• 私の好み=本>>>ドラマ>>>>>>>>>>>>>映画

    昨日、これ見ました。 THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション [DVD] メーカー:東宝 登録日:2006-08-11 カテゴリー:DVD こないだ、地上波で放送されてたからね。 先週、ステキな金縛り見て、 昨日、有頂天ホテル見たんだけど、 前者の方が私は好きかなー・・・ 有頂天ホテルは登場人物がいすぎて、 なんか訳が分からなくてw ごちゃごちゃしてて、 てか、全然内容がなくて、逆にすごく

  • 機動戦士ガンダム ORIGINⅡ と TAMASHII NATION 2015 を見に行きました

    機動戦士ガンダム ORIGINの第二話と バンダイのフィギュア関連の展示 TAMASHII NATION 2015 を見に行きました。 最初に見たのが機動戦士ガンダム ORIGIN 劇場の物販コーナーに展示してあったフィギュアとガンプラの作例 前回に引き続き戦前の話なのでほとんどアクションシーンが無い…。 しかし、試作機のモビルワーカーの戦闘テストが動きまくるので、開戦後の戦闘シーンが今から楽しみ

  • 図書館戦争とギャラクシー街道を見てきました。

    先日 図書館戦争とギャラクシー街道を見てきました。 図書館戦争は比較的に原作に沿っていた今までとちがい、最後の方はかなり大きく違っていました。 おっさんの女装を楽しみにしていたのですが、原作通りだとアクション的にかなり地味になってしまうのでしょうがない気もします。 主人公の同期の手塚の兄が今作で登場するのですが、 松坂桃李だとどう見ても兄と弟が逆に見えてしまいました。 ラストミッションというサブタ

  • 屍者の帝国、蒼き鋼のアルペジオ カデンツァ を観ました。

    屍者の帝国と蒼き鋼のアルペジオ 劇場版を視聴しました。 まずは屍者の帝国。 ネット予約画面を何気なく見ていたら運よく舞台挨拶付がしれっと出ていたので予約。 原作者の伊藤計劃が大好きですが、この作品は早逝された作者の絶筆作品で、円城塔が引き継いで完結させた作品。 その為、ごく僅かな拘りで原作は未読でしたが映画化されたので、見に行くことに。 フランケンシュタインによる屍者技術が普及し、労働力や兵力とし

  • 映画 ピクセル、キングスマンを視聴

    映画 ピクセルとキングスマンを視聴しました。 以前から楽しみだったピクセル。 宇宙探査衛星に搭載した地球のゲーム動画を宣戦布告と勘違いした異星人が、ゲームを模した兵器で侵略してくるというストーリー。 吹き替え版を観に行ったのですが、主要登場人物の声優が神谷明が、彼の声で「もっこり」や「お前はもう死んでいる」が聞けただけで満足です。 パックマンの戦いで岩谷教授役で登場した俳優さんのご本人の再現率がか

  • バレエボーイズ 見てきました

    スンゴイ、まんま、進行中のドキュメンタリーでリアルでした。 まあ、思春期の4年間ぐらいなら、特に何が変わる訳もなく、ストイックにバレエばっかしてるのでドラマにもなんない。数少ないドラマらしいドラマといえば、3人のうち1人が途中でバレエを辞めたけれど復帰した。また、3人ともバレエの学校に進学したが、内の1人は遠くイギリスに留学した。そのぐらい。 特に、まだ何をなしている訳もなく、そのうちの1人が、バ

  • んーーーーーーん!いいね!この映画!

    あのー! みなさん! なんか!なんか! このピクセルって言う、映画いいですね! キャラクターが、まさに、 ファミコンで、やっていたゲーム! パックマン! ドンキーコング! 面白かったですよ! 復活って感じで、でも!何で今頃って、感じ! みなさんもおわかりのとおり! でも!とっても懐かしいですよ! このゲーム! それで、KO~ぞーは、すぐさま、 連想!連想! パクパク!パックン! 幸せ パックン!

  • 映画も好きです

    読書も好きですが映画も好きです。 モントリオール世界映画祭で最優秀監督賞を受賞した時に映画館で観たかったけど観れなかった「そこのみにて光輝く」をDVDでやっと観る事ができました! 生きたいように生きられる人って、ほぼ苦労しないで自分の人生を生きている人って、何なんだろう?と思いました。 思うようにいかない人生、心に傷をおっている人、殺したいほどの人と暮らしていかなくちゃない不幸。 全部、理解できま

  • キングスマン KINGSMAN: THE SECRET SERVICE

    「これは映画じゃない」 この興奮が冷めやらぬうちにつらつらと 英国王コリン・ファース主演(と言っていいのか)のスパイアクション映画という下地に把握しきれな程のスパイスをぶち込んだマッサマンカレーのような痛快ぶっ飛びオマージュムービな本作。 スパイといえば秘密道具!万年筆、革靴、ライター、指輪がどこかで見た事あるような武器として男心をくすぐる。防弾兼武器としての傘なんて中二病患った人なら誰もが妄想す

  • ジャージー・ボーイズ

    60年代のポップスグループ『The Four Seasons』の半生をオリジナルメンバー4人からの証言をもとに描いた映画。ミュージカルから映画化になったためかラストシーンにはニヤリしつつ感動を覚えてしまう。 とにかく主要キャスト4人の歌声が鳥肌ものでまったく飽きない。The Four Seasonsについては全く知らなかったのですがどこかで聞いたことのある名曲が次から次へと流れ待ったく飽きさせない

  • ted2

    みてきました~。 おもしろかたです。 1の時から好きでした。 あのシモネタが 微妙に面白かったです。 ただ、混雑していたようで、 前から2列目でしかみれず 首が痛くなりましたが…。

  • 最近見た映画 1-あの日のように抱きしめて

    今回は最近見た映画についてです。 休みの日を決めるときは用事があるときなんですが、用事がないままの休みがあるわけで・・・。 先日、渋谷のBunkamuraで現在展覧会中の「風景画の誕生」を見に行くことにしました。 これはこれでまた機会があればブログを書きます。 そんなわけで意気揚々とBunkamuraに出かけた私ですが・・・。 Bunkamuraが併設されている東急の建物をふっと見たら今月初旬から

  • スイートプールサイド

    モーモールルギャバンが主題歌担当ということで知った映画。 気になっていたが公開当初は地方住みのためレンタル待ちしてようやく鑑賞。 いやーーーーー泣いた(?!) あらすじは『人にやさしく』で有名子役になった須賀健太くん演じるまだ毛が生え揃っていない男子高校生が刈谷友衣子演じる毛深いスイマー女子高生の毛を剃るというフェティシズム全開の青春映画 毛を剃ることに興奮を覚え次第にエスカレートしていくツルツル

  • ぼくらの七日間戦争

    おはようございます!! 昨日通勤中に、前のトラックについていたステッカー… 壊れた大人    いい人間 いい人間  いい人間… 自分の中で衝撃的でした。 最近、SDカードをパソコンに差し込みすぎたのか、パソコンに入れてもはんのうしなくなってしまいました(´;ω;`) なので今日は画像なし!! 本題です。 ぼくらの七日間戦争 (1988) Japanese Movie Full Youtube むか

  • パックマン

    昨日新宿を歩いていたら目を引く物体が wwww 映画「ピクセル」の宣伝用に作られたレゴブロックのパックマンでしたw しかし、良くできている これつくるのに何日かかるのだろう 写真は撮りませんでしたがドンキーコングやギャラガなんかもおりましたw 「ピクセル」公開楽しみだなあ

  • 夏の公園は活気で溢れていた

    まだ暑い日もありますが なんとなく夏が終わってしまった感があります。 大好きだったブライアントパークの映画上映も8月で終わり、 最終日はBack to the Futureだったこともあり 沢山の人でにぎわっていました。 マイケル・J・フォックスが出てくると歓声の嵐。 2016年も待ってるよ! ニューヨーク州(海外生活・情報) ブログランキングへにほんブログ村

  • アメーリーカ!

    リンカーンセンターの野外オペラ企画にて ウェストサイドストーリー(映画)を観てきました。 オープニングナイトだけ映画であとの日程はオペラをスクリーンで観れます。 曲が好きで世代でも何でもないけど、小さいころにみた映画。 「アメリカ」ていう曲のときのパフォーマンスは最高! チャチャチャ チャチャチャ アメーリーカ。 ニューヨーク州(海外生活・情報) ブログランキングへにほんブログ村

  • Aサインデイズ

    沖縄を舞台に実在の女性ロッカーの半生を描いた作品 Aサインというのは米兵を相手に商売が許可された店のこと 占領下の沖縄で青春のぶつかり合い そして日本となることの葛藤 そんなこんなが結構凝縮されて詰まっております そんな中、血を吐きながらも「スージーQ」を練習する姿が繰り返し繰り返し流れる様は圧巻 更には車一杯に積まれたキャベツを投げ合っての夫婦喧嘩のシーンは見事としかいいようがないw 今ではすっ

  • 友よ、風に抱かれて

    「地獄の黙示録」のフランシス・フォード・コッポラ監督作品 これは立派な戦争映画ですが戦争のシーンはわずかしかありません 主演のジェームズ・カーンは士官学校の講師を務める軍人 いわゆる陸軍士官学校的なところは、卒業しただけで士官となり、戦地へ贈られると小隊長となるのですよ、最前線の いわゆる少尉となって、今まで戦ってきた兵士たちをまとめていくという まあ、大抵は古参兵士にからかわれ、命令系統も経験値

  • Amy Winehouseを偲ぶ

    大好きなエイミー・ワインハウスにちなんだ映画が公開されていると知り、 観に行きました。 その名もAMY。 ドーン。 いやー、ところどころ出てくるライブのシーンやレコーディングのシーンに 酔いしれます。 グラミーをとる瞬間、感動しました。 破天荒系にみえるけど、純粋に音楽を愛していたエイミーが素敵です。 亡くなってしまったのが本当に惜しい。 ニューヨーク州(海外生活・情報) ブログランキングへにほん

1 ... 25 26 27 28 29 ... 30