• ユキとナナ レモンタルトさんの絵

    レモンタルトさんが私の2羽のセキセイインコ、ユキとナナを描いてくださりました! = ユキちゃんナナちゃん = 小さな手紙 〜レモンタルトの夢〜 かわいい~! ナナの緑のセーターと黄色い髪が本物のナナにそっくりの雰囲気です。 ユキも、白い腕が見えてて、目がパッチリして、よく考えて描かれているなと感心しています。 レモンタルトさんの軽やかな手書きの画風、私には絶対描けないです。 私は時間をかけ過ぎて重

  • A manhole picture

    マンホールのデザインに 色彩の絵の具を塗り 茶紙をはんこのように マンホールへ重ねる  路面店が並ぶ賑やかな場所と大きな木の横で パレットに赤青緑 キャップ帽子を被った日本人が 次々と数枚の茶紙に 鮮やかな色を織り交ぜていた 通り過ぎた人が立ち止まり その才能に驚嘆する マンホールのデザインに 色彩が加わると その茶紙は見事な絵画に変身してしまった ベルリンの身近な存在 外国人によって新しい命が芽

  • 水彩画展を観に・・

    三原色を極める 青江健二 水彩画展 7/20(金)〜7/31(火)  最終日。是非とも行かなくてはとの思いでワクワクの気持ちで行ってきました。 以前 その素敵な色味に惹かれて本を購入しました。以来時々眺めては癒されていました。なので、まさか鹿児島で個展をされるとは嬉しい限りです。残念ながらご本人には会えませんでしたが、ゆっくり絵を鑑賞してきました。 ギャラリーの方の了解を得て会場の雰囲気を。。。

  • ワイキキ イタリアン Arancino 、アクリル画

    週末のディナーに、イタリアンレストラン Arancino on Beachwalkへ行きました。 日本人に大人気のレストランなので、お客さんの半分以上が日本人です。   ミックスサラダ($14.00)。 野菜が新鮮で野菜自体の味がしっかりしている美味しいサラダ♪ シーバスのグリル($28.00) ガーリック味の新鮮なシーバス♪ 黒米が下に敷いてあるのですが、魚の味付けが濃いので黒米と一緒に食べて丁

  • ハワイ ホームセンター - a piece of ocean 2- (油絵)

    私は木版に絵を描くこともあり、 日曜工具やリフォーム資材を売っているホームセンターに行く事が時々あります。 ホームセンターの接客対応は、 日本に比べ とても親切で 色々な相談にのってくれます。 そこで、ハワイにあるホームセンター3つを紹介。 1) Home Depot アメリカの住宅リフォーム資材の大型チェーン店。工具からリビング用品、ガーデニング用品などを販売。値段も比較的安いので利用する人が多

  • 水彩画「フクロモモンガ」

    知人が飼っていた「フクロモモンガ」を遊び心で描いてみました。 やはり、2015年に描きました。

  • カイルア湿地の鳥

    2週間前、 カイルア湿地帯 Kaelepulu Wetland Bird Preserveで クロエリセイタカシギ(Black-necked Stilt, Hawaiian Stilt) が卵を暖めていたので 同じ場所へ行ってみました。 卵があった場所は、鳥の姿も何もありませんでした。 クロエリセイタカシギは数羽いたのですが、雛っぽい姿もなく。。。 クロエリセイタカシギの赤ちゃん、無事に育っている

  • 「和風美人」3 鉛筆画

    「和風美人2」をさらに加筆修正しました。 やっと、得心のいく絵になったという感じです。

  • ワカケホンセイインコとモンキーポッド アクリル画

    モンキーポッドの花にワカケホンセイインコが来ていました。 オスとメスのペアです。 お花をかじって、蜜を吸っているようです。 ハチも来ていています。 他にも、たくさんの鳥が集まっていました。 「この~木なんの木♪」のモンキーポッド、 「みんなが集まる木♪」なのですね。 この光景をアクリル絵具で描きました。 思うように描けず何度も塗りなおし、 オーバーワークの絵になってしまいました(~_~) 次はシン

  • うみねこ

    半年ぶりくらいに、描いたアクリル画。 F8号を2枚完成させました。 部分的にアップしま~す。(^O^) 空 海 うみねこ 次もF8号を2枚。 このくらいのサイズがちょうどいい。 気が向いたら描こうっと。 (秋かもしれない~(^_^;) )

  • キンノジコ雌雄判別(アクリル画)

    鮮やかな黄色の体が緑の芝生によく映えるキンノジコ(Saffron Finch)。 私の好きな鳥のひとつです。 カピオラニ公園やダイヤモンドヘッド付近でよく見ます。 黄色い2羽、私はオスとメスのペアだと信じているのですが、 本やWebでは情報が様々です。 ― オスは鮮やかな黄色で、メスはオスよりも色が淡くグレー~茶色の縞模様がある。 ― オスは鮮やかな黄色で、幼鳥およびメスはオスよりも灰色を帯びた鈍

  • オナガカエデチョウ (アクリル画)

    親指くらいの大きさの小さい鳥、オナガカエデチョウ、英名:Common Waxbill。 ホノルルでは、公園や道端の草の穂やフェンスにとまっている姿をよく見ます。 キマユカナリアなどの他のフィンチと一緒にいることも多いです。 食事をしない時は木の枝に移動し、仲良しのペアはくっついています。 かわいい♡ もっと鮮明な写真を撮りたいのですが、光が足りなくて難しい(>_<) 動画で見ると、もっとかわいい♡

  • 書籍:「こわくておもしろい幻想絵画」

    この本も図書館で借りました。内容は、神話や怪物を描いた古今東西の「幻想絵画」の名作を、『進撃の巨人』『魔法少女☆まどかマギカ』などのマンガやアニメ、『パズル&ドラゴンズ』などのゲームキャラと対比しながら、わかりやすく解説しています。内容的には小学生向けだと思います。

  • マンゴー(油絵)

    マンゴーの季節がやってきました。 ハワイでは、大きな庭のある家ではマンゴーの木を植えているところが多く 今の時期、実がたわわになって色づき始めています。 家の軒先に垂れ下がるマンゴー。 大きな木には、いーっぱい実がなっています。 熟した実は、地面に落ちて車に踏まれたりしています(>_<) 去年、描いたマンゴーの油絵です。 強い太陽の日差しを浴びて、色づくマンゴーを感じてもらえたら幸いです。 <制作

  • インコのビーズ遊び (水彩画) 

    ペットエキスポで購入した”誰かの使い残し”的なビーズ。 せっかくなので、我がセキセイインコ用にオモチャを作りました。 適当に切った3本の紐の両端にビーズを括り付け、 紐の中央を別の紐でまとめました。 私が作っている最中から、ユキもナナも凝視。 出来上がって、ケージの天井からぶら下げると、すぐに飛びついて遊びました。 ユキの遊び方は、激しい。 ナナの遊び方は、おとなしい。 紐なしでビーズだけでも、喜

  • それぞれの食べ方 ワカケホンセイインコ (アクリル画)

    注意深く野鳥観察をしていると、同じ種類の鳥でも、 それぞれ個性のある食べ方をしているのが分かります。 例えばワカケホンセイインコ。 ワカケホンセイインコがヤシの実に集まっています。 熟していない固めの実を しなやかな手つきで 美しく食べるオスのワカケホンセイインコ (#^.^#) 熟した実をワシ掴みして、舌を出してガップリと噛みついている メスのワカケホンセイインコ (*_*; 別の木でも食事中の

  • コガネメキシコインコ描きました (アクリル画)

    コガネメキシコインコをアクリル絵具で描きました。 先週末ペットエキスポに行った際に、コガネメキシコインコがたくさんいて オレンジ色が鮮やかで綺麗な姿を見て、描きたいと思いました。 モンステラは、 ペットエキスポの帰りに寄ったレストランに生えていたモンステラの葉に スズメ達が乗っていて、可愛かったので、そのイメージを合わせて♪ 写真及び絵の無断転載を禁止致します。Copyright © Oharu

  • キンノジコ Saffron Finch

    キマユカナリアほど数は多くありませんが、カピオラニ公園でよく見かけます。 体の色は、黄~オレンジ色で綺麗~。 キマユカナリアも黄色ですが、キンノジコの方が目立ちます。 もともと南アメリカに住んでいた鳥で、ハワイには移入の鳥。 日本ではペットとして売られているようです。 マノア渓谷にもいました。 雨が降ってきた! ワイキキは晴れていても、マノアは雨、という事が多いです。 ピントがあった写真が撮れてい

  • 海 - a piece of ocean - (油絵)

    昨日は5月最初の日曜日。 1日中 晴れて、心地よい乾いた風が吹くハワイらしい天気でした。 海も青くて綺麗~。 海の表面をじっと見ていると、グラデーションで塗りつぶされた色ではなく、 点々と色々な色が混じっているのに気づきます。 海の表面を描いた場合、 筆だけでは表現が難しいなぁと思って試作してみたのが 砂を使った絵。- a piece of ocean - ワイキキの砂を使った油絵(on wood

  • ショウジョウコウカンチョウ探し マノア渓谷

    ショウジョウコウカンチョウ(英名:Northern Cardinal)探しに マノア渓谷へ行きました。 いつものカピオラニ公園付近では、ほとんど見かけないので 少し山寄りに行けば会えるかなと思い。 早朝、マノア渓谷に到着してすぐ、 シリアカヒヨドリとコウカンチョウに会いました。 マノアのコウカンチョウは、カピオラニ公園のコウカンチョウより 鮮やかな赤色のような気がします。 首の黒いラインの幅が狭い

1 2 3 4 5