• 秋の軽井沢へ④~湯川ふるさと公園~ 2018/09/15~16

    次にランチに行こうかと思ったのですが、 『湯川ふるさと公園』が手前にあるので 先に寄って行くことに✨ でも駐車場がいっぱい😲 なので、離れた所にある第2駐車場に停めました。 お散歩しながら、公園まで行き ドッグランを目指します🐶💨 ドッグラン到着! 空いてるぞ😊 朝、お宿のドッグランでも走ったからね! でも前日の分も走らないと💨 あら?走らない💦 やっぱり走りすぎ・・・そしてタリアセン

  • 秋の軽井沢へ③~軽井沢タリアセン~ 2018/09/15~16

    9月16日(日) 北軽井沢に来た時には、必ず高原野菜を買って帰ります。 今回はいつもと違う『羽生田農園』へ行ってみました。 夏に来た時には、嬬恋キャベツととうもろこしは買うかな。 レタスも安いのでいつも買ってます。 こちらの農園では、キャベツやとうもろこし種類があったので どれを買おうか悩みました。 ちゃんと試食も置いてくれています。 結局キャベツは『初恋キャベツ』、とうもろこしは新品種『ドルチェ

  • 京都へ行きました。 其之二

    2日目は今回第二の目的である京都御所へ向かいました。 一日目の記事 私が修学旅行で行った際は、事前登録をしないと入れない仕組みでしたが、現在は何時でも入れるようになっており更に無料のガイドが有るとの事なので、それに合わせて向かいました。 御車寄 天皇に拝謁に来た人向けの入口。 待合室も階級で分けられていたそうです。 新御車寄 大正天皇即位の際に新しく作られた車寄せ。 外観は和風ですがガラスが使われ

  • 秋の軽井沢へ②~南季の灯~ 2018/09/15~16

    9月15日(土)~16日(日) 焼肉ランチを食べた後は、またアウトレットに戻ります🚗 雨が降っていても、濡れないで歩けるようになってる😊 寒いので、ワンズに上着を着せて・・・。 いつも気づくとすごい時間が経ってるんだよね💦 軽井沢のアウトレットは広いので、結構な時間がかかります。 お天気悪いので、このまま北軽井沢にあるお宿へ。 毎年行ってる『南季の灯』に泊まります。 もう何度目かな。 お部屋

  • 【水呑地蔵院】(みずのみじぞういん)大阪府八尾市

    【水呑地蔵院】(みずのみじぞういん)大阪府八尾市 八尾市の東北部、十三峠に至る十三街道を上がり、峠まで八分目ぐらいの場所に位置する。斜面から張り出して本堂が建ち、その北側には鐘楼、南側には弘法水の小堂がある。 本堂からは大阪平野の広範囲を見渡すことができる。 本堂内に「水呑地蔵」と呼ばれる石造地蔵菩薩像が安置されている。縁起によれば地蔵菩薩は承和3年(836年)に僧 壱演により、この地に安置された

  • 秋の軽井沢へ①~ランチ~ 2018/09/15~16

    9月15日(土) 3連休の2日間を使って、軽井沢へ行ってきました🚗 あいにくの☔ 旅行で☔が降るのは、珍しいんだけどなぁ。 本当は9時にはアウトレット着の予定でしたが、1時間遅れ10時に。 予約してあるランチが11:15。 少し時間があるので、ちょっとだけ見て回ります🐾 あっという間に時間になったので移動🚗 初めてのレストラン、『焼肉 爛燈(ランタン)』に行ってきました。 こちらはワンコOK

  • 京都へ行きました。其之一

    京都の国立博物館で、刀の企画展が開かれ、薄緑を初め見てみたい刀剣が沢山あったので、思い切って行くことにし、ついでに泊まって修学旅行で行きそびれたスポットを巡りました。 先ずは京都国立博物館へ 東京国立博物館と違い、企画展をしていると常設展が見られないようです。 ゲームとコラボしているらしく、コラボ版音声ガイド貸し出しに長蛇の列ができていたので、ゲームをプレイしたことが無い私は伊武雅刀版を借りました

  • 行ってきました!北海道→東北㉔~那須ガーデンアウトレット~ 2018/08/01~12

    いよいよクライマックス。 今回の長旅、最終章です✨ 最後は那須のアウトレットへ。 今年10周年のようです。 最初の年から行ってるけど、早いなぁ・・・。 とても暑いので、コールドストーンでアイスを食べました。 ダンナ様と半分っこ! ダブルマンゴーを🍨 マンゴー美味しい😋 今年は生のマンゴーを1度も食べてないなぁ・・・。 そしてここのアウトレットは、いつもほとんどお散歩です🐾 あまり買うものない

  • 行ってきました!北海道→東北㉓~ゆりパーク~ 2018/08/01~12

    8月12日(日) いよいよ旅行最終日。 旅行中はあっという間に終わってしまいましたが こうして振り返ってみると、やはり長いですね。 親戚🏠を出発し、那須塩原にある『ハンターマウンテン』のゆりパークへ🌼 以前チェリーと一緒に行った場所。 リフトに乗って上まで登ります。 ゆりが満開🌼 リフトから眺めてもキレイでした。 リフトを降りて記念撮影📷 さぁ!ゆり見物。 お散歩しながら見て回ります。 昔

  • なんだかなぁ・・・。

    ご無沙汰な感じですね。 Blogしていることを忘れてしまうくらい(笑) 今年に入って、お付き合いしている人と別れて、 4月に部署異動があって、 人間関係、色々あって、 ちょっと、お疲れムードです💦 そして、今ちょっとした壁にぶつかってイライラ中。 今日の休日で少しリセットしようかと思ったけれど、 台風も近づいていてあいにくの雨…。 ドライブに行きたかったなぁ。 先日うどん県香川へ行ったことを書き

  • 行ってきました!北海道→東北㉒~大川ふるさと公園~ 2018/08/01~12

    8月11日(土) 大内宿を出て、まだ時間があるので 前に🎾をしたことのある『大川ふるさと公園』へ連絡を取り 空きを確認して、🎾コートを予約しました。 その予約まで時間が空いてしまったので 湯野上温泉駅に立ち寄ります。 駅前で写真を撮ろうとすると 目の前のお店からおじさんが出てきて・・・。 写真を撮って下さいました。 この湯野上温泉駅には、足湯があります。 そして囲炉裏もあります。 よくテレビに

  • 【玉祖神社】(たまおやじんじゃ)大阪府八尾市神立 (3/3)

    【玉祖神社】(たまおやじんじゃ)大阪府八尾市神立 八尾市東部・高安地区(恩智地区を除く旧高安郡13ヶ村)の氏神である。高安大明神ともいう。旧社格は郷社。710年(和銅3年)、周防国の玉祖神社から分霊を勧請したもので、その際、住吉津から上陸し、恩智神社に泊まった後、現在地に祀られたとされている。天明玉命(櫛明玉命)を祭神とする。 現在の社殿は、1725年(享保10年)の再建とされている。 かつては神

  • 【玉祖神社】(たまおやじんじゃ)大阪府八尾市神立(2/3)

    【玉祖神社】(たまおやじんじゃ)大阪府八尾市神立 八尾市東部・高安地区(恩智地区を除く旧高安郡13ヶ村)の氏神である。高安大明神ともいう。旧社格は郷社。710年(和銅3年)、周防国の玉祖神社から分霊を勧請したもので、その際、住吉津から上陸し、恩智神社に泊まった後、現在地に祀られたとされている。天明玉命(櫛明玉命)を祭神とする。 現在の社殿は、1725年(享保10年)の再建とされている。 かつては神

  • 【玉祖神社】(たまおやじんじゃ)大阪府八尾市神立 (1/3)

    【玉祖神社】(たまおやじんじゃ)大阪府八尾市神立 八尾市東部・高安地区(恩智地区を除く旧高安郡13ヶ村)の氏神である。高安大明神ともいう。旧社格は郷社。710年(和銅3年)、周防国の玉祖神社から分霊を勧請したもので、その際、住吉津から上陸し、恩智神社に泊まった後、現在地に祀られたとされている。天明玉命(櫛明玉命)を祭神とする。 現在の社殿は、1725年(享保10年)の再建とされている。 かつては神

  • 行ってきました!北海道→東北㉑~大内宿~ 2018/08/01~12

    8月11日(土) まだまだ時間があるので、親戚🏠近くにある『大内宿』へ。 もう何度行ったかわかりませんが、何度でも行きたくなるのですよねぇ😊 この日はいつもと違う、少し遠めの駐車場へ。 ここから少し歩きます🐾 暑いからちょっと辛いけど、わりとすぐに着きました。 いつも沢山の人で賑わっています。 展望へと行ってきました。 見晴らし良いのですよねぇ。 下へ降りて、見て回ります。 ここは冬に来ても

  • 行ってきました!北海道→東北⑳~鶴ヶ城~ 2018/08/01~12

    8月11日(土) 宿を出発🚗💨 本当はこの日で🏠に帰る予定でしたが、 最後南会津の親戚🏠に寄らせていただく事にしました。 旅行中に連絡して、行くことを伝えます💦 🚗で走りながら、何処へ立ち寄ろうか検討中。 久々に鶴ヶ城へ行ってきました。 ここに来るのは何度目かな。 暑かったね💦 会津若松市のシンボル、お城ボくん! お城の周りをお散歩🐾 この日もお天気で良かったね😊 桜の季節もとて

  • 【車折神社】(くるまざきじんじゃ)京都市右京区(3/3)

    【車折神社】(くるまざきじんじゃ)は、京都市右京区嵯峨朝日町にある神社。 社名は「車裂」「車前」とも書いた。 旧社格は村社で、現在は単立神社。祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)である。頼業は、学問で有名な清原氏の出であり、自身も平安時代後期の著名な漢学者・儒学者であった。大外記の職を長年務め、晩年には九条兼実より政治の諮問を受け、兼実から「その才、神といふべく尊ぶべし」と評された。 頼業が文治5

  • 【車折神社】(くるまざきじんじゃ)京都市右京区 (2/3)

    【車折神社】(くるまざきじんじゃ)は、京都市右京区嵯峨朝日町にある神社。 社名は「車裂」「車前」とも書いた。 旧社格は村社で、現在は単立神社。祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)である。頼業は、学問で有名な清原氏の出であり、自身も平安時代後期の著名な漢学者・儒学者であった。大外記の職を長年務め、晩年には九条兼実より政治の諮問を受け、兼実から「その才、神といふべく尊ぶべし」と評された。 頼業が文治5

  • 【車折神社】(くるまざきじんじゃ)京都市右京区(1/3)

    【車折神社】(くるまざきじんじゃ)は、京都市右京区嵯峨朝日町にある神社。 社名は「車裂」「車前」とも書いた。 旧社格は村社で、現在は単立神社。祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)である。頼業は、学問で有名な清原氏の出であり、自身も平安時代後期の著名な漢学者・儒学者であった。大外記の職を長年務め、晩年には九条兼実より政治の諮問を受け、兼実から「その才、神といふべく尊ぶべし」と評された。 頼業が文治5

  • 【斎明神社】(さいめいじんじゃ)京都市右京区

    【斎明神社】(さいめいじんじゃ)京都市右京区 859年(貞観1)伊勢齋王に卜定された文徳天皇皇女恬子内親王が、嵯峨の野の宮に篭られた際、天照大神を祀って潔斎した旧跡と伝え、それに因んで1344年(康永3)天龍寺慈済院の仏慈和尚によって創祀された。現在の本殿は1771年(明和8)に建てられたもの。末社には稲荷大神、愛宕大神、八坂大神、天満天神を祭る。簀屋祢(すやね)に覆われた神明造の本殿と江戸末期に

1 2 3 4 5 ... 117