撮影記のムラゴンブログ

  • 大沼郡金山町 太郎布高原+etc

    以前より大沼郡金山町大字太郎布(たらぶ)の太郎布高原へ行きたい‥と、サマオクより言われており出掛けてみる。昨年も訪れたが目的はワラビとアザキ大根の種の採取、その前に私は大沼郡三島町大字早戸字下ノ原で第三只見川橋梁を撮影する。 毎秋、県道237号線の大沼郡三島町大字浅岐側から撮影しており、今回は今年の一月と同様に国道252号線からとした。その際は高清水スノーシェッド内からの撮影だったが、スノーシェッ

  • 南会津郡只見町 快速只見新緑満喫号+etc

    26日(土)、03:00起きで只見線撮影に向かう。まだまだ川霧には早いのだが、この時期は国道252号線、大沼郡金山町大字水沼字沢西の水沼橋から眺める第四只見川橋梁の色合いがとても綺麗だからだ。 霞みがかかり見通しが悪いが、いよいよ川霧の季節到来を告げるような景観。車両は橋梁通過時刻が05:40頃の上り始発422D。 「緑 響」~ F7.1・SS1/250・ISO400 ~ ここからの撮影は毎回ほぼ

  • 白河市大信隈戸 大信不動滝+etc

    19日土曜、白河市大信隈戸字田ノ沢の大信不動滝へ行く。撮影は数年ぶりだが、実は昨年の七月に訪れた際、一時的に岩瀬郡天栄村”羽鳥湖”からの放流が止まっていた。 白河市大信隈戸国有林57林班の「聖ケ岩ふるさとの森 ビジターセンター」。数年前に新しい建物となり、カフェもあるお洒落な空間になった。権太倉山への登山や夏季はキャンプなどなどこれからの季節は賑わいます。 大信不動滝はビジターセンターより300m

  • 河沼郡柳津町 久保田の棚田+etc

    12日の日曜、昨年の同時期に巡ったコースを今年も周ってみる。そのコースは那須塩原市板室の乙女の滝から奥会津へ向かうのだが、美しい新緑が次々と目に飛び込んでくる。 この時期は三年続けて通っているのだが、矢張り新緑の時期は美しい。併しながら続けて通っているから気付くのだが、上画像、白丸部分の枝は枯れてしまったのか、昨年から葉は伸びていない。下にupした動画は一昨年のもので、葉が残る様は更に風情がある。

  • 大沼郡金山町 第四只見川橋梁

    11日の金曜日、用事があり大沼郡金山町へ行く。その序でに冬季閉鎖が解除された水沼字沢東より、今年初となる第四只見川橋梁の俯瞰撮影を行った。 14:48頃に通過する下り427Dを撮るのだが陽射しはかなり強い。更にやや霞みが掛かったような状況だった。それにしても此処からの眺めはいつ見ても清々しいです。 帰路、大沼郡三島町大字早戸からの俯瞰ポイントへ周る。雑木が延びすぎて線路が見えない状況だが、川霧が立

  • いわき市田人町 平子宅クマガイソウ+etc

    GWの最終日となる六日、昨年に引き続きいわき市田人町石住字綱木のクマガイソウ見学に出掛ける。昨年は県道14号線、通称御斉所街道を使ったが、今回はいわき市三和町から県道20号線を使用、大型トレーラーの類は通行できないデンジャラスな道だった。 綱木集落までの山道は先ほどの県道20号線以上にデンジャラスです。車の交互通行が出来ない細い道を凡そ7km、車が来たらどちらかが後退するなどの対応が必要になる。

  • 西置賜郡飯豊町 白川ダム湖岸公園+etc

    04/30、山形県飯豊町の白川ダム湖岸公園へ行く。いつもは国道121号線沿いにある米沢市入田沢の道の駅”田沢” 付近から県道四号線へ入るが、途中に地滑り箇所があり迂回することになった。迂回路の案内図では理解し辛く、地元の方より米沢市口田沢の口田沢郵便局から県道244号線 → 県道四号線の道を聞いた。 到着に少々時間が掛かってしまったが、ダム湖水面の写り込みはとても綺麗でした。カメラマン、釣り人、キ

  • いわき市高倉町 高蔵寺のシャガ+etc

    28日の土曜、見頃となったいわき市高倉町鶴巻にある高蔵寺のシャガを見に行く。毎春通っているのだが、今年は一週間ほど早いように思う。 数年通ってみて06:00頃の斜光線が良いと自分也に想定しているが、連休初日が影響しているのか道路が些か混んでおり今朝は遅れて06:20に到着。 個人的に構図は矢張り三重塔を絡めてフレーミングする。加えて今日は何故か苦手なマクロレンズも持参しており、屈んだ体制で数枚撮る

  • 耶麻郡北塩原村 桜峠

    週明けの雨で既に散っているのでは‥と、期待半分で耶麻郡北塩原村大字大塩字桜峠へ行く。結果的に駐車場からの通路は葉桜状態となり、最下段が半分ほど残っていた。 それにしても風が冷たく、ジャンバーなどを一枚多く着込まないと長居できそうにないほど寒い。一昨年の動画を下にupするが、昨年に続き見頃のタイミングが合わない。 花が半分ほど残る最下段の俯瞰。なるべくボリューム感がある箇所をフレーミングするが、何よ

  • 南会津郡下郷町 戸赤の山桜+etc

    開花の情報を得ながら雨で行けなかった南会津郡下郷町大字戸赤字林下の戸赤の山桜、今日の午後には天候が回復するらしく出掛けてみた。 下郷の中心地より県道346号線を行くと戸赤の集落が見えてくる。遠目にはちょっと寂しそうに見えるが果たして‥。尚、下の動画は2014/05/03のもの。 仕事の合間なので時間は掛けられず、今回は”戸赤自然体験あそびの学校やまざくら”からの遠景撮影と決めておいた。此処からの撮

  • 南会津郡南会津町 小塩の桜+etc

    22日の日曜、奥会津の桜を眺めに出掛ける。前日に続き夏のように暑い日となり、各所の桜はかなり進んでいる状態だった。 まずは先週の土曜日にも撮った河沼郡柳津町大字柳津字寺家町甲、福満虚空藏尊裏の只見線。Blogにupした画像は桜の状態がイマイチだったため、撮り直して刷新する予定だったが、会津柳津駅06:21発上り422D、及び07:04発下り423Dとも朝は光具合が芳しくなくこの場を後にする。 大沼

  • 安達郡大玉村 山野草撮影

    サマオクと同じ山野草を趣味とする知り合いより花々の撮影を依頼される。植物は苦手なので断ったがどうしても頼まれ引き受け、今や箪笥の肥やし状態になっているマクロレンズ、そして単焦点レンズを持って出向く。 さて花の撮影がどうして苦手か、それはまずマクロレンズなどの被写界深度の浅さがあり、ファインダーを覗いてると眩暈というか気持ちが悪くなる。更に屈んだり地面に這い蹲るなどなど腰痛持ちにはきつい体勢になるか

  • 河沼郡柳津町 月光寺の只見線

    17日、河沼郡柳津町大字柳津字下荒町甲の月光寺へ行く。目的は寺の裏を走行する只見線と桜だ。三日前は咲き始めだったが、七分咲きくらいの良い感じとなっていた。 月光寺は会津柳津駅より線路上で凡そ600mほど下った場所にあり、本堂の裏にある墓地に橋脚が掛かり墓のすぐ脇には線路がある。 まず最初は会津柳津駅発13:23の上り428Dを撮る。手前が会津柳津駅側で車両は向こう側からやって来る。 その約30分後

  • 大沼郡三島町 大林公園+etc

    14日の土曜、河沼郡柳津町と大沼郡三島町の春散策・ロケハンに行ってきた。桜の開花情報では柳津町の福満虚空藏尊が咲き初めとなり、すぐ近くの月光寺の様子が一番の目的だったりする。 月光寺も福満虚空藏尊と同様に咲き始めであったが、見渡せば柳津町内でも早い遅いがあり日当りの良い場所は五分咲き以上になっている。 ということで場所を移動、福満虚空藏尊の裏側となる町道から枝垂れ桜と只見線を撮る。枝垂れ桜もまだ早

  • 田村市船引町 芹沢の一里桜+etc

    八日の日曜、朝の光景は如何なものだろうと、土曜に続き二本松市長折字日向の日向の人待ち地蔵桜に出掛ける。 日の出前から撮影を始めたが、結果として逆光では地蔵がシルエットになってしまうなどなど如何ともし難く、視点を切り替え順光で地蔵をメインに作画する。 「人待ち地蔵」~ F8・SS1/100・ISO400・C-PL ~ 低い位置からの仰角のため手持ちで撮影。土曜は左側から撮ったのだが、順光の構図は良い

  • 二本松市長折 日向の人待ち地蔵桜+etc

    七日の土曜、家人と桜見物に出掛ける。併しながら生憎の花曇りとなり、写真的にはイマイチな一日だった。 最初は二本松市太田字寺沢の島山公園へ行く。二本松市と合併前は安達郡東和町であったが、此方側から眺めるのは何年ぶりだろうか。公園内には桃の花も植えられ、昔のイメージとは大きく変わっている。 因みに福島市飯野町の堰堤公園やこの島山公園などなど、阿武隈川の水域はマムシ注意の立て看板をよく見かける。よって茂

  • 那須郡那須町 堂の下の岩観音+etc

    先日も書いたように各所で一気に咲き出した桜に行動が付いて行けないのだが、毎春通っている那須郡那須町芦野の堂の下の岩観音も今が見頃と五日の木曜、急々と出掛けた。 週末を予定していたのだが、天気はあまり優れず何より既に満開状態となっていた。 此処は菜の花の写り込みをメインに撮る以外、太陽が昇る前の早朝、ないし14:00以降の陽射しが傾く頃が撮影に適してる。つまり陽光が降り注ぐとお堂の屋根に樹木の陰が残

  • 福島市松川町 芳水の櫻+etc

    急激に暖かくなりあちこちで桜が一気に咲き始めた。その様子に気持ちが追い付かないというか気乗りしないというか、何処をどう撮るといったイメージもまだ無い状態なので、撮影意欲が置いてきぼりになっている‥と、いうことで以前撮ったものを再現像、取り合えずニ画像をupしてみた。 一枚目は福島市松川町金沢字小手山浦の芳水の櫻、撮影は六年前の2012/04/28。 「春の歌」~ F6.3・SS3・ISO160・C

  • 耶麻郡北塩原村 大山祇神社+etc

    一日の日曜、只見線のロケハンと耶麻郡北塩原村、桧原湖北岸の大山祇神社へ行く。大沼郡三島町での只見線撮影は一月末以来になるが、まだ春浅しといった風景だった。 お馴染みの只見川第一橋梁だが、これは道の駅”尾瀬街道みしま宿”脇の只見川第一橋梁ビューポイントからの眺めではなく、道の駅の裏側、大沼郡三島町大字川井字天屋原の只見川に掛かる歳時記橋から凡そ100m先の杉林に入った景観になる。 道路などに雪はない

  • 本宮市和田 梅の木のある風景

    家から数分の本宮市和田字戸ノ内、田園地帯にある梅の木のある風景。昨年は梅の開花にタイミングが合わず二年ぶりの撮影になる。ここ暫く工場夜景などが続き、全く異なる撮影方法などなどちょうど良い被写体となった。 暖かい陽気に農作業を行う傍らを東北新幹線が行き交う。長閑な光景にいよいよ春の到来を感じる。撮影は27日の16:20頃、西日の環境は芳しくなく空が染まる夕暮れを待つ。 「仄 春 ①」~ F10・SS

  • いわき市小名浜 工場夜景

    25日の日曜、六週続けていわき方面へ出掛ける。冬季から春先は被写体が少なく時々は行くのだが、これほどまで続くのは珍しい。 というのも数年ぶりにいわき市小名浜字渚、サミット小名浜エスパワーをメインに撮影を行うつもりでいたのだが、五週に渡り煙突からの排出がなくずっと通うことになった。 という訳で明るい内に確認したところ今日は煙が排出されていたけれど、ちょっとその量が少なく気になった。それにしても明るい

  • いわき市佐糠町 勿来火力公園+etc

    18日の日曜、五週続けていわき市での撮影を行う。まずは干潮時刻の10:39に合わせいわき市久之浜町田之網字舟門の蟹洗海岸へ向う。 穏やかな陽光の元、多くの人が海草を採取していた。今まで何度も撮影した場所ではあるが、未だに思うようなものが撮れず仕舞いだ。 「ひたひたと春潮和ぐ」~ F10・SS2・ISO100・C-PL+ND100 ~ 潮溜まりの潮の匂い、いつもこの匂いを連想するような画像を撮ろうと

  • いわき市常磐 梅林寺+etc

    東日本大震災から七年となる昨日、家人を伴いいわき市へ行った。個人的にはこの数週間ずっと撮影で来ていたのだが、あちこちの海岸や四ツ倉の道の駅などを周る。併し以前と比べ海の近くで行われる慰霊祭は減っているのか、豊間漁港で見かけたに留まる。 さてこの日は先週ロケハンで訪れたいわき市常磐水野谷町千代鶴の梅林寺、そして同様にいわき市泉町下川字大畑のいわきサンマリーナから眺める照島の二箇所を撮影。 一昨年から

  • いわき市泉町 照島+etc

    四日の日曜、予報では暖かく天候も良さそうなので久々に早起きして相馬に向かう。撮影目的は黎明時及び日の出であったが、期待するほどの内容にはならなかった。とはいえ、取り合えず数枚撮ってみる。 いつもは相馬市岩子字坂脇の松川浦漁協沿いからの撮影だが、震災以降雑草が蔓延っていた一帯の草刈が行われており、これから何かしらの工事が始まるのかも知れない。 「あけぼの」~ F8・SS6・ISO200・C-PL ~

  • いわき市小名浜 いわき・ら・ら・ミュウ

    昨日、夕方から小名浜に向う。先週、煙の排出がされていなかった小名浜字渚のサミット小名浜エスパワーの撮り直しだが、この日も煙は出ていなかった。確か昨年の今頃もこんなことがあったと記憶するが、もしかすると工場の点検が行われているのかも知れない。 さてこのまま帰るのも何なので小名浜字栄町の小名浜漁港、小名浜字辰巳町の小名浜魚市場や「いわき市観光物産センター いわき・ら・ら・ミュウ」を周る。小名浜魚市場は

  • 双葉郡浪江町 請戸橋周辺+etc

    双葉郡浪江町の請戸川河口から約500mほど昇った所に請戸橋がある。その脇に3.11の津波による塩害で枯れた木々が残っている。 住所は大字北幾世橋字薬師欠になるのだろうか、前々より気になっていたのだが夕方の撮影を行ってみようと18日の日曜に出向いてみた。凡その立ち位置を決め、夕暮れまで請戸港やその周辺を歩いてみる。 以前も画像をupしたことがある請戸港から眺める福島第一原発。直線距離で凡そ5km程だ

  • いわき市平 薄磯海岸+etc

    11日、いわきで夜の撮影目的で出掛ける。天気予報はあまり芳しくないのだが、空の状態によっては塩屋崎灯台を撮る予定で薄磯海岸周辺をブラブラする。 併しながら厚い雲が次々と流れ、その様に夕景は諦め「わたしは夜に海をみる」シリーズの撮影に切り替えるが、吹き荒れる強風でブレが気になる。 いわき市平薄磯字北街の薄磯海岸を塩屋崎灯台方向から眺める。被写体となる赤丸部の岩礁を新設された防潮堤から撮影する。因みに

  • 大沼郡会津美里町 JR只見線根岸駅周辺

    10日、家族と河沼郡柳津町のつきみが丘町民センターへ行った際、その帰りに大沼郡会津美里町米田伍姓部の根岸駅周辺で只見線の撮影を行う。 左は根岸駅、右は会津高田駅となるが、かなり根岸駅側に立つ。因みに背景は磐梯山。 赤丸部は会津美里町八木沢の蓋沼森林公園。此処から「田園風景の中を走る只見線」を俯瞰で撮ってはいるものの、沿線からの撮影は始めてとなりイマイチ感覚が掴めない。 併し根岸駅13:32発の下り

  • 尾花沢市大字銀山 銀山温泉

    この数年、冬になると行っている尾花沢市大字銀山新畑の銀山温泉。三日の土曜に予定したところサマオクに加え娘までも付いてきた。今回の目的の一つに作秋一部開通した東北中央自動車道の走行だが、現在は福島JCTから米沢北ICが無料区間となっている。 途中には全長8.972kmの長大な栗子トンネルがあり、時速80kmで走行、通過するのに凡そ6分かかった。因みに長大故、避難坑や換気用のトンネルである換気坑が設置

  • 大沼郡三島町 第三只見川橋梁+etc

    28日の日曜日、耶麻郡猪苗代町大字金田字砂浜の天神浜しぶき氷へ再訪する。07:45頃到着、既に数台の車が停まっていた。 先々週訪れた時よりは積雪があり、更に一昨日のテレビでは育ってきたとの情報に期待が膨らむが、残念ながら下画像のように樹木の枝々に下がるような氷は無かった。それでも日曜ということもあり訪れる人は多いものの、帰り際、駐車場付近でどれくらい歩くかよく尋ねられる。「約20分、凡そ1kmくら

  • 石川郡玉川村 乙字ヶ滝+etc

    20日土曜、石川郡玉川村の乙字ヶ滝から東茨城郡茨城町の涸沼と、今年になって一日中の撮影は始めとなった。 ・・・乙字ケ滝(おつじがたき)は、福島県須賀川市と石川郡玉川村の間を流れる阿武隈川にかかる滝。日本の滝百選の一つにも選ばれている。 名前の由来は水が乙字の形をして流れ落ちることに因んでいる。また、乙字ケ滝周辺では阿武隈川が「Z」もしくは「乙」の字に大きく屈曲して流れている。滝幅の広さから「小ナイ

  • 耶麻郡猪苗代町 天神浜しぶき氷

    耶麻郡猪苗代町大字金田字砂浜の天神浜しぶき氷へ行ってみた。ここのところ寒い日が続き氷の成長に期待するも、何故かこの日に限って暖かい日となってしまった。 大字中小松字西浜、小平潟天満宮向かい、または横の駐車場から平坦な道を20分ほど歩く。震災前は湖岸沿いのルートもあったが、危険なので現在の林を横切るルートがメインとなったようだ。 いつもなら一人分のわだちだが、寒い割りに積雪は少ない。下画像、到着して

  • 福島市佐原 あづま総合運動公園

    13日(土)の夜、福島市佐原字神事場、あづま総合運動公園の「光のTREEページェント」へ行ってみる。昨年は公園内が工事中ということもあり規模が縮小されていたが、例年通りの内容を期待する。 併しながら期待は外れ規模は昨年同様に縮小されていた。例えば上画像の奥側は一切ライトアップはなく、下画像の樹木の間に提げられていた丸型の照明機材も無かった。その様子にカメラを携えて来た人々は落胆、且つ翌日でライトア

  • 大沼郡金山町 会津川口駅周辺

    8日、午後から天候が崩れそうなので朝より大沼郡金山町へ向う。目的は国道252号線沿いにある”かねやまふれあい広場”から眺める大志集落と只見線。夏は川霧で幻想的に集落が浮かび上がる場所だが、今回は只見線がメイン。実は年末に訪れた際、只見川には大きな浚渫船が浮かんでおり、そのままであれば別な場所を考えていた。 到着が早かったので会津川口駅08:40発、上り426Dを撮影する。赤丸部分が駅と待機中の42

  • 二本松市郭内 二本松城址

    年が明けてから用事があったりで写欲が起きない。このままだと寒さもあって動くのが嫌になってしまいそうだが、今朝は日の出を撮ろうと近くの二本松市郭内四丁目、二本松城址へ行ってみた。 二本松城は別名”霞ヶ城”とも称され仔細は「Wikipedia」をご覧頂きたいが、維新の戦で会津は白虎隊、二本松は少年隊が官軍を相手に奮戦した。秋には霞ケ城公園で毎年”二本松の菊人形”が行われる。昨年11月に撮影した公園内の

  • 神栖市東和田 鹿島臨海工業地帯

    今年も終わりとなり、30日の晦日は四月以来となる茨城県神栖市東和田の鹿島臨海工業地帯へ行ってみる。途中、東茨城郡大洗町磯浜町の神磯鳥居に寄り道してみたが、満潮時ながら波が全く立っておらず撮影は行わなかった。因みに那珂湊港周辺は年末の買い物客でかなりの混雑・渋滞となっていた。 家を出たのが09:30頃、鹿島臨海工業地帯到着は14:45頃だった。八ヶ月ぶりとなると所々変わっている箇所もあり、夕刻まであ

  • 南会津郡南会津町 藁葺き小屋+etc

    23日の撮影、予定では南会津郡南会津町前沢の曲家集落であったが、着いてみれば殆ど雨といったみぞれで中止にした。俯瞰となる向かい側の山への登坂道、積雪が少ない状態ながら残念な結果となった。 曲家集落到着前に南会津町森戸、国道352号線沿いにあるお馴染みの藁葺き小屋を撮るには撮ったのだが、ここでは雨および曇天で撮影にならず、三年前のほぼ同時期に撮った画像をupする。 その三年前の秋以降、上画像のように

  • 大沼郡三島町 大谷川橋梁+etc

    17日の日曜日、遅めに家を出て大沼郡三島町方面へ向う。目的は雪景の第一只見川橋梁や大谷川橋梁など。一応積雪の状態は調べておいたが、空模様は一日中乾雪とのことで撮れるか否かは行ってみないと分からない。 まず国道252号線沿い、大沼郡三島町大字川井字天屋原の道の駅”尾瀬街道みしま宿”から只見川第一橋梁ビューポイントへ向う。雪は既に固められ登りは楽だが降りが怖い。従って根性無しの私は最下段から撮影を行う

  • 相馬市岩子 松川浦+etc

    09日、先週に続き日の出を撮ろうと早朝より相馬市岩子字宝迫の松川浦へ向う。国道115号線を使うのだが、阿武隈山系となる途中の伊達市霊山周辺は吹雪いていた。 峠越えの天候が芳しくなく心配だったが、松川浦に着くと当初あった雲が徐々に流れ始めた。併し文字島方面の雲は動かず、夜明け前は綺麗な色合いであったが、日の出の頃は先週と同様にあまり宜しくない状況となる。つまり朝焼けは良いとしても、太陽の上に空を覆う

  • 耶麻郡猪苗代町 採餌中の白鳥

    仕事で会津地方に行く。猪苗代湖を過ぎるとあちこちの田んぼで採餌中の白鳥を見掛けるようになり、帰りの時間も居るようなら撮影することにした。実はカメラ機材を週末から車に積みっ放しであった。 帰路、15:00頃だったが田んぼには白鳥が居り、国道49号線から脇道に入り白鳥に近付く。先月降った雪は殆ど融けており、磐梯山の積雪も思ったほどではなかった。 場所は耶麻郡猪苗代町大字磐根字宮前、国道沿いには野口英世

  • 相馬郡新地町 白幡のいちょう+etc

    先月の28日に様子を見に行った相馬郡新地町駒ヶ嶺字白薄の白幡のいちょう、そろそろ良い頃になったと思い撮影に行く。加えて早朝の相馬市岩子字宝迫、松川浦の夜明けを撮ろうと04:00に家を出る。 この日の松川浦、天気予報では最低気温が氷点下とのことであったが、冬季ジャンバーを着込んで動いていると汗が出てくる。日の出前の05:30頃になると徐々に空が明らみAFが使えるようになる。 夜明け前はとても綺麗な様

  • いわき市小名浜 工場夜景+etc

    25日の土曜、いわき市小名浜字渚で工場夜景を撮ろうと午後から出掛ける。先々月も同様に撮影したものの内容が芳しくなく、その際に撮った月の画像を利用=合成で画作りを行う計画だ。 その前に時間調整でいわき市平薄磯字小塚の塩屋崎灯台へ寄る。既に陽は傾き誰も居ない海岸は寒々しくそして寂しい。満潮までは時間があるので海岸に立ち撮影する。 「寒 々」~ F8・SS6・ISO200・C-PL+ND100 ~ 何度

  • いわき市四倉町 逢瀬の滝+etc

    一昨年の今頃、紅葉の光景を撮ろうと向ったが、2015年9月関東・東北豪雨による崖崩れや道路陥落で引き返したいわき市四倉町八茎字片倉の逢瀬の滝。先日いわき観光まちづくりビューローに問い合わせたところ、現在は通行可とのことで18日に出掛けてみる。 いわき市立大野第一小学校脇の県道363号線で閉鎖された八茎鉱山へ向う。この先からの細くて険しい山道はガードレールもなく、運転を誤ると崖下に落ちてしまうルート

  • 大沼郡金山町 第四只見川橋梁

    大沼郡金山町大字水沼字沢東からの第四只見川橋梁俯瞰、イメージ通りに行かず今秋は懲りずに五度目の撮影となり。ワンシーズンにこれだけ同じ場所に通うことは最近なかった。四回目の縦構図を除いて全てボツとしたが、その原因を色々と探ってみたい。 まず最初にこれだけ通う理由は見晴らしの良さということになる。春は新緑、夏は川霧、秋は紅葉だが、夏は早朝だけの自然現象なので逆に諦めが肝心とも云える。 ニ画像とも12:

  • 二本松市郭内 霞ケ城公園

    13日の月曜は自宅周辺にも霜が降り、週中を予定していた二本松市郭内三丁目の霞ケ城公園へ落葉の様子を見に行く。 公園内では現在二本松の菊人形が開催されている。風が些か冷たいものの、今朝の寒さは解消され青空が広がった。お目当ては毎年恒例の洗心亭裏手からの撮影。数日前に訪れた際はまだまだであったが、霜が降って一気に落葉が進んだようだ。併しながらこの陽射しでは撮影にならず、近所ということもあり午後から出直

  • 田村郡小野町 東堂山満福寺+etc

    毎秋撮影を行う田村郡小野町大字小戸神字日向の東堂山満福寺。いつもなら今月中旬頃なのだが、ちょっと早めの昨日11日に出向いてみればちょうど良い状態だった。 撮影はお決まりの石段下から見上げる鐘楼。奥の観音堂脇には羅漢像が並ぶが今回は撮影せず。住職は常駐しておらず普段は人気がないが、この時期は訪れる人が多い。また七五三や結婚式の前撮りというのか、それらの撮影を行っていることもある。 満福寺の石段は一段

  • 石川郡平田村 山鶏滝+etc

    八日、代休で撮影に出掛ける。三日に耶麻郡猪苗代町の達沢不動滝に行った際、先月二週に渡りやって来た台風の影響で水量が多いと記したが、もしや石川郡平田村大字中倉字菅田の山鶏滝も同様かと紅葉の時期を待っていた。 上画像、山鶏滝遊歩道入り口。道路沿いに車を停め200mほど歩くと橋の向こうに滝が見えてくる。川沿いの遊歩道は消毒臭があり、ずっと水質が悪いのかと思っていたが、周囲の山々で行われている林業=樹木の

  • 西白河郡西郷村 雪割橋+etc

    04日、家族と南会津へ行った際、西白河郡西郷村大字鶴生字由井ケ原の雪割橋と南会津郡南会津町大桃字居平周辺の紅葉を撮影する。いつもなら南会津方面は国道118号線を使い岩瀬郡天栄村を通過するが、最初に雪割橋を経由するため国道4号線を南下、白河市から西郷村へ向う。 昭和33年に建築された四代目の雪割橋はその名の由来でもある赤が退色し、老朽化が目立ってきたが、そんな折り昨年訪れた際に新築工事の情報を得た。

  • 耶麻郡猪苗代町 達沢不動滝+etc

    三日は仕事なので前日の二日を休みにした。例年11月になると耶麻郡猪苗代町大字蚕養字達沢の達沢不動滝へ行く。この頃は既に落葉しており、滝自体ではなく滝つぼを漂う落葉のグルグルが撮影目的だ。 車を停め滝に向ういながら嫌な予感が‥と、いうのも二週に渡ってやってきた台風の影響かこの時期にしては水量が多い。水量が多いということは滝つぼ周辺は水飛沫で近寄れない、且つ流れが速くゆったりした落葉の動きがないからだ

  • 大沼郡三島町 第三只見川橋梁+etc

    先週酷かった腰痛、無理な体勢を取らなけらば痛みを感じることはなくなった。そんな訳で紅葉の具合を確かめに大沼郡三島町と金山町に出掛けてみた。結論から云えば周囲の山々は色付いているものの、幹線及び只見線沿いなどはまだまだであった。 昨秋も同じような感じであったが、今年も色付かず落ちてしまう葉が多く見受けられ、もしかして夏の暑さで焼けてしまうのではなかろうか‥と、おふくろ食堂のマスターも同意見だった。