• カーボンディープは果たして速さに影響をするのか?

    空力というものを理解できていないので、 果たしてディープホイールが速度に影響が出るのかわからないのである。 リムハイトが高くなると、スポーク長が短くなるので空力が高まる それに伴って剛性もあがる、しかしリムハイトは高ければいいというわけではなく、 40mm前後が実用的である、という認識をしている。あっているかは知らない。 あとはヒルクライムにおいてはホイール重量の軽さが正義! なぜかホイールを5本

  • SST20分+L5 30-30インターバル×15

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 54.3kg 体脂肪率 6.2% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 30分 SST 20分 レスト 10分 (L5 30秒+レスト 30秒)×15 ●目的 FTPの向上 VO2maxパワーの向上 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 SST 20分 L5 30-30インターバル 用語解説 トレーニングス

  • 回復日用30-30インターバル +L1 40分

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 54.1kg 体脂肪率 6% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 15分 (L5 30秒+レスト 30秒)×5 L1 40分 ●目的 十分に回復できるレベルにトレーニング量を抑える 有酸素系と無酸素系の酵素を高いレベルに維持する ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングストレススコア

  • SST 20分×2

    〇起床時 心拍数 47bpm 体重 54.2kg 体脂肪率 6% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 30分 SST 20分 レスト 10分 SST 20分 クールダウン 10分 ●目的 FTPの向上 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 メインセッション中の出力 用語解説 トレーニングストレススコア (TSS): 92.7 FTP設定:

  • キャノンボールの練習を考える

    キャノンボールを達成するうえで実施すべき練習内容を考える 300km程度はすでに走破しているため、400km以上の距離に挑戦をしたい。 ・大阪梅田→東京日本橋の試走約550kmを1泊2日、もしくは30時間で行う。 ・ブルベにもある紀伊半島一周600km。 ・大阪→名古屋→琵琶湖を反時計まわりで大阪へ。 ・国道2号線をひたすら西へ進み続ける ・大阪→金沢往復 あんまり思いつかないですね。 4月末か5

  • SST 20分×2

    〇起床時 心拍数  体重 53.7kg 体脂肪率 5.9% 疲労度 小 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 30分 SST 20分 レスト 10分 SST 20分 L2 30分 クールダウン 10分 ●目的 FTPの強化 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 *衛星が途中で切り替わったためか、グラフがおかしい メインセッション中のパワー 用語解説 トレ

  • SST 20分+15分

    〇起床時 心拍数 47bpm 体重 53.4kg 体脂肪率 5.3% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 30分 SST 20分 レスト 10分 SST 15分 クールダウン 15分 ●目的 FTPの向上 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングストレススコア (TSS): 91.1 FTP設定: 240 W ワーク:

  • 2016/1/12-17 トレ内容

    ランニングのせいか左足首が歩くだけで痛くなった。 一週間ほどして痛みが落ち着いてきたので、ランニングは様子をみよう。 1/14 堺浜クリテ前調整 7km 自転車だとさほど痛みは感じない 1/16 堺浜クリテ、エンデューロ 114km もっと頑張れたと思う 1/17 六甲山逆瀬川コースTT 126km、1700m 六甲山逆瀬川コースのタイムについて 昨年の10月にベスト42分45秒を記録。 昨年末と

  • L5 30-30インターバル×20

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 53.8kg 体脂肪率 5.9% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 30分 (L5 30秒+レスト 30秒)×20 L2 30分 クールダウン 10分 ●目的 VO2maxパワーの向上 FTPの向上 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 メインセッション中のパワー 用語解説 トレーニングストレススコア

  • 回復日用30-30インターバル ポジションの螺旋廻廊

    〇起床時 心拍数 47bpm 体重 54.2kg 体脂肪率 6.2% 疲労度 中~大 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 10分 高回転ペダリング 5分 (L5 30秒+レスト 30秒)×5 クールダウン ●目的 十分に回復できるレベルにトレーニング量を抑える 有酸素系と無酸素系の酵素を高いレベルに維持する ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解

  • L2 150分

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 54.3kg 体脂肪率 6.8% 疲労度 中 〇トレーニング内容 L2 150分 ●目的 持久力の向上 カロリー消費 ペダリング技術の向上(参照1・2) 朝錬のメリット ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングストレススコア (TSS): 98.9 FTP設定: 240 W ワーク: 1,365 kJ

  • 回復走 60分 節制も始めよう

    〇起床時 心拍数 47bpm 体重 54.8kg 体脂肪率 6.8% 疲労度 中~大 〇トレーニング内容 L1 60分 ●目的 カロリー消費 ペダリング技術の向上(参照1・2) 朝錬のメリット ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングストレススコア (TSS): 21.7 FTP設定: 240 W ワーク: 410 kJ Comment

  • 川沿いをLSD

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 54.6kg 体脂肪率 6.7% 疲労度 中 〇荒川 笹目橋~江戸川~関宿城 往復LSD 冬って理由もなくLSDに出たくありませんか・・・? 本日は自分の中のLSD定番コースに行って参りました なるべく脚を止めないコースとなると河川敷のサイクリングロードになりますね・・・ バイクは2号機で 定番サドルとして名高いアリオネ(初代バージョン)の深溝バージョン アリオ

  • 回復走60分 RPGに見るトレーニングとの共通点(笑

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 54.8kg 体脂肪率 6.9% 疲労度 中 〇トレーニング内容 L1 60分 ●目的 カロリー消費 ペダリング技術の向上(参照1・2) 朝錬のメリット ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングストレススコア (TSS): 15.2 FTP設定: 240 W ワーク: 328 kJ Comment 明

  • L3 60分

    〇起床時 心拍数 46bpm 体重 54.4kg 体脂肪率 6.5% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 20分 L3 60分 L2 30分 クールダウン 10分 ●目的 FTPの向上 筋持久力の強化 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングストレススコア (TSS): 114.7 FTP設定: 240 W ワーク: 1

  • 2016/1/1~1/10 トレーニング記録

    トレーニング内容の記録 1/1~1/11まで ・ロードバイク 走行距離:約720km、獲得標高:約6000m 1/16の堺浜クリテ、エンデューロに参加予定。 ・ランニング 走行距離:約10km 2/28の寝屋川ハーフマラソンに向けて走る距離を増やしていきたい。 10kmで約4分30秒/キロが現状の精一杯なので、ハーフは1時間40分を目標に。

  • L5 30-30インターバル×20

    〇起床時 心拍数 45bpm 体重 54.7kg 体脂肪率 6.8% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 10分 L2 70分 レスト 10分 (L5 30秒+レスト 30秒)×20 クールダウン 10分 ●目的 FTPの向上 VO2maxパワーの向上 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 メインセッション中のパワー 用語解説 トレーニング

  • L5 30-30インターバル×20

    〇起床時 心拍数 45bpm 体重 54.7kg 体脂肪率 6.8% 疲労度 中 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 10分 L2 40分 レスト 10分 (L5 30秒+レスト 30秒)×20 クールダウン 10分 ●目的 FTPの向上 VO2maxパワーの向上 ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングストレススコア (TSS):

  • L2 60分

    〇起床時 心拍数 47bpm 体重 54.8kg 体脂肪率 6.8% 疲労度 中~ 〇トレーニング内容 ウォーミングアップ 15分 L2 60分 クールダウン 15分 ●目的 カロリー消費 ペダリング技術の向上(参照1・2) 朝錬のメリット ●MAPとコーガン方式トレーニングレベル比較 ●トレーニングゾーン別の練習効果 用語解説 トレーニングストレススコア (TSS): 55.4 FTP設定: 2

  • 2016年の目標

    2016年になったのでブログを日記帳にしていこうと思う。 今年の目標を決めて、それに向けて取り組んでいきたい! 今年の目標 1、キャノンボール(大阪梅田→東京日本橋を24時間以内)達成! これが達成したくてロードバイクに乗っているのかも知れません。 一日の最長走行距離は300kmぐらいですが、グロスで約20km/hとまだまだ達成は難しそう。 550km÷24h=約23km/hが必要になってきます。

1 ... 81 82 83 84 85 ... 90