• 【産土神社】(うぶすなじんじゃ)大阪市平野区

    【産土神社】(うぶすなじんじゃ)大阪市平野区 志紀長吉神社の兼務社である【産土神社】(うぶすなじんじゃ)です。開運厄除けの宮。 創建は明らかではないが、もと牛頭天王社と称し素盞鳴尊を祀った。明治5年に産土神社(うぶすなじんじゃ)と改称し村社となった。旧社殿の棟札(屋根裏の柱に取り付け後世に記録を残す板札)に天保7年上棟の記述があったが、現在の社殿は老築化により昭和61年に建て替えられたものである。

  • 【産土神社】(うぶすなじんじゃ)「素盞嗚神社」大阪府大東市

    【産土神社】(うぶすなじんじゃ)「素盞嗚神社」大阪府大東市 大阪府大東市の灰塚に鎮座する産土神社(うぶすなじんじゃ)です。鳥居の額には「素盞嗚神社」となっています。敷地面積は広く立派な神社ですが、由緒等の案内板はありません。しかしながら、境内の立派なイチョウの木には大東市の「保護樹木等指定標識」があります。 また、この神社の横に【灰塚大峯堂】(はいづかおおみねどう)があります。 住所:大阪府大東市

  • 【産土神社】(うぶすなじんじゃ)大阪市此花区

    【産土神社】(うぶすなじんじゃ)大阪市此花区 宝暦12年(1762年)、大坂の島屋(浅田市兵衛)が正蓮寺川左岸の一角(現住友電工内)に新田の鎮守神として創建。昭和9年の風水害により被災し、昭和13年に現在の地に移転。境内に「旧恩貴島町島屋町大風水害復興記念碑」があります。御祭神は、天照皇太神、住吉大神、宇迦之御魂神です。 境内末社の御祭神;金比羅大神、恵比寿大神、稲荷大神、菓祖田道守命、倭姫大神、

  • 【産土神社】 (うぶすなじんじゃ)大阪市平野区

    【産土神社】 (うぶすなじんじゃ)大阪市平野区 由緒、創建年等は不明です。もとは牛頭天王社と称し、1872年に現在の【産土神社】 (うぶすなじんじゃ)と改称し村社となりました。御祭神は、素盞鳴尊です。 旧社殿の棟札(屋根裏の柱に取り付け後世に記録を残す板札)に天保七年上棟の記述がありましたが、現在の社殿は1986年に建替えられたものです。管理は「志紀長吉神社」がしているようです。 また、この神社の

  • 【産土神社】(うぶすなじんじゃ)大阪市平野区

    志紀長吉神社の兼務社である【産土神社】(うぶすなじんじゃ)です。開運厄除けの宮。 創建は明らかではないが、もと牛頭天王社と称し素盞鳴尊を祀った。明治5年に産土神社(うぶすなじんじゃ)と改称し村社となった。旧社殿の棟札(屋根裏の柱に取り付け後世に記録を残す板札)に天保7年上棟の記述があったが、現在の社殿は老築化により昭和61年に建て替えられたものである。  住所:大阪市平野区長吉出戸6-10-14 

  • 【産土神社】(うぶすなじんじゃ)大阪府東大阪市

    【産土神社】(うぶすなじんじゃ)大阪府東大阪市 この【産土神社】(うぶすなじんじゃ)は鴻池新田開発された地にある神社です。  由緒について;当神社の創建年月日は不詳ですが、伝承によると仁徳天皇(五世紀)の時代に、神武天皇のご東征のとき、鴻池の地がまだ海辺であり、初めて御足をつけられた場所に建てられた神社(御祭神「天照大神」)であるとされています。当神社は、江戸時代には鴻池家邸内に鎮座し、明治元年ま