときは北口入場口の奥が部分的に鉄骨等で支えられ痛々しかったが、関係者の努力により見違えるようにきれいに改修されていた。  今回は熊本・大分の震災のお返しと、関係者による北海道震災の募

  • 7位に後退 さあどうする 片野坂監督の手腕に スポパへ

     前節の福岡戦、相手の術中に嵌まり一瞬の油断か気のゆるみかパスをカットされカウンターでの攻撃に得点を許し、成す術もなく苦杯を舐めらせられた。  この敗戦で7位に後退、今シーズンは勝ち点70・プレーオフ出場とJ1昇格を目標に戦っている、残り11試合これからの一戦一戦が正念場、監督の戦術・選手のモチベーションはスポーツ公園へ練習見学に。 今日の大分市、遠方に見えるのが由布岳。  スポーツ公園の上空。

  • ロアッソ熊本戦 甲府戦を払拭する「2:0」の完封勝利

    第17節 大分トリニータ VS ロアッソ熊本 試合終了「2:0」大分トリニータ勝利。  前節、ヴァンフォーレ甲府に「2:6」と大敗、今節は暫定ではあるが首位を明け渡してのロアッソ熊本との一戦、熊本は16位と下位チーム絶対に負けられない、しかもバトルオブ九州で隣県同士。  前半はお互い厳しいプレスもなくお穏やかな入り、ボールは持つが攻めあぐんで互角の戦い、先にチャンスをものにしたのは大分、右サイドで

  • 2017年J2第42節大分トリニータ2-1ロアッソ熊本

    今シーズン最後の試合、バトル・オブ・九州、九州ダービーのロアッソ熊本戦 昇格のチャンスは無くなったけど、最後の締めくくりとして、ホーム最終戦として負けられない試合。一方の熊本はJ3の結果にはよるけど降格の可能性はあるから死にもの狂いです。もちろん勝負は正々堂々と真剣にです。 大銀ドームはいつもより人出がありました。最終戦でもあり、引退するぐっさんやクラブを退団する山岸選手等を観に来た人もいたでしょ

  • 2017年J2第5節ロアッソ熊本0ー1大分トリニータ

    ロアッソ熊本とのリーグ戦11試合の末に得た初勝利。 昔からジェフと同じく難敵としてきた熊本との試合は、前半終了間際に伊佐が獲った一点を守りきり完封勝利で終えました。 えがお健康スタジアムに着いたときから福岡戦と同じくトリサポが大勢いました。待機列は長蛇の列、席もあっという間に埋まり九州ダービーらしい雰囲気になって気分も高まります!地震の影響も今になおあり、バックスタンドは今試合も閉鎖中でした。 試