政治問題のムラゴンブログ

  • ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム

    これは、どうしても押さえておきたい内容でした。 洗脳システムとも言え、これを理解し、そのうえで戦後史が見れる方は、およそ正常で、今後、ディープステートの罠に掛かることことも少ないと思ってます。 ご存じない方のために、軽く触れておきます。 英語:War Guilt Information Program、略称:WGIP)とは、文芸評論家の江藤淳がその存在を主張した、太平洋戦争(大東亜戦争)終結後、連

  • ファンからの苦言5 忖度神拳

    浮浪雲一匹、申し訳ないが、自由と真実を優先しているため、所属への忖度は一切なしでいきます。そこそこ洗脳されてきた経緯があるので、もし忖度があるとしたら、組織ではなく、天にのみで、少なくともそうありたいと願っている。だから、準拠集団心理の教会員には、少しご遠慮願いたい。いや、よく聞いてもらいたい。 さて、どこから切り込むべきか、サンクの方向性あたりからにしようと思いますが、中心軸ははっきりしています

  • ファンからの苦言4 慰安婦像

    内向きです。もう少し内容を引きずっていきます。 大雑把に言うと、家庭連合は慰安婦像に抱き着き謝罪。世界日報、勝共連合は批判。外から見れば、もうこれだけでボロボロの分裂状態。かといって、サンクが直接関係ないとは言えず、過去、エリ女史は、恥さらし姿をメディアに撮られ、国内の愛国者から売国奴として認知された件があるため、コメントさえできない。 いったい何なんだ、この足並みの悪さといったら。 オール教会お

  • ファンからの苦言2 教会斬り

    表に出すべき内容か分かりませんが、すでに情報は一般に浸透してきているので、敢えて書きます。この件は、どうしても感情が先走ってしまい、暴走モードになってしまうことを、お許しください。 韓国を訪問した日本の大学生達が、日本軍の性奴隷制の被害者を象徴する少女の銅像の前に菊の花束を置いて少女像を暖かく抱いた。 裏事情は多少知っていますが、本当に韓国はいろいろやらかしてくれる。 慰安婦ハグなどは韓国側メンバ

  • 令和!子年!しっぽを立てろ!

    グローバリズム、共産主義、人非道の暴虐の輩たち。 ともすると絶望的な心境になってしまうのは、これら軍団の圧倒的な戦闘力と、その悪魔性を帯びた狡猾な侵略を目の当たりにするから。 いつも、この戦力差を前に、心が沈まない日はないのですが、大概どこかに立ち向かう人はいるもので、無力ながら、今年も援護射撃はしていこうと思ってます。 さて、昨年11月13日、自民党議員約40名が、中国の習近平国家主席の国賓来日

  • ウイグル人権法案 なぜかローン・レンジャー登場

    中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は12月4日の記者会見で、米下院が可決したウイグル人権法案を「バカな法案」と呼ぶなど猛反発。 米議員が中国の人権状況を問題視していることを、華氏は「本当に無知で恥知らず、不誠実だ」と主張。米国史を持ち出し、アメリカ先住民を「ほしいままに殺戮(さつりく)し、数百万平方キロの土地を占拠し、同化政策を強制した」と非難した。 これに対し、歴史を正しく把握できていな

  • 主婦の友達作り

    類は友を呼ぶというけど・・・信じたくない 渡世してから半年、友達が欲しくてMEET UPに参加したり インスタグラムで住んでいる日本人を検索して情報収集していて たまたまインスタグラムで日本好きの同い年の子と知り合い 写真についてコメントし合う程の仲 MEET UPでたまたま会ってから出かけたりするようになって 明るくてよく喋る子でいいな!と 良かったと思っていたのだけど・・・ その子と出かけるよ

  • 国家の鉄杖「空母打撃群」

    最近、あるメーカーから、アメリカの原子力空母「ジョージ・ワシントン」の模型が再販されたので、友人に頼まれ購入した。 ひと昔前であれば、自ら購入して作っていたところだが、うちは家族に全く理解がないので、涙をのんでいる。なんせ貴重だった「ハワイ・マレー沖海戦」のDVDも勝手に捨てられているくらいだから、もう何も言うまい。 (家族からの冷たい視線に晒される、なんでも鑑定団の夫の気持ちがよくわかる) さて

  • 薔薇を買う女、山東昭子

    山東昭子は愛国者である。 私が知っている山東は、まだ女優時代であった。 円谷の最高傑作、早すぎた名作とも言われたTVドラマ「マイティ・ジャック」 その第3話「燃えるバラ」で、山東はQの女スパイ「バラを買う女」として登場するが、なぜか、これが私の彼女に対するイメージでした。ほんと、すまんことです。 だが、ここに来て、日本国民としての本領を発揮しているではないか。 1974年、田中角栄に口説かれ、参院

  • あらためて統一教会(現 家庭連合)について、おさらい

    今回は的を絞って、外部のある読者層に向けて発信します。 いつもと違う言い回しや、表現があっても、あまり気にせずお願いします。 最近、愛知県の大村知事が、10月6日に開催された統一教会主催の4万人大会に祝電を打って、物議を醸しだしている。 要は大村も教会も同じ穴のムジナで、韓国由来の売国団体とその仲間だったというもの。タイミング的に大村は、慰安婦像の展示や昭和天皇を侮辱する映像で避難されている「愛知

  • 迷走!小沢一郎 男

    小沢一郎の件で、読者からご質問があり、つづきはこちらで、庶民レベルですが、軽く触れていきたいと思います。 そもそも、現代史の日本国家の迷走の1コマは、田中角栄が大きく起因していると思うのですが、それは、中国と国交を結ぶことによって、結果、台湾は切り捨てられ、アジアにおける日本の針路が決定づけられていったことです。 政府の後押しを受け、財界もその流れにのって、巨額の援助や投資。 こうして赤い貧乏国家

  • 河野太郎、激震斬り

    これも、ある先輩との会話ですが、問題の本質を見ようとしない人間は、検証しようとしない、情報を取ろうとしない、最初から思想ありきだから、何を言っても無駄。 特に、その人生観で生きてきて、歳をとったら、ますます頑固に磨きがかかり、修正が利かなくなっていくので、完全にアウト。 理屈で論破したとしても、論破された自覚もないから、何も変わらない。 辻本清美や奇知外といった面々が脳裏を走る。 中国や韓国が、理

  • 怪奇!タマネギ男 曺国

    さて、ショッカー本部が繰り出す、次なる使者は・・・「怪人タマネギ男」 最初ニュースで見たとき、そう想像するしかなかった。 次から次へと、最新ニュースが更新されていくので、もう余計なことは何も語るまい。 それにしても、最初から正体ありきで登場した怪人も珍しい。 かつて植物系怪人はいたが、野菜系なんてのは初めてだ。 ゾル大佐の正体がオオカミ男だったように、死神博士はイカデビル、地獄大使はガラガランダー

  • 沈みゆく韓国6 教会ver

    我々は今、一つの国家が消滅する姿を、目の当たりにしているのかもしれない。 「2020年春に行われる韓国国会の総選挙で、文政権を支える与党『共に民主党』『国民党』が勝利すれば、大韓民国という国は地球上から消える」 このように、次の選挙で野党が政権を奪還できなければ、悪夢は現実のものとなることを予言する韓国人もいるし、もちろん日本も、他人ごとではない。 今回は、なんとなく家連韓国幹部向けの勝手に吠えて

  • Justice20 「熊蜂の飛行」で応援

    習キンペーが来るG20に合わせる形で、このJ20が大阪で開催され、身内が多数合流し、参加するので、自身の自覚を促すためにも、軽く触れておきます。 要求項目はざっと以下のとうり。 中国政府は、ウイグル(東トルキスタン)における全ての強制収容所を閉鎖し、収容者を釈放せよ 中国政府は、言論、表現、結社の自由を認め、民主化運動への弾圧をやめよ 中国政府は、信教の自由を保証せよ 中国政府は、台湾への武力威嚇

  • ブルース・リー(Bruce Lee in The Green Hornet )

    グリーンホーネット ラジオ番組は1936年から1952年にかけて放送 テレビ番組は日本では1967年より放映 空手の達人 カトーを伴い  大都会の片隅で次々と起こる事件を追って 疾風のごとく 二人 去って行く緑の仮面 その名も「グリーンホーネット」 これこそは新聞社の若き社長「ブリット・リード」の又の名である この事実を知っているのは彼の秘書「キャシー」と  かく言う私、地方検事の「スキャンロン」

  • 侵蝕され続けるカトリック

    嗚呼、我々はこの世の真の姿をどれだけ知っているだろうかと、あまりに乏しい知識と力の無さに途方に暮れることが多い。たしかに多少なりとも知ることが出来たのは幸いであり、大いに感謝もしているが、知ったのはあくまで一端であり、その奥にとてつもない闇が存在するのを未だ垣間見るし、整理できない面が数多くある。 例えば、2018年7月に世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、事前に

  • 電通の闇!甦る怪物ゼニクレージー

    最近CMでゼニクレージーを見つけたので、ちょっと突っ込みを入れておきます。 NTTドコモのCMで、役どころは、キャッシュレスの時代に、現金にこだわる怪人といったところですが、作品を愛していない人がつくるとこうなる。 本当のゼニクレージーは、さすが大臣だけあって、常に選挙の軍資金を気にしていて、その容姿とは裏腹に、小銭なんぞに目もくれない大物。 そして、実際に小銭好きなのは、むしろ部下の「コインマー

  • 沈みゆく韓国5 スコッツボロー・ガールズ

    韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が米ブルームバーグ通信とのインタビューで、「天皇陛下が元慰安婦に直接謝罪をすれば、慰安婦問題を解決できる」と応じた際に、「その方(天皇陛下)は戦争犯罪の主犯の息子ではないか」と語ったとされる一件。 この文喜相は、金大中、盧武鉉(ノ・ムヒョン)、そして今の文在寅と、3代に仕え要職についてたコテコテの左翼。 保守派は金大中・盧武鉉政権期を「失われた10年」と呼んでい

  • 頭翼思想である

    頭翼思想は2千年前のイエス・キリストの十字架から始まりました。 キリストを認めた右の強盗の精神から政治・経済を発展させたのが民主主義。 また、キリストを否定した左の強盗にあたるのが、神を否定し、物質を中心とする共産主義です。さらにそれを両軸としながら、剣とコーランとを持ってやってきたのが中近東のイスラム文化圏。このように、イエスの十字架から世界が分かれてきました。 神主義の本質は何かというと、神中

  • 頭翼思想と進撃の左翼!バカは言葉尻だけとらえる

    前稿は、誤解がないように、少し改稿しときました。 より正確に伝えたい為、頭翼思想の文章を付加した内容にしてあります。 現状、この「頭翼思想」という神主義のことを堂々と言えるのは、サンクチュアリ教会以外ないと思っています。家庭連合は左翼に取り込まれてしまっているため、もしこれを声高に叫んだら、ネパールで共産党配下に下った事件などが表沙汰になってきて、いろんな矛盾にぶち当たり、家庭連合は説明困難な事態

  • 日本に右翼はいない、あるのは左翼だけ

    みな、言葉や、自身の主観に捉われすぎて、俯瞰した見地で物事が見えなくなっていないだろうか。最近思うモヤモヤを、少し吐露していきたいと思います。 思想内容は置いといて、勢力配分はいかほどか考えてみた場合、日本に右翼という存在は、おそらく限りなくゼロに近い・・・と、ある政治学者が言っていました。 これで、頭翼思想(神主義)を掲げてきた家庭連合が左へ舵をきってしまったので、勢力分布図はますます厳しくなっ

  • 杉田水脈LGBT差別??論文 ほぼ問題なしですけど

    先月になりますが、ある先輩から食事に誘っていただき、国防に関する多くの談義をしてまいりました。日常生活では、お互い、あまり話すこともない内容で、時間の経つのも忘れ、3時間くらいが、あっという間でした。 臓器売買など、中国の悪魔性と脅威の内容が中心でしたが、以前、先輩の主催する会に杉田水脈議員を招いたことがあったので、そちらに少し触れたいと思います。 例のあの問題は、大きく話題になりましたが、もう波

  • NHKに悪意を感じる

    反日報道で知られるNHKは、最近、少しはよくなったのだろうか、まだまだ疑問。 先日、命の危険から、難民となって米国境を目指す、犯罪組織に蝕まれる中米の現実を特集する番組をやっていたのですが、番組自体は、ちゃんとした取材に基ずくもので、問題はないのですが、よく考えてみてください。 壁を作ろうとするアメリカの事情というものも、ありますよね。 たしかに、マフィアが闊歩して、一般市民は逃げるしか、もう生き

  • 共産主義に「身売り」した家庭連合

    「キリスト教を共産化する目的で、偽者の教師が偽(いつわ)りの預言を多く広めています。ちょうど家庭詐欺連合も共産主義になったように。」と、二代王がはっきり仰られる背景は、今の韓半島情勢を分析すれば、一般の人でも、わかる人にはすぐ分かる内容で、家庭連合が共産主義になったというよりは、女王様の大ゴケで、なんの抵抗もなく、自然な形で、共産主義に組み込まれてしまったように、私は感じます。 さて、韓半島情勢が

  • 沈みゆく韓国4 徴用工

    実に簡単に言っておきます。 この問題は、すでに「日韓請求権協定」でお金を支払っているので、解決済み。 そして、そもそもこの裁判で訴えを起こした人たちは「徴用」されたのではなく、自ら「募集」してきた人たち。 根っこに関して言えば、2018.11.6 町田徹氏の記事より引用します。 韓国は当時の朝鮮戦争で壊滅的な打撃を受けて最貧国のひとつに転落し、北朝鮮にも後れを取り、財政の窮乏に喘いでいた。そこで、

  • 「赦し」とは  二・二六に想う

    この大きなテーマに、そう簡単に挑めるとは思ってませんが、それでも感じるところがあるので、少しだけ綴ってみたいと思います。 最近、「昭和の怪物 七つの謎」というタイトルの本が出版され、著者は、現代史研究家、ノンフィクション作家である保阪正康氏で、それをもとにしたいと思います。 その中に「渡辺和子は死ぬまで誰を赦さなかったのか」という章があり、2016年12月30日に満89歳で帰天されましたが、生前は

  • 沈みゆく韓国3 瀬取り

    やはり、この言葉が出てきてしまったのか。 そして、この問題の本質だったりする。 (※船から船へ荷物を乗せかえる密輸行為のこと。) それを排他的経済水域で行なっていたところ、日本のP1に見つかり、無線にも応答せず、あわててレーダー照射といったところ。 これ、徹底的に真相を究明し、「瀬取り祭り」になっていって欲しいな。 結局、森友学園のときも、マスゴミががっちりガードしてパワーバランスが崩れず、「辻本

  • ファンからの苦言

    益々韓国が道を踏み外していく姿を見て、深い憂慮の念を抱かざるをえません。 少しデリケートな内容で、あまり触れるべきことでないのは承知していますが、ネット時代なので、内外問わず、ある程度、知っている人は知っているだろうことを踏まえ、あえて、内向きに書かせてもらいます。 日韓の問題は、本当に根っこが深く、近代史から溯って古代史まで、ちゃんと理解していないと、とんでもない方向に向ってしまうことは、今まで

  • 沈みゆく韓国2 満州人脈

    「小泉政権は長期本格政権となる」 このタイトルからすると、色あせた感はありますが、内容としては、これからも全く色あせないであろう、過去を知るうえで、貴重な内容が詰まった本があります。 著者 河西徹夫 政治経済評論家 元国際勝共連合事務総長 かつて、この方の講義を、どれほど受けたであろうか、そして、今はどうされているだろうか。 韓国がアホなことを仕出かす度に、この本の内容が、いつも思い起こされ、深い

  • 「白村江の戦い」に想いを寄せて

    次から次へと、韓国はいろいろやってくれる。 率直なところ、レーダー照射問題は、おそらく青瓦台が軍部をコントロールできなくなったのではと思わされ、国家瓦解の予兆を感じる。 ところで、韓国という国は、情報制御された共産主義国家でなく、自由主義国家ですよね? こういう基本的なことに、確認が必要なくらい、韓国という国は・・・ いや、ほんとうに驚くほど、愚かというべきなのか、自国の歴史と、どのように向き合っ

  • 日韓併合に何が 伊藤博文登場

    あたりまえの話ですが、問題の解決には、その原点にまで溯らなければ、突破口も見えてきませんし、真実を知ることもないでしょう。しかし、その作業は、やっかいな勢力のおかげで、情報が操作され、なかなかたどり着けないのも事実。 世界を平和に導くには、全ての戦争の根本、聖書を溯って、失楽園の真相にまでたどり着かなければならないし、今あるやっかいな勢力の根本は、最低でも、ソロモン宮殿にたどり着かねばならないとも

  • まだ沈まない北と中国

    以前、触れましたが、数年前、太田洪量さん (国際勝共連合元会長)が講演に来られたときの内容が、非常に気になってまして、あれこれ引用しながら書いてみたいと思います。 つまり、共産主義という悪魔は7数を越えられないという講演内容で、よって、プー(キンペー)も終了していくようなことを話されていました。 このときは、年数のことより、中国共産党中央軍事委員会の彼は毛沢東から数えて6代目主席だったので、7数を

  • 沈みゆく韓国

    つい最近、夢を見ました。 韓国に洪水が押し寄せ、大量の紙幣が、海に沈んでいく光景でした。 すでに中国に首根っこ押さえられている現状を知れば、そのまんまの話で、べつに誰かに解いてもらうほどの内容でもないでしょう。 同じ日、北との会談もありましたが、抜け目ないあの国が、そう簡単にことを運ばせてくれるはずもなく、何の幻想も抱けません。 さて、仏壇の話 購入した仏壇に、仏さま、ご先祖さまが宿ってくださるよ

  • 再起動 淳子姫

    願望を込めてのタイトルですが、一周回って感じたこと。 姫を貶めたい人のタイプとして、教団問題に無理やり絡めて潰そうとする、明らかに確信犯的な左巻き。あとは、この世の裏を知らない、マスゴミに誘導される人々。 ナントカ弁護士連絡会なんて、親玉が国連を舞台に、慰安婦のウソ情報で売国行為やりまくりなのに、よく教団に向って反社会組織なんて言えたもんだ。 それ言うなら、「貞子VS伽椰子」の戦いみたいなもんで、

  • 狡猾!アグネス・チャン女

    怪人軍団のひとり、アグネス・チャンを、知って欲しいと思います。 彼女は、日本ユニセフ協会大使も務め、慈善活動に積極的でしたが、この日本ユニセフ協会というのは黒柳徹子が親善大使を務めるユニセフ(国際連合児童基金)とは全くの別機関で、日本国内の一般財団法人。 で、ピンはねして、自社ビル建立したり、ひなげし御殿を建てたりで、いわゆる貧困ビジネスをやってたみたい。だから、小野寺まさる北海道議会議員に正体を

  • 長妻ジャイアン理論

    最近、国会は突っ込み処が多すぎて、何を絞って書いたらいいか混乱してくる。 西田昌司参院議員が爆発したところから入ります。 「なぜ、5日の時点で(改竄前の文書の写しを)入手していたのに、出さないのか。8日には、改竄後の文書を国会に提出している。ふざけている。もはや財務官僚への信頼は地に落ちた。だが、いまだに財務省は『自分たちがナンバーワン官庁で、最も正しい』と思っている。自分たちの都合しか考えない改

  • まだ森友やってんの?

    これ、安倍さん追い込んでるつもりでしょうが、辻本清美がかなり追い込まれている気がする。 前にも触れましたが、表に出るか出ないかは、結局は善悪それぞれのパワーバランスの問題で、未だ「生コン祭り」になっていないところを見ると、裏の力がまだまだ強いのでしょうね。 地上波に毒されている方は、何のことかわからないかも知れませんが、とりあえず「関西生コン」「野田中央公園」「同和と在日左翼」でピンとくる人か、あ

  • 奥の手、血染めの黄熊(プー)

    中国の元首は国家主席であり、この任期は現在、最長で2期10年ですが、これが無期限となることが事実上決定されました。 近平は2023年に任期を終える予定ですが、今後は終身の国家元首となる可能性があります。少なくとも3期目の就任は確実視されており、内外の強硬路線が一段と強化されることは間違いありません。国内では人権弾圧が激化し、国際社会においては国際法を無視した挑発的な行為がさらに増すことになるでしょ

  • 川に落ちた犬は棒で叩け

    パシュート韓国代表 仲間割れで世界に見せつけた恨の精神 「(パク)ジウ(19)と私の2人は思ったよりタイムが良かったが……」  準決勝を逃したにもかかわらず、笑みを浮かべて語られた“敗戦の弁”。スピードスケート女子チームパシュート(団体追い抜き)で韓国代表(8位)が1回戦でまさかの「仲間割れ」を見せた。 3人の選手が縦に並び、最後尾の走者のタイムで競う競技なのに、韓国チームは最後尾のノ・ソンヨン(

  • オリンピック休憩

    羽生結弦くんの人気は凄いものがありますね。 80過ぎたおばあちゃんが、涙を流しながら喜んでいる姿もあり、老いも若きも関係なく、その存在に魅了されているのがわかります。 で、人間のサガとして、当然、男の関心は女性へと向う。 私は、小平奈緒の、あの獲物を追う野獣のような目に魅了されています。 日の丸を背負う者たちの、なんと美しいことか。 そして、主役は、あくまで選手たちであって、どこぞの国が美女応援団

  • 激闘!杉田水脈 歴史潜行戦

    今の時代、情報は自ら取りに行かない限り、何の真実も見えてこないかもしれません。 自分にとっては、もうひとりのボス、昔、連なり合っていた頃の先輩で、かつて、この方の勅命を受け、全国あちこちの選挙戦に参戦してきましたが、近年「祝日に日の丸を掲げる会」を発足。1回目の我那覇真子女史に続いて、2回目となる今回は、時の人、杉田水脈(すぎたみお)衆議院議員を講師として迎えました。 神戸市生まれで、櫻井よしこ女

  • 百花繚乱!さくら組

    サンクチュアリの竹内さんが、すばらしいのをリンクして下さっているので、こちらからも、貼っておきたいと思います。 こういう番組は地上波では拝めないし、皆さんも、早い段階でマスゴミに見切りをつけることをお勧めします。 (お年玉無料配信)【櫻LIVE】第272回 - 新春特番:安倍首相に華やかさくら組が迫る! 櫻井よしこ/我那覇真子/半井小絵/田北真樹子(全編) さて、この方々に関連して思うことを、簡単

  • 無知!芸人男 ウーマン村本

    新年そうそう、おバカ芸人が、またやらかしてくれてますね。 2018年元日の「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)に出演したお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」村本大輔。 評論家の小林よしのり氏は村本さんを「無知なおっさん」と呼び、「時間の無駄づかいはしたくない」として共演お断りを宣言。また、同番組に出演した筑波大学学長補佐・准教授で実業家の落合陽一氏は「小学校行こうぜ」と放送中の自身の発言をツイッ

  • 蛇性の淫!保育園女 山尾志桜里

    次なるは、怪人「山尾志桜里」女。 今、選挙の最中で、結局こういう場面で、国民の審判を受けるわけですね。 W不倫やら何やらで、ウワキーヌとか、ガソリーヌとか、ネットではすでに、不名誉な呼び名が定着してしまいまいたが、ここへ来ても、小林よしのりは、「国の至宝」とか何とか言いながら、本気で庇いまくっているし、凄まじい山尾愛が、かえって痛ましい。 もう怪人同士、よろしくやっていただくしかない。 しかし、問

  • 恐怖!工作員男 有田芳生

    さて、ショッカー本部が送り込んだ、次なる怪人は。 怪人「有田芳生」男 ショッカー朝鮮支部から派遣、名誉韓国人、意外と知られていない元共産党員。 こいつに完全にブチ切れているのが、橋下徹氏。 氏の出自が、週刊朝日に報じられた際には、「これは面白い」とか、反論に対しては「よくわからん言い訳」と言っていたくせに、所属する党の代表、レンホウの戸籍開示の件では、それを求めた人間に対しては「差別だ」と、部落差

  • 怪奇!ゴーマニズム男 小林よしのり

    選挙というのは、立ち位置がはっきりするので、いろんな人物の、それまで隠されていた部分を炙り出してくれたりする面もあり、けっこう興味深かったりします。 さて、ショッカー本部が送り込んだ今回の怪人は、怪人「小林よしのり」男 昔、ライダーカードを集めていたので、こういう怪人は、なかなか興味深い。 すこし難解な人物のようですが、軽く触れていきたいと思います。 ひところ、「ゴーマニズム宣言」を発表したりで、

  • 快刀乱麻 上念司

    日本は選挙モードで、地上波はどこも似たような関連ニュースばかりですが、マスゴミの悪意ある意図的な誘導に乗って、行くべき人が行かなくならない限り、結果はすでに出ている気もします。 本当は、これから歴史を掘り返していく内容に入りたかったのですが、このように、今、日本は重要な局面を迎えているし、しばらく国内情勢でいきたいと思います。 そもそもですが、今、なぜ選挙かということに関して、野党は、相変わらず的

  • あらためて森友

    選挙を前に、記者から「森友の件はどうなんだ」と、未だ突っ込まれている安倍総理の姿を、TVでみつけました。 てっきり、これ、もう終わっている話ではと思っていたので、少しびっくりしたのですが、もしかして、本当にマスコミは、未だ事の真相に、辿りついていないのではないか、私は別の意味、そのレベルに驚いており、民進党やらが、未だ、遠吠えのように叫んでいる姿をみても、やはり、辿りついた者は、まだわずかなのか、

  • 進化する太郎

    北朝鮮、そして中国の侵略、日本は今、未曾有の危機に瀕している。 この状況を認識している人は、「大義なき解散」などとは、誰も言わないだろう。 間違いなく、これは、危機突破解散である。 度重なるスクランブル、核の脅威、アレのおかげで行動を制限され、難しい判断が迫られているが、我らが防人たちの活躍によって、私たちは枕を高くして寝ていられる。 アレが中途半端なおかげで、北も中国も調子に乗り、ここまで来てし

1 2