• 岩瀬郡天栄村 湧井の清水

    14日(日)、家人と花見行脚の傍ら、岩瀬郡天栄村大字牧之内字湧井の湧井の清水へ寄る。詳しくは下画像の案内板をご覧頂きたい。 案内板の住所は字京谷原と記載されているものの、グーグルマップで確認すると清水は字湧井内にある。どちらが本当なのか村の観光課に訊いて確認したいところだが、当ブログでは清水の名称となっている湧井とした。 湧く位置は特に決まっていないのか、あちこちに水紋が現れては消える。そして透明

  • 福島市松川町 芳水の櫻+etc

    13日(土)、福島市町庭坂字山ノ下へ奥羽本線の撮影に行く。初めての撮影地だが、一ヶ月ほど前にロケハンを行っていた。当然ながら車両の時刻を調べてはある。併し上りの始発は庭坂駅発となり此処は通過しないなどなど、リサーチ不足が目立つ撮影となった。因みに庭坂駅は画像左側になる。 二本の桜の奥に線路があり、その背景は吾妻山になる。昔々釣堀だった池には蓮が生息しこの時期は景観が悪い。これは近くにある蓮園で蓮を

  • 那須郡那須町 堂の下の岩観音

    09日(火)、那須郡那須町芦野の堂の下の岩観音へ行く。この四年ほど桜撮影に出向くことが恒例となっており、昨年と比較すれば開花は三~四日ほど遅いように思う。 この日は風があって田んぼの写り込みはダメでした。昨年と違うのはお堂にあった案内板が撤去されていた。実はこれが目立つのでいつもレタッチで消去しておりました。 上二枚と下二枚は昨年撮った画像です。お堂への階段は108段。お堂には写真が多数飾られてい

  • 東白川郡矢祭町 戸津辺のサクラ+etc

    07日(日)、福島県の中通りで逸早く満開となる、東白川郡矢祭町大字中石井字戸津辺の戸津辺のサクラを撮りに行く。目覚ましを03:30にセットしたところ一時間も早く目が覚めてしまいかなり早めに到着、それでも駐車場には数台が停まっていた。 戸津辺のサクラの東側は山林となり、日の出時間を過ぎてもなかなか陽が射さない。多数のカメラマンが陽射しを待つ中、次第に薄い雲がかかってしまった。併しその前に西の空は雲焼

  • いわき市久之浜町 弁天島+etc

    31日(日)、朝起きてみれば雪景色、且つ用事があり午後からゆっくりと出掛ける。行き先は懲りもせずいわき方面、撮影目的はいわき市久之浜町田之網字横内の弁天島。 一月に夕暮れ時の撮影を行ったが、弁天島に渡るのはいつ以来だろう。3.11の津波で壊れた欄干が昨年末に修復され、それまでは長らく完全に立ち入り禁止が続き、おそらく三年ぶり位になるだろう。 度々書いているが、赤丸は2015年10月以前まで鳥居があ

  • 大沼郡三島町 第二只見川橋梁 +etc

    28日(木)、この日は誕生日休日、朝の用事を済ませ二ヶ月ぶりに奥会津へ出掛けてみた。今は殺風景な季節だとは分かってはいるが、取り合えずカメラは持参する。 西に向うに連れ天候が崩れる。会津若松市は穏やかな様相だが、途中の猪苗代周辺は行きも帰りも道路が濡れていた。先週タイヤを交換したので行ける所まで行こうと車を走らせる。結果的に国道には雪がなく、大沼郡金山町大字大志字掛橋から大志集落を眺める。 「早春

  • 耶麻郡北塩原 大山祇神社

    25日(月)、耶麻郡北塩原村大字桧原字苧畑沢の大山祇神社、湖底に沈む鳥居と古道が早春に現れる。今年は雪が少ないものの三週間前に様子を見に行った際はまだまだ残雪多し。従って今か今かとタイミングを見計らい週末の撮影を予定したところずっと天候が優れず、平日ながら午後から撮影に出掛けた。 下記は「裏磐梯観光協会」のHPから引用。 ・・・冬~春にのみ参道が現れる神秘的な神社 磐梯山が噴火した1888年、桧原

  • 郡山市西田町 梅の里+etc

    23日(土)、夜明け時にいわき市へ向い、その後郡山市を回る。まずはいわき市平薄磯字北街の薄磯海岸だが、今回は朝焼けや日の出目的ではなく、波が引く際に残る水泡の撮影。 朝焼けや日の出目的であれば、この日の空模様は厚い雲に太陽が隠れ適していなかった。私以外に二人のカメラマンが居り、私同様に砂浜の照り返しを撮影していた。 「泡沫の夢幻 ①」~ F5.6・SS1/60・ISO200・C-PL ~ 「泡沫の

  • いわき市常磐 梅林寺+etc

    17日(日)、相馬市尾浜字松川の鵜の尾埼灯台で日の出を撮ろうと出掛ける。雲がなく朝焼けにならずちょっと残念ではあるが、太陽が昇り波の形状を捉えつつ撮影枚数を重ねる。 夜明け前から数台の車が停まっており、撮影かなぁ‥と思っても人影はなし。そして夜が明けると更に車が増え彼等はサーフィンが目的だった。 「彼 岸」~ F10・SS1.6・ISO200・C-PL+ND100 ~ 日の出撮影は太陽が白トビしな

  • 久慈郡大子町 第四久慈川橋梁+etc

    10日(日)、季節代わりで被写体が決まらない中、水郡線をロケハンしようと国道118号線を南下する。その途中、この時期は初めてとなる東白川郡矢祭町大字茗荷字吉ノ平の吉野平の不動滝に寄ってみる。 構図として周囲の木々はあまり必要ではなく、緑が芽吹く前でも構わないが流石に水量は少なかった。そもそも雪が降らない地域の場合、暖かくなっても雪解けで水量が増えるなどということは無いのだろう。 「神秘的 ①」~

  • 耶麻郡北塩原村 桧原湖周辺

    03日(日)、時間が空いた昼前、久し振りに裏磐梯へ行く。時間が無いので裏磐梯を選んだということだが、耶麻郡北塩原村大字桧原字苧畑沢、桧原湖北岸にある大山祇神社の鳥居のロケハンが最大の目的。 この時期、桧原湖はワカサギ釣りで賑わい、凍湖には色とりどりのテントが立つ。と、 同時に桧原湖を周る県道沿いには停められた車が列となり、交通の妨げとなっている。 積雪はあるものの大山祇神社へは難なく降りて行ける。

  • 福島市小田 陽林寺+etc

    24日(日)、季節代わりでなかなか被写体が決まらず、福島市小田字位作山の陽林寺へ行く。山門の金剛力士が撮影目的なのだが、一昨年の秋に訪れた際は阿形像の口内に蜂の巣があり撮影を諦めていた。 立派な山門です。山門脇に陽林寺の由来を記した案内板がある。それに因ると伊達家重鎮の菩提樹であり、歴史のある寺院だ。因みに大森城主伊達実元だが、NHK大河ドラマ「独眼流正宗」では竜雷太が演じておりました。 撮影する

  • 相馬市尾浜 鵜の尾埼灯台+etc

    17日(日)、此処のところ暖かさを求め太平洋側の撮影が多い。いつもは相馬方面から南下しいわき方面へ向かうのだが、今回はその反対のルートを辿る。 まずはいわき市平薄磯字北街の薄磯海岸へ向かう。日の出は元旦に撮影したので今回は桜色に染まる海岸の撮影が目的。 「春 潮」~ F8・SS4・ISO200・C-PL+ND100 ~ 高波で長靴に海水が入ったものの然程冷たくないような暖かい朝となり、優しい春を思

  • 東茨城郡茨城町 涸沼+etc

    10日(日)、寒い日が続き、更に天候も良くないので暖かさを求めて東茨城郡茨城町大字上石崎の涸沼へ向う。ゆっくりと06:30頃に家を出たが、南下するに連れ積雪量が多くなり、県南の塙町や矢祭町は凡そ10cm以上積もっているように見えた。 茨城に入り積雪は少なくなったものの日陰はアイスバーン状態となっており、おそらく此方の冬タイヤ使用率は少ないのだろう、国道245号線沿いでは明らかにスリップによる事故が

  • 伊具郡丸森町 第ニ阿武隈川橋梁+etc

    02日(土)、あぶくま急行を撮ろうと宮城県伊具郡丸森町へ向う。仔細は「Wikipedia」をご覧頂くとし、まずは丸森駅へ行ってみる。 時間は06:30。既に始発の上下ニ便が出た後とは云え、夜明け前の暗さの中に煌々とした駅舎に温かさを感じる。そして土曜日ながら早朝より人の往来があった。 東の空が赤く染まり、斜光線の中の車両‥などと、イメージしていたが、その後天候は大荒れとなり、結果を先に述べればグダ

  • いわき市常磐藤原町 川上渓谷・奥滝+etc

    27日(日)、早朝より相馬方面へ向う。此処のところ被写体を見つけることが出来ず、奥会津と浜通りを一週間毎に歩いているような塩梅だ。 二日前、双相地区でも雪が降り、人が入らない場所ではまだ融けずに残っていた。天気予報は晴れ、且つ満潮時間が近く、毎度のように相馬市岩子字坂脇の松川浦漁港付近で朝焼けを待つが、今回も撃沈となり相馬市岩子字宝迫の文字島周辺からの撮影に切り替える。 併しながら厚い雲に覆われ景

  • 大沼郡金山町 会津川口駅+etc

    20日(日)、早朝より只見線撮影に出掛ける。前日に訪れた際、午後には樹木の雪が落ちてしまったことを確認、そしてその後雪は降らないので景観としては良くないと推測。 従ってこの時期にしか撮れない、大沼郡金山町大字川口字森ノ上の会津川口駅を撮影する。この時期とは始発便が出発する時間帯が暗い冬季だけの駅舎の夜景なのだが、只見川を渡った向かい側からの眺めだ。(上画像は昨秋撮ったものです) 出発時刻は05:3

  • 河沼郡会津坂下町 塔寺駅+etc

    17日(木)、時間が出来たので只見線の撮影に出掛ける。まずは六日に撮ってボツとなった大沼郡三島町大字名入字上居平からの第二只見川橋梁。 併しながらこの日も生憎の天候となり、みぞれ模様の如何ともし難い色彩と見通しになった。車両は13:02頃通過する上り428D、平日なので三両編成を期待する。 「鈍色の季」~ F6.3・SS1/250・ISO400 ~ ラッピング列車を伴う三両ないし四両編成の車列をあ

  • いわき市久之浜 弁天島+etc

    13日(日)、一昨年の秋、日の出前の海面を覆うような雲焼けを見た。その景観をもう一度‥と、昨年末より通っている相馬市岩子字宝迫だが、なかなか願いは叶いません。 薄っすらと広がる雲を期待するのだが、日の出前は快晴となり日が昇ってからの撮影に切り替えた。それにしても何です、一期一会という言葉は好きじゃないが、通うこともテクニックの内と思う私としては、その意気込みがちょっと足りないのかも知れない。 「B

  • 南会津郡南会津町 前沢曲家集落+etc

    06日(日)、毎年一月に撮っている玉川村の乙字ヶ滝から南会津方面を回ってみる。この時期としては積雪は少なく、南会津町や只見町などなど車の走行に支障はない。 まずは日が昇る前の石川郡玉川村大字竜崎字滝山の乙字ヶ滝。個人的には滝見不動堂からの眺めが好きなのだが、下画像のように年々松の新枝や雑草が伸び、数年前に撮った構図のフレーミングが出来なくなってきた。従って雑木などが入り込むのを避け、縦構図で何とか

1 2 3 4 5 ... 13