• 回復日用 30-30インターバル プロテインの決め手

    〇起床時 心拍数 47bpm 体重 54.8kg 体脂肪率 6.9% 疲労度 中~ 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 10分 (L5 30秒+レスト 30秒)×5 クールダウン 10分 ●目的 十分に回復できるレベルにトレーニング量を抑える 有酸素系と無酸素系の酵素を高いレベルに維持する ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングス

  • L5 30-30インターバル×10 3セット

    〇起床時 心拍数 45bpm 体重 54.8kg 体脂肪率 7% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 20分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 レスト 5分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 レスト 5分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 クールダウン 10分 ●目的 FTPの向上 VO2maxパワーの向上 速筋繊維の遅筋繊維化を促進 ●MAPとコーガン方式トレー

  • 回復日用30-30インターバル 思い通りにいかないものだな

    〇起床時 心拍数 47bpm 体重 54.8kg 体脂肪率 6.9% 疲労度 中~ 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 10分 (L5 30秒+レスト 30秒)×5 クールダウン 10分 ●目的 十分に回復できるレベルにトレーニング量を抑える 有酸素系と無酸素系の酵素を高いレベルに維持する ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングス

  • Mt.富士ヒルクライムタイム予想(目標設定)

    2016年の大きな目標は、富士ヒルです! 去年は81分、ブロンズを達成。ロードを買って半年で脱初心者越えなので、かなり嬉しかった。今年はシルバー75分切りを目標に。 それにむけまずは富士ヒルの出力と体重、タイムの表を作りました。 こちらの元案はジテトレ日誌のしば様の表です。大腿骨骨折を乗り越えて年代別で素晴らしい結果を残された方で、練習方法や計画の立て方など、参考にさせていただいています。体重の向

  • L5 30-30インターバル×10 2セット

    〇起床時 心拍数 47bpm 体重 54.7kg 体脂肪率 6.8% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 20分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 レスト 5分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 クールダウン 10分 ●目的 FTPの向上 VO2maxパワーの向上 速筋繊維の遅筋繊維化を促進 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果

  • L5 30-30インターバル×10 3セット

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 54.8kg 体脂肪率 6.9% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 20分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 レスト 5分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 レスト 5分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 クールダウン ●目的 FTPの向上 VO2maxパワーの向上 速筋繊維の遅筋繊維化を促進 ●MAPとコーガン方式トレーニン

  • パワトレ2016年2月の中間結果

    今年はじめから2月までのデータ。 赤が20分の出力、青がFTP(CP)、一時間に維持できる最大の出力 いいねえ。 ちょくちょく20分の出力を更新しています。 ここのところ練習方法は3本ローラーです。 3本ローラーでSSTや、FTPやそれ以上を維持するのを20から60分 たまにインターバルを入れつつ。3日以上強強度は続けない。 必ずレスト日を挟む。その日の足の調子と良く相談する。 2/17時点で 2

  • L1 70分

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 54.7kg 体脂肪率 6.8% 疲労度 中 〇トレーニング内容 L1  70分 ●目的 体脂肪燃焼 朝錬のメリット ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングストレススコア (TSS): 17.3 FTP設定: 245 W ワーク: 389 kJ Comment 疲労感は少ないが筋肉にダメージが残る(

  • パワトレ2016年1月の結果

    赤線が20分の出力、 緑が30分、 青が60分。 TSSは後ろのバー。 週あたり500TSS以上乗れたり、こまめに3本ローラー回したおかげで 年の初めには197wだった20分出力が、233wまで伸びてきました。 30分を基本に3本でL3やL4維持のトレーニングと、 近所の山に行っています。 さてここからどれくらい上がるか。

  • SST 20分+L5 30-30インターバル×10 2セット

    〇起床時 心拍数 45bpm 体重 54.6kg 体脂肪率 6.7% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 20分 SST 20分 レスト 10分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 レスト 10分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 クールダウン 10分 ●目的 FTPの向上 VO2maxパワーの向上 速筋繊維の遅筋繊維化を促進 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較

  • L5 30-30インターバル×10 2セット

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 54.7kg 体脂肪率 6.6% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 20分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 レスト 10分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 クールダウン 10分 ●目的 FTPの向上 VO2maxパワーの向上 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングス

  • SST 20分+L5 30-30インターバル×15

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 54.8kg 体脂肪率 6.8% 疲労度 小~中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 20分 SST 20分 レスト 10分 (L5 30秒+レスト 30秒)×15 クールダウン 10分 ●目的 FTPの向上 VO2maxパワーの向上 速筋繊維の遅筋繊維化を促進 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 SST 20分

  • トレ内容 2/8-14

    近所のフィットネスクラブに入会したので、スイムのトレーニングがしやすくなった。 今週も体調はあまりよくないので、引き続き生活習慣、食生活に気を付けよう。 2/8 フィットネスクラブ スイム約800m、ラン5.5km 2/11 ロードバイク 130km(十三峠、堺浜周回練) 2/13 フィットネスクラブ スイム練 2/14 ロードバイク 約100km(堺浜周回練)    フィットネスクラブ スイム練

  • プレゼント

    おはようございます(^^) 2月も中旬に入ったのに雨が降ってます、今までではほぼ無かったことです(^^; それだけ温暖化が進んでるんでしょうかね? 2月にはいり、かみさんから誕生日に何が欲しいか聞かれました ん~~~? トレック エモンダ? 170万 ピナレロ ドグマ? 70万 無理! 新しいヘルメット? 全部ロードバイク関連か~い?(笑) そうだ! 温かいジャージにしよう! ってことで、今年の誕

  • L5 30-30インターバル×10

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 54kg 体脂肪率 6.4% 疲労度 中~ 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 20分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 クールダウン 20分 ●目的 有酸素系と無酸素系の酵素を高いレベルに維持する ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングストレススコア (TSS): 42.3 FTP設定:

  • 2016サイクリング屋久島の参加通知書が届く。

    2016年2月21日に開催されるサイクリング屋久島の参加通知書が本日、届きました。19日に輪行で大分を発つ予定。当日の現地の天気は曇り、最高気温の予測は17度、ウェアや雨具、装備なとが決まらず、バッグパックはいっぱいに。

  • L5 30-30インターバル×10

    〇起床時 心拍数 47bpm 体重 53.9kg 体脂肪率 6.2% 疲労度 中~ 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 20分 SST 10分 レスト 10分 (L5 30秒+レスト 30秒)×10 クールダウン 10分 ●目的 FTPの向上 VO2maxパワーの向上 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングストレススコア (TSS

  • SST 20分+L5 30-30インターバル×15

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 54.2kg 体脂肪率 6.1% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 20分 SST 20分 レスト 10分 (L5 30秒+レスト 30秒)×15 クールダウン 10分 ●目的 FTPの向上 VO2maxパワーの向上 速筋繊維の遅筋繊維化の促進 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 SST20分 L5 

  • L1 90分

    〇起床時 心拍数 45bpm 体重 54.4kg 体脂肪率 6.3% 疲労度 中 〇トレーニング内容 L1 90分 ●目的 体脂肪燃焼 朝錬のメリット ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングストレススコア (TSS): 20.6 FTP設定: 245 W ワーク: 492 kJ Comment カロリー消費のため90分のんびり廻す 時

  • L5 30-30インターバル×15

    〇起床時 心拍数 45bpm 体重 54.4kg 体脂肪率 6.2% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 30分 (L5 30秒+レスト 30秒)×15 クールダウン 15分 ●目的 FTPの向上 VO2maxパワーの向上 速筋繊維の遅筋繊維化を促す ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 メインセッション中のパワー 用語解説 トレーニングス

1 ... 67 68 69 70 71 ... 78