撮影記のムラゴンブログ

  • 伊具郡丸森町 第ニ阿武隈川橋梁+etc

    02日(土)、あぶくま急行を撮ろうと宮城県伊具郡丸森町へ向う。仔細は「Wikipedia」をご覧頂くとし、まずは丸森駅へ行ってみる。 時間は06:30。既に始発の上下ニ便が出た後とは云え、夜明け前の暗さの中に煌々とした駅舎に温かさを感じる。そして土曜日ながら早朝より人の往来があった。 東の空が赤く染まり、斜光線の中の車両‥などと、イメージしていたが、その後天候は大荒れとなり、結果を先に述べればグダ

  • いわき市常磐藤原町 川上渓谷・奥滝+etc

    27日(日)、早朝より相馬方面へ向う。此処のところ被写体を見つけることが出来ず、奥会津と浜通りを一週間毎に歩いているような塩梅だ。 二日前、双相地区でも雪が降り、人が入らない場所ではまだ融けずに残っていた。天気予報は晴れ、且つ満潮時間が近く、毎度のように相馬市岩子字坂脇の松川浦漁港付近で朝焼けを待つが、今回も撃沈となり相馬市岩子字宝迫の文字島周辺からの撮影に切り替える。 併しながら厚い雲に覆われ景

  • 大沼郡金山町 会津川口駅+etc

    20日(日)、早朝より只見線撮影に出掛ける。前日に訪れた際、午後には樹木の雪が落ちてしまったことを確認、そしてその後雪は降らないので景観としては良くないと推測。 従ってこの時期にしか撮れない、大沼郡金山町大字川口字森ノ上の会津川口駅を撮影する。この時期とは始発便が出発する時間帯が暗い冬季だけの駅舎の夜景なのだが、只見川を渡った向かい側からの眺めだ。(上画像は昨秋撮ったものです) 出発時刻は05:3

  • 河沼郡会津坂下町 塔寺駅+etc

    17日(木)、時間が出来たので只見線の撮影に出掛ける。まずは六日に撮ってボツとなった大沼郡三島町大字名入字上居平からの第二只見川橋梁。 併しながらこの日も生憎の天候となり、みぞれ模様の如何ともし難い色彩と見通しになった。車両は13:02頃通過する上り428D、平日なので三両編成を期待する。 「鈍色の季」~ F6.3・SS1/250・ISO400 ~ ラッピング列車を伴う三両ないし四両編成の車列をあ

  • いわき市久之浜 弁天島+etc

    13日(日)、一昨年の秋、日の出前の海面を覆うような雲焼けを見た。その景観をもう一度‥と、昨年末より通っている相馬市岩子字宝迫だが、なかなか願いは叶いません。 薄っすらと広がる雲を期待するのだが、日の出前は快晴となり日が昇ってからの撮影に切り替えた。それにしても何です、一期一会という言葉は好きじゃないが、通うこともテクニックの内と思う私としては、その意気込みがちょっと足りないのかも知れない。 「B

  • 南会津郡南会津町 前沢曲家集落+etc

    06日(日)、毎年一月に撮っている玉川村の乙字ヶ滝から南会津方面を回ってみる。この時期としては積雪は少なく、南会津町や只見町などなど車の走行に支障はない。 まずは日が昇る前の石川郡玉川村大字竜崎字滝山の乙字ヶ滝。個人的には滝見不動堂からの眺めが好きなのだが、下画像のように年々松の新枝や雑草が伸び、数年前に撮った構図のフレーミングが出来なくなってきた。従って雑木などが入り込むのを避け、縦構図で何とか

  • 大沼郡金山町 大志集落と只見線+etc

    03日(木)、今年初の鉄撮りで金山町へ向う。撮影先は積雪の状態で変わるだろうと、特に場所を決めないで04:30頃家を出る。その積雪だが国道49号線の中山峠、猪苗代町、そして会津若松市内に柳津町と思ったほどの積雪ではなかった。併し柳津から三島町へ向うに連れ次第に雪が深くなって来る。 取り合えず様子を見ながら金山町の会津川口駅まで行き、最初は大沼郡金山町大字水沼の第四只見川橋梁を正面から撮ることにする

  • いわき市平 薄磯海岸

    01日(火)、家人といわき市平薄磯の薄磯海岸へ初日の出を見に出掛ける。日の出の一時間ほど前に着いたが、塩屋崎灯台及び海岸沿いの駐車場は既に満車状態となっており、いつも撮影の際に使用する字北街付近の数台置けるスペースに停める。 次第に人々が集まってくる。上画像は船舶の光跡撮影の際によく写っている岩礁だが、こうして見ると結構大きいことに気付くと思う。下画像はその岩の上から塩屋崎灯台を眺めた景観。併しな

  • 双葉郡楢葉町 岩沢海水浴場+etc

    30日(日)、今年最後の撮影は暫く通い続ける相馬市岩子字宝迫から始める。途中、所々降雪で見通しが悪い状況だったものの、阿武隈山系を越えると星が輝いていた。 朝陽は望めるが毎回期待する上空の雲がない。この雲がないと朝焼けにはならず、先週と同様に今回も日の出を撮影する。 「寒 暁」~ F14・SS1/4・ISO125・C-PL+ND8+HALF ND8 ~ Blogにupする元旦用の画像‥と、いった感

  • いわき市小川町 夏井川第一発電所+etc

    22日(土)、早朝より今月三度目となる相馬市岩子字宝迫へ向う。朝陽・朝焼け目的なのだが、天気予報では晴れ、且つ満潮の時間帯なので期待が高まるが、水平線近くに厚い雲が掛かってしまい結論を先にいうと今回もダメだった。 朝焼けはダメだったものの、厚い雲から現れる太陽を撮ろうと機材や露出を設定する。一ヶ月前だと太陽の登る位置は正面なのだが、今はかなり左(南)側からの日の出になる。 「オレンジ仕掛けの憂鬱」

  • いわき市泉町 いわきサンマリーナ+etc

    15日(土)、此処のところ良い景観に恵まれない相馬市岩子字宝迫の松川浦。この日も期待を込めて早朝より出掛けるが、潮位共々何より天候が優れなかった。 従って朝焼けの撮影は断念、イメージを大きく変える。現在、松川浦漁港からの右側の海沿いは工事が行われており、一体は綺麗に除草されている。個人的な撮影ポイントでもあり、この先どうなるのかちょっと気になる。 「island」~ F8・SS1/4・ISO100

  • 大沼郡三島町 第一只見川橋梁+etc

    08日(土)、09日(日)の両日に渡り撮影を行う。まずは08日だが、雪時々曇りの天気予報に大沼郡三島や金山町に向う。目的は只見線の撮影だが、肩透かしというか降ってはいるが積もることは無かった。 上画像、大沼郡三島町大字名入字上居平”第二只見川橋梁”を川沿いから撮影。09:14頃通過の上り426D。下の動画には09:08頃通過の下り425Dをupしたが、ラッピング車両の配置が前後変わっていた。下画像

  • 相馬郡新地町 白幡のいちょう+etc

    01日(土)、広い福島県ではあるが、私が知る限り最後の黄葉となる相馬郡新地町駒ヶ嶺字白薄の”白幡のいちょう”へ行ってきた。 その前に相馬市岩子字坂脇の松川浦で日の出を撮ろうと早めに出掛けるも、上空には厚い雲があって思うように行かない。9・10月にも来ているが、その度に天候に恵まれない。 「仄々紅い」~ F8・SS1/3・ISO100・C-PL ~ 太陽が登る大洲道路方面の撮影は中止し、南側にカメラ

  • 神栖市東和田 鹿島臨海工業地帯

    23日(金)、ニ・三日前から工場夜景が撮りたくなり、神栖市東和田の鹿島臨海工業地帯へ行く。先週は東茨城郡大洗町の神磯鳥居や茨城町の涸沼を訪れたが、二週続けての茨城入りとなった。まずは大洗磯前神社をお参りし、あちこち散策しながら神栖市へ向う。 毎度のことだが大洗町はいつ行っても賑やかだ。暖かくて長閑な海岸線が続く様はそれだけで人を惹き付ける何かがあるのだろう。 神栖市に入り県道117号線を南下、千葉

  • 田村郡小野町 東堂山満福寺+etc

    17日(土)、毎秋撮影を行っている田村郡小野町大字小戸神字日向の東堂山満福寺へ行く。曇りなので適した空模様ではあるが、用事があって到着したのは09:00頃だった。未だ早朝に来たことがなく、状況によっては朝霧などが立つのか否か‥。 住職は常駐しておらず普段は人気がないが、この時期は訪れる人が多い。また七五三や結婚式の前撮りというのか、それらの撮影を行っていることもある。奥の観音堂脇には羅漢像が並ぶが

  • 二本松市郭内 霞ヶ城公園

    15日(木)、この時季は15:00過ぎると陽が陰り始る本松市郭内三丁目の霞ヶ城公園であるが、その時間帯を待って紅葉撮影に行く。10/10~11/25は二本松の菊人形が開催されているものの、残念ながら年々客足は減っていると聞く。 時間が時間なので人出は特に少ないように見える。撮影の一番の目的は毎年撮っている洗心亭なのだが、下画像のように萱葺き屋根がビニールで覆われていた。市の建設部都市計画課公園緑地

  • 喜多方市慶徳町 新宮熊野神社+etc

    10日(土)、早朝より喜多方市慶徳町新宮字熊野の新宮熊野神社へ撮影に行く。到着したのは06:00、まだ暗い境内はひっそりとしている。目的が長床のイチョウだが、周囲のイチョウは散り始めているものの、御神木はまだ六部の色付きといった感じだった。 此処に来るのは二年ぶりとなるが、二年前は時既に遅しで毎回調度しない。混み合う観光地の撮影は早朝に限るというか、車を直ぐ近くまで乗り入れることが可能だし、入場料

  • 河沼郡柳津町 長倉街道踏切り周辺+etc

    08日(木)、先週の木曜日にも撮影を行った大沼郡金山町大字水沼字沢東からの第四只見川橋梁俯瞰ポイント。その際は晴天により思うような内容にならなかった。そして一週間が過ぎ県内は曇りの天気予報に促され再訪する。 撮影の時間は先週同様に第四橋梁12:41頃通過の上り428D。それまで時間があるため次期シーズンを考慮しロケハンを行う。只見線を撮っている方々には上画像を見れば直ぐに場所を特定できると思う。

  • 石川郡平田村 山鶏滝

    06日(火)、三日の土曜日に様子を見に行った石川郡平田村大字中倉字菅田の山鶏滝を五日・六日と続けて再訪。土曜日はピーカン及び紅葉の色付きが悪く撮影を断念したが、週が開けて色付き具合はかなり進んでいた。 車を駐車するスペースに簡易トイレが設置してあったが、昨年辺りから滝脇の東屋周辺に移動された。その駐車スペースから約200mほど歩くと滝が見えてくる。 この時期としては水量がある方か。個人的に四年前の

  • 大沼郡昭和村 旧喰丸小学校+etc

    03日(土)、この日は撮影の目的地を決め早朝より出掛ける。その行き先は南会津郡下郷町大字野際新田”観音沼森林公園”、大沼郡昭和村大字喰丸字宮ノ前”旧喰丸小学校”、石川郡平田村大字中倉字菅田”山鶏滝”と、県南地域を西へ東へと重複するコース。 観音沼森林公園へは国道289号線を使用、通称甲子道路の甲子トンネルと道の駅下郷間の工事が終わり、道路が新しくなっていた。早めに家を出たのでまだ暗い内に到着、厚手

  • 大沼郡三島町 早戸俯瞰+etc

    01日(木)、大沼郡金山町大字水沼字沢東の第四只見川橋梁俯瞰撮影に行く。途中10日ほど前に撮影を行った大沼郡会津美里町立石田下石田の新鶴駅に立ち寄る。新鶴駅10:04発の下り426D、平日ながらこの時間に乗る人はいるか否か‥。 10日前は暑いくらいの陽気にシャツ一枚で撮影したが、ホームの落ち葉と冷たい空気が既に冬の到来を思わせる。さて発車10分前に老婦人が駅に来ました。乗車するとのことでホームで待

  • 耶麻郡猪苗代町 達沢不動滝+etc

    30日(火)、耶麻郡猪苗代町大字蚕養字達沢の達沢不動滝。天気予報によると猪苗代町付近は曇りとのことで、落葉のグルグルは如何なものかと出掛けてみる。 達沢までの県道24号線、通称母成グリーンラインの紅葉は見頃ながら、天気予報に反しかなり強い雨が降る。達沢不動滝に着くと小降りとなるが、早々と撮影を切り上げる。 早々と切り上げた理由として、滝つぼ周辺のグルグル状態があまり良くない。周遊する落葉より、岩場

  • 南会津郡只見町 旧田子倉駅周辺+etc

    28日(日)、先週、様子見を行った南会津郡只見町、大沼郡金山町・三島町の只見線撮影に出掛ける。一週間が過ぎ山々はだいぶ色付いていた。 最初の目的である南会津郡只見町大字田子倉字後山、国道252号線沿いからの旧田子倉駅方面の俯瞰ポイントだが、結論を先に書いてしまうと天候が良すぎで輝度差が生じ、思うような画にはならずだった。 それにしても何故か人出が多い。聞けば27日と28日は快速「只見紅葉満喫号」が

  • 南会津郡南会津町 屏風岩+etc

    21日(日)、紅葉の具合は如何なものかと、早朝より南会津方面へ出掛ける。結果的には十日ほど早いといった景観だった。 まずは今回の第一の目的でもある南会津郡南会津町前沢、前沢曲家集落の俯瞰。距離的に只見川第一橋梁のビューポイントとほぼ同様の急坂を登り見下ろすが、此処のところ運動不足ということもあり朝一の上り坂は息が切れる。 「秋になる朝」~ F8・SS1/15・ISO200・C-PL ~ 前沢集落に

  • 相馬市尾浜 鵜ノ尾岬桟橋+etc

    13日(土)、前回も書いたように季節代わりは何を撮ってよいものか悩む。悩んだ挙句、何の構想も無く早朝の相馬市岩子の松川浦へ向かう。約一ヶ月前にも来たのだが、その際の朝焼けは期待外れであった。 朝から晴れの天気予報なれど、この日も厚い雲に覆われ字坂脇の松川浦漁港の撮影に切り替える。とはいえ乱雑に置かれた小舟や漁具、そして枯れた雑草などなど一般的な被写体には向かない状況だ。 「うらぶれた秋の漁港にて」

  • 喜多方市熱塩加納町 日中線記念館+etc

    06日(土)、季節変わりは何を撮ってよいか迷う。夏はずっと只見川と只見線の川霧を追っ掛けていたこともあり、陽気も景観もガラッと変わり戸惑ってしまう。 そんな折、志向を全く変え壁紙を撮ろうと喜多方市熱塩加納町熱塩字前田丁の日中線記念館へ向かう。昨年の初夏はサマオクをモデルに撮った場所だが、今回は先に記したようにモノクロによる壁紙をイメージして撮影する。昨年の「画像」。 日中線記念館は「Wikiped

  • 石川郡浅川町 城山公園~水郡線

    30日(日)、私用で東白川郡棚倉町に用事があり、その行き帰りに石川郡浅川町大字城山の城山公園から水郡線を撮影する。併し折からの台風接近により、撮れるかどうかは着いてみないとわからない状況だった。 磐城浅川城跡を整備した城山公園。一時期県内の城巡りを行っていた頃があり、2005年に一度訪れたことがある。浅川城に関しては「こちら」をご覧下さい。 国道118号線から城山公園を眺めると公園付近には雨霧が掛

  • 今日は乗り鉄

    24日(月)、いつもと趣きを変え、今回は只見線に乗ってみる。本数の少ない路線なのでどの駅からどの車両に乗るか思案したが、滝谷橋梁、そして第一から第四只見川橋梁を短時間の乗車で眺めることが出来、且つ昼食も考慮した駅と車両を選んだ。 その内容は・・・ 往路 下り 会津柳津発 08:46 ~ 会津川口着 09:39 425D 帰路 上り 会津川口発 12:32 ~ 会津柳津着 13:23 428D 会津

  • 久慈郡大子町 奥久慈茶の里+etc

    23日(日)、昨年始めて行った久慈郡大子町大字左貫の奥久慈茶の里へ早朝より向かう。この一帯はあちこちに彼岸花が咲く里山だ。 と、その前に早朝より出掛けた理由の一つに、久慈郡大子町大字袋田の袋田の滝撮影の目的があった。それはセコイ話しだが営業時間外は入場券が必要ではなく、更に観光客の少ない中で自由に撮影出来るからだ。 長さ270m程の観瀑トンネルを歩いて第一観瀑台へ向かう。当然ながら営業時間外は第二

  • 福島市飯野町 石畑の彼岸花

    20日(木)、仕事前に福島市飯野町明治字石畑の彼岸花を撮影する。実は昨日、仕事で往来する途中に様子を見たのだが、満開になってる花やこれからの花と疎らであった。おそらく咲き揃うことはないので週末にでもまた来ようと判断したが、天気予報は今日を除いて降ったり曇ったりとすっきりせず、従って朝焼け期待で出向いてみた。 所が天気予報に反し、日の出時に一瞬だけ陽が射したのみで短時間の撮影となった。というのもこの

  • いわき市平 塩屋崎灯台+etc

    16日(日)、久々に早朝より浜通り方面へ行く。天気予報は芳しくないものの、天候が悪ければ悪い也に撮ろうというスタンスだが、最近行うことが無かった長露光撮影の感覚、タイミングを思い出すことが目的。 相馬市岩子字坂脇、夜明け時の松川浦。小雨という天気予報に反し、ちょっとだけ空に赤味が射したが、間もなく曇り空となる。色々と撮るには撮るも、長露光撮影が全く映えない状況であり多くはボツとした。 「そらはけふ

  • 東茨城郡茨城町 涸沼

    09日(日)、気が付けば一月以来となる茨城県。福島県ははっきりしない空模様であったが、越県すると予報通り晴れて暑くなってきた。目的は涸沼の夕景なのだが、その前に東茨城郡大洗町磯浜町の神磯鳥居に立ち寄ってみれば、水着ではないが海岸を覆い尽くすほどの人出があった。 数回通い夕景を撮った場所は親沢公園キャンプ場付近だけであり、広浦公園キャンプ場や網掛公園、そして夕日の郷や涸沼ビューポイントなどを今まで以

  • 会津若松市門田町 大川橋梁+etc

    02日(日)、この数日かなり肌寒くなり川霧は全く期待できないものの、季節変わりは被写体に事欠きまたもや只見線撮影に出掛ける。金山町に到着すると山霧はモクモクと立っているが、川霧は予想通り皆無であった。因みにお盆が過ぎてだいぶ日が短くなり、04:00代は走行中の車内から川霧があるか否か確認できなくなってきた。 いつもの大沼郡金山町大字中川字大田面、会津中川駅周辺の上り始発の422D。稲が実る頃に撮り

  • 郡山市湖南町 布引高原+etc

    26日(日)、この日も03:00起きで金山町方面へ向かう。ムシムシした寝苦しい夜であったためか只見川は各所で川霧が発生、これが今期最後のチャンスかと大沼郡金山町大字水沼字沢東の第四只見川橋梁俯瞰ポイントへ行く。 到着時はかなり良い景観であったが、やがて橋梁(赤丸部)自体も見えなくなり始発便通過時には完全なホワイトアウトと化し撃沈。気を取り直し大沼郡三島町大字川井字天屋原の第一只見川橋梁へ戻り、下り

  • 耶麻郡西会津町 西会津国際芸術村+etc

    18日(土)、耶麻郡西会津町新郷大字笹川字上ノ原道上にある西会津国際芸術村へ行く。この建物は旧新郷中学校の木造校舎を活用し、様々な芸術作品の展示を行う。詳しくは「サイト」をご覧頂くとして、今まで何度か訪れており今回は撮影目的だったのだが‥。 入り口脇の校長室からスタッフが現れ館内の説明を受け、氏名と簡単な事柄を記載する。展示がないときは無料なのだが、展示内容によっては一部有料のこともある。 館内の

  • 南会津郡南会津町 たかつえそば畑

    16日(木)、盆休みの最終日、午後から雨の予報となっていた南会津郡南会津町高杖原のたかつえそば畑へ出掛ける。なぜ天候の悪い時に撮影するかだがそれは後々‥。  実は先週の土曜日ロケハンをしておりました。その際、東側の花は三部咲きといった様相で、この暑さだと今週末辺りが良いのでは‥と、予定していたが、思った通り白と緑のコントラストがとても美しい景観となっていた。 昼前に到着、到着時はかなり蒸し暑く撮影

  • 大沼郡金山町 大志集落+etc

    11日(土)、昨夜からの強雨に川霧の発生を期待、今朝も03:00起きで金山町方面へ向かったところ、今年初となる大志集落の川霧に要約出合えました。 始発が会津川口駅を出発する前の05:00、川霧は幻想的に集落を包んでいた。早戸駅や第四只見川橋梁付近の霧も濃く、特に第四橋梁は俯瞰だと完全にホワイトアウトとなる気配濃厚であり、大志集落の撮影に限定した。(下の動画は今年の一月に撮影したものです) 「色淡き

  • 大沼郡金山町 会津中川駅周辺

    29日(日)、夜半の雨と湿度、そして暑さに今朝の川霧は鉄板か‥と、早朝より出掛けてみたが、期待は大外れとなり早戸駅周辺に僅かに立っているだけだった。これだけ条件が揃っていても発生しない川霧、今年はどうもタイミングが合いません。 という訳で五週続いた03:00起きだが、最近の暑さで些か疲れが出てきた。加えて台風一過のジトッとした暑さは身体に応える。よってあまり歩き回らず、前月に引き続き会津中川駅周辺

  • 南会津郡只見町 只見ダム+etc

    毎日暑い日が続いてる。こうなると日中の撮影を避け、早朝に足早で撮影できる場所に行きたい。という訳で撮影予定が立たぬまま21日(土)、先週の南会津郡只見町会津蒲生駅の撮り直しを主に出掛ける。  国道252号線沿いの早戸駅や霧幻峡周辺は先週同様に霧が立っているが、第四只見川橋梁付近は矢張り宜しくない。併し会津川口駅を通ると、土日の始発便には珍しく三両編成の車両がスタンバイしており急遽俯瞰ポイントへ戻る

  • 大沼郡金山町 霧幻峡+etc

    14日(土)、東北南部が梅雨明けとなった。霧があると当然ながら不快指数は高く、暑さが肌に重々しくまとわり付く。大沼郡金山町大字大栗山字雨沼の霧幻峡では霧が立ち、運良く一艘の渡し舟が見えた。下画像は撤収が始まった所だが、関東の人が舟をチャーターし撮影をしていたようだ。私はすっかりとご相伴に与った次第だが、チャーターは人が乗るだけではなく、このように撮影目的であっても可能。 但し川霧が出るか否かは運任

  • 大沼郡三島町 第一只見川橋梁

    03:00起きで出勤前に大沼郡三島町大字川井字天屋原、”道の駅 尾瀬街道みしま宿”脇の只見川ビューポイントへ行ってきた。実は先月の29日(金)と昨日も行ったのだが、川霧が全く立たず今季三度目となる。 上画像は29日の状況。 「山の彼方の空遠く」~ F8・SS1/200・ISO200 ~ 全体的に霞みがかったこの画像は昨日のもの。これも思い描く霧の発生とはならずだが、奥を照らす陽光の景観に何処か惹か

  • 大沼郡三島町 第三只見川橋梁+etc

    14日(土)、03:00起きで大沼郡金山町方面へ向かう。今回は何処を撮るといった計画は立てず、行った先の霧の出方で決めることにした。 取り合えず国道252号線で大沼郡三島町から金山町の大志集落まで行ってみるが、山霧は出ているものの川霧となると第四只見川橋梁付近に僅かといったところであり、その山霧を構図に撮り込むべく俯瞰ポイントへ登る。 「白 雨」~ F6.3・SS1/160・ISO400 ~ いつ

  • 大沼郡金山町 霧幻峡+etc

    06/30(土)、03:00起きで大沼郡三島町・金山町へ向かう。途中の河沼郡柳津町の只見川は良い感じに川霧が立ち期待が膨らむが、第一・第二只見川橋梁、そして霧幻峡から大志集落と足早に見て回るがどこも期待外れだった。 上画像、大沼郡三島町大字川井字天屋原、歳時記橋側からの第二只見川橋梁。下画像、大沼郡三島町大字川井字天屋原からの第一只見川橋梁。何れも撮るには撮ったがイマイチなのでupは見送る。因みに

  • 大沼郡金山町 第四只見川橋梁+etc

    24日(日)、03:00起きで大沼郡三島町・金山町へ向かう。先週と同様に川霧目当てだが、気温がまだまだ低く山の尾根には朝霧が発生するも川霧は皆無だった。 それでは高い場所から朝霧を‥と、大沼郡金山町大字水沼字沢東、第四只見川橋梁俯瞰ポイントへ向かうが、列車通過時には霧が晴れてしまった。 「静 刻」~ F8・SS1/200・ISO320 ~ 第四橋梁通過が05:40頃の上り422D。ニ両目がラッピン

  • 伊達郡桑折町 産ヶ沢川ホタル自然公園

    21日(木)、二日前の19日に続き、伊達郡桑折町大字万正寺の産ヶ沢川ホタル自然公園へ行く。昨年は足を運ばなかった産ヶ沢川ホタル自然公園、段差があって危険だなと思っていた箇所には手摺が設置されていた。 今年は22日(金)~26日(火)にほたる祭りが行われ、上画像の辺りには出店が並ぶ。因みに祭り中は車の出入りが出来ないのでご注意を。 例年の撮影ポイント。民家や田園に挟まれた幅4mほどの産ヶ沢川、護岸工

  • 大沼郡金山町 会津中川駅周辺+etc

    17日(日)、先週も書いたが川霧はいまいち早い時期だが、03:00起きで大沼郡金山町へ向かう。予想通りに霧は全く立っていなかったが、霧を介さない景観を撮影する。 まずは大沼郡金山町大字中川字大田面の国道252号線から眺める。毎夏、稲が伸びた頃に撮っていたが、いつもより二ヶ月ほど早く暫定的に撮影しupする。 歩道を作っているのか周辺の国道は昨年以降工事が続いている。それまでは国道沿いにある佐藤農機さ

  • 大沼郡会津美里町 蓋沼森林公園

    13日(水)、仕事で会津若松市へ行く。その序でといっては何だが、九日の撮影では天候が芳しくなかった大沼郡会津美里町八木沢字七窪の蓋沼森林公園で撮り直しを行った。 中通りは晴天であったが、会津に近付くに連れ降ったり止んだりの雨模様となり、蓋沼森林公園に登ると上画像のように撮影を諦めざる得ないような状況だった。併し空を見上げれば雲の流れは早く、取り合えず車両の通過時間までは待つこととした。 「風は緑色

  • 大沼郡三島町 第一只見川橋梁+etc

    九日(土)、時期的に川霧にはもうちょい早いけれど、今頃になると気持ちが大沼郡の三島町や金山町へ向かい、そんな訳で03:00起床で出掛けた。 まずは大沼郡三島町大字桧原字下三平、第一只見川橋梁を川向かいから眺める。到着時は霧が立っていたもののやがて消えてしまい、ならば反対に鏡面化した川面を期待、一時は綺麗に写り込むも車両通過時には解消されてしまった。 「静寂破りて静寂至る ①」~ F8・SS1/25

  • 大沼郡金山町 大志集落俯瞰+etc

    三日(日)、03:30に出発し耶麻郡北塩原村大字桧原字細野へ向かう。六月になって間もない今時分、山の上に顔を出す太陽の撮影を数年ぶりに行う。 以前の撮影時、桧原湖の水面はこの画像手前の雑草が生えてる箇所にもあったのだが、この数年この時期の水量が少ないような気がする。取り合えず撮るには撮ったが、構図からなにから賛嘆たる内容になってしまった。 続いて先週、悪天候で撮影にならなかった大沼郡金山町尻吹峠か

  • 相馬市尾浜 鵜ノ尾岬桟橋

    二日(土)、先々週撮影を行った相馬市尾浜字松川の鵜ノ尾岬桟橋、天候が良く、且つ日の入りが満潮と重なり夕景目的で出掛けてみた。 結論から言えば雲が全く現れず空は赤く染まらない。それならそれで露出や各フィルターを使って画作りするが、どうも構図を上手く切り取ることが出来ない。前回も書いたがこの時期は太陽がかなり右へ沈み、ここの夕陽は冬季の方が良さそうだ。 「孤独とは寂しい音だな」~ F8・SS13・IS