平塚正幸のムラゴンブログ

  • 「新型コロナウィルス」雑感・《まとめ》

     「コロナ騒動」が始まってから半年以上が過ぎたのに、《新型コロナの正体》は一向に判然としない。為政者、専門家、メディアは一様に「感染拡大を防ぐ」ことに重きをおいているようだが、《感染の有無》をPCR検査で確認し、陽性者数(感染者数)をカウントするだけが能ではあるまい。   もうそろそろ「新型コロナウィルス感染症」という疾病がどのようなものなのか、その《本質》が究明されてしかるべきではないか。  今

  • 「コロナ時代」の《嘘八百》

     今や、為政者(政府、地方自治体の首長)、専門家、メディア関係者、ジャーナリストの面々は、誰でも「平気で嘘をつく」「嘘がばれても決して訂正(謝罪)しない」「しらを切り通す」(ことができる)時代になった。まさに2020年の「コロナ時代」は、《嘘八百》が、大手を振ってまかり通る、虚妄な(悲しい)時代になってしまったのである。  今日も「東京新聞」朝刊1面には「1都3県 感染300人超 都243人最多更

  • 国民主権党の平塚正幸さんは本物の社会活動家です。

    コロナはただの風邪だと堂々と発言している平塚正幸さんは本物の社会活動家だと私は思います。 それにしてもメディアにはがっかりです。コロナ騒動は嘘だとよく考えればわかることなのに、その事実を知っているメディアは一切本当のことを言わないのです。 モーニングショーの玉川さんでさえコロナウイルスは危険なものであるということを前提として発言をしています。もちろん本当のことを言えば大変なことになってしまいますか