• <ぼたもち>と<おはぎ>の違い

    <日本人が大切にしたいうつくしい暮らし>    著者・ 井戸 理恵子 小生は<ぼたもち>は関西・・<おはぎ>は関東での表現・・生を受けて70年余り同一の食べ物と信じてきました。 著者の説明では 春はぼたもち(牡丹餅)で、こしあん・ 秋はおはぎ(お萩)で、粒あん・・ それぞれ牡丹と萩で、季節の花を表現しています。  秋に収穫したばかりの小豆は柔らかいので、そのまま <粒あん>  時間が経った春は <

  • <今月読んだ本>

    4月に入り<睡眠障害?>があり体調が今一です・・ 気晴らしに雨天の日以外は2~3時間(10キロ)早足で歩いています・・ 本日も図書館に立ち寄り<新刊本>を10冊借りて来ました・・ 最近は<病気・健康>関係の書籍が多い・・無意識?ですが、その類を借りているようです・・4月に借りた本の一部から  がんを治すのに薬はいらない         著者・真柄 俊一  若年認知症の人の仕事場づくり       

  • <私の恋した雲蝶さま>

    3連休で度々出かける整骨院が休みなので、昼間はウオーキング・夜間は読書三昧??  今日も図書館で10冊返却・新規10冊借りてきた・ 通常の休日は小学生も数多くいますが今日はガラガラ・  お天気も良いので若い人達は<行楽や買い物に>出かけたのでしょう・・ 1・ 私の恋した雲蝶さま・いま蘇る越後のミケランジェロ    著者・ 中島すい子  2・ もう知らないではすまない・著作権     監修・ 奥田 

  • <幸運な偶然>

    著者・山崎 透(まちの幸福論ーコミニュウテイデザインから考える)・ 発行者NHK出版 その中で米国スタンフォード大学のクランボルツ教授が唱えたプランドハプンスタンス理論・・が紹介されている <幸運な偶然を起こす人が持っている五つの特徴>   1・好奇心・・・好奇心をもち、広げる 2・持続性・・・すぐに諦めず、やり尽くしてみる 3・楽観性・・・大半の恣意的なコメントよりも、一人の前向きなコメントを心

  • <ボクのインプット&アウトプット法>

    <一日に10冊の本を読み・3日で1冊の本を書く>  著者・千田琢哉(発行所・アイバス出版)  小生の生き様・口述等をそっくり編集された気がする内容でした・・ 小生のような凡人ではなく、優秀な著者が<簡潔で解かりやすく>執筆されています・・一気に読み切りました・・ 1・100点でスタートするする人は、不合格  2・100回繰り返し読める本に出逢うために、たくさんの本を読む 3・離れて行った相手を憎ま

  • <はだしのゲン>

    大阪・泉佐野市長が<差別的表現>と問題視して漫画本の回収をしている・・ <きちがい>等が問題?>・・??  <めくら> ・・目の不自由な人  <おしんぼ>・・耳の不自由な人  <びっこ> ・・足の不自由な人 <きちがい>・・何と表現するのかな?? この市長は名作と言われる数々の小説を読んだことが無いのかな??   無教養のトップの自治体では<図書館にある書籍>の大半が回収されてしまいます・・ 子供

  • <咲きたい花はかならず開く>

    <咲きたい花はかならず開く>  著者・ 紫竹 昭葉(しちく あきよ)   発行所・ KADOKAWA  著者の紫竹さんは、現在87歳の元気なお婆さんさんです・・ 北海道帯広市郊外で<紫竹ガーデン>を経営している。  25年前にガーデン(18000坪)を開業して、自然そのままに多種類の花を育てて いる。 全国から多くの<花好き>が訪問しているようだ。 以下著書の中から印象の残った言葉を綴ってみました

  • <津波と防災:三陸津波始末>

    先ほど<山下文男著:古今書院>を読みましたので一部を紹介します。 寺田寅彦博士の言で「天災は忘れたころにやって来る」という警句は有名です。 最近では「災害は忘れないうちに来る」などという人がかなりいるそうです。 災害直後のインタビューなどを聞いていると<70年生きてきて始めてだった><こんなことはお爺さんからも聞いた事がなかった」等のコメントが度々聞かれる。 我々は、ほんの少し前の災害の実相を簡単

  • <京論壇・きょうろんだん>

    久しぶりに興味深い書籍を読みました。 タイトルは次世代が語る日中の本音 <京論壇>とは日本の東大生と中国の北京大生が1週間ずつに日本と中国を訪問し、日中に山積みする「歴史認識」「安全保障」「経済」「環境」などの課題について議論するフォーラム。 2005年に運営実行委員会が発足し、2006年夏に第1回を開催。 2008年9月に第3回を開催。 人数は参加者および運営スタッフ合わせた毎年50名を超える。

  • <ボケ防止>

    誰でも年齢に関係なく痴呆症>に成るそうです。  予備軍(若干ピンボケ気味)の私は対策として読書?をしています。  週に1〜2日図書館に通い<数社の新聞・週間誌>を、拾い読みし帰りに<新刊本10冊>借りてきます。  ジャンルを問わず<政治経済・医療看護・宗教・スポーツ芸能他>の濫読です。 1日2冊平均のペースで、本年はお正月より約500冊(売価総額¥100万円位)を、超えました。  典型的な<速読・

1 ... 63 64 65 66 67