• 「妊娠小説」

    これもBlogで紹介してもらった本です。 私にとっては初めて読む評論本。あるテーマをもとに、いろんな作品を分類していってどういうタイプのものかと断じている。 「妊娠小説」とは、定義によれば「望まない妊娠をする」小説だそうです。中絶、死産、流産などが書かれています。 いやあ、日本文学って「妊娠小説」だらけですね。有名どころの芥川賞作家だってそういうの書いてますよね。 様々な分類をしているのですが、中

  • とんび(重松清さん)

    ★4 父子の人生についての波乱万丈なお話でした。 読んだきっかけはこれまで、新刊のミステリーとかばかりだったけど、昔からの良本を読みたかったので、ネットでのお薦めを見て選びましたが、選んで正解でした❗ まず、話の舞台が自分の地元と同じ瀬戸内というところから愛着が沸きやすかった点 読んだタイミングも自分も子供が7才になったところで、子育てで共感できるところや、これからのことで感動するところも多かった

  • こういう時どうします?

    私馬鹿ですね、昨日薬局で買った薬をどこかにやってしまいました。 基本私の部屋には本と服しかないので、本の間か、服の上に置いてあるはずです。ひっくり返すと混ざってしまうので、ひっくり返さないように、上から見て、探しましたが見つかりません。 こういう時、どうします?あきらめて寝るか、ひっくり返すか。いっそのこと部屋掃除してしまうか。コロコロしたくなるからなあ…。 ところで、イタリア語を学んでいた知人の

  • ☆彡読書とスポーツの秋宣言?♬

    突然ですが、今年の秋は読書の秋とスポーツの秋にしようと思います。 読書は元々好きで、この時期じゃなくても結構本は読んでいるのです。最近買った本がこれ。 西加奈子さんは、元々好きですが、これは読んだことなかったので買いました。 辻村深月さんは、結構有名な方ですが、読むのは初めてです。 柚木麻子さんは、「アッコちゃん」シリーズを読んで、最近好きになりました。 そして、休みの日だけですが、早起きしてウォ

  • 読書の秋ですね~

    こんにちは! 連休中読んだ本です。 面白かったので一気に読んでしまいました。 夫が定年を迎えたお話で、同世代ということもあって 「そうそう、そうなのよー」と共感する所が多かったです。 一見何の問題もなさそうな家庭ですがそれなりにいろいろあって、 女性の仕事、家事、子育ての大変さ。 定年で旦那さんがずっと家にいる奥様のお気持ちも 「うんうん分かります 分かります」と (笑) 定年後は家の中のそれぞれ

  • 本が届きました!ひゃっほー!

    紀伊国屋に注文していた本が届きました。 10冊ですから持って帰ってきました。 アマゾンに注文していた中古のユングも届きました。案外と薄い本だったので、これは読めそうだ。内容が難しくないことを祈りつつ。まだ後日アマゾンの中古が数冊届く予定なので、楽しみです。 ほかにどんな本を買ったかというと、昭和史関係、バタイユ関係、あと中南米の作家の短編集、琳派の本などですかね。ここに重なっている以外に10冊以上

  • 「エンジェルボール」飛騨俊吾 著(双葉文庫)

    舞台は広島県、そして因島。 主人公が活躍するのは「広島東洋カープ」 42歳のオヤジが広島東洋カープの守護神として活躍する物語。 但しそれはたったの一年間。野球を題材にした大人のファンタジ―。 2007年から2008年の物語・ <野球は知らなくても、興味がなくても、十分楽しめる!!> 双葉文庫の紹介文がこちら ***************** 1 トラック運転手をしながら小学生の息子二人と広島県因

  • 9月の総括と10月の目標

    9月の総括~。 健康:19日から熱を出して微熱がずっと続きました。その前まで研究会でストレスがかかっていたのでそのせいもあるのだと思いますが、たぶん、季節性の自律神経失調症だと思われます。そのほか、これも自律神経失調性の胃炎がまだ治りきっていません。 体重:なんと目標体重から3キロ増になってしまった!!あと2キロ増えたら標準体重になってしまう!危機的状況!でも10月はストレスが多いので絶対食べてし

  • amazonプライム特典。

    申し込んだ記憶もないのに、自分もなってたamazonさんのプライム会員。 たぶん、お試しでなってみませんか?の文言に拒否し忘れたものだと思うが。 気付いた時は、その強引さ?に多少憤慨もしたけど、 今、だんだん都合よく利用してる。 もしかしたら、元とれてるかもしんない。 最初の印象は、買ったものの配送料がお急ぎ便も無料なる?ぐらいのものだったけど、 たくさんキンドルの無料の本が読めて、 無料のビデオ

  • なかなか治りません

    昨日まで工事中だったスーパーで梨を買ったら1個138円。昨日の店は高すぎた。品物も悪すぎた。もう二度とあんなところで買うものか。 今日も早退しました。3時の時点で7度超えたので、これから悪くなると困るからと帰ってきました。仕事がないわけじゃないんです。腰を据えて、しっかり取り組まないといけない仕事があるんですが、まず、腰を据えるところまでいけません。縦になっていることがつらくて、座っているのがしん

  • 前をむけない日もあるさ

    今朝になって熱が再発してしまいました。 菓子パンばっかり食べてるからですかね。でも、だって、おいしいんですもの。ちゃんと野菜とかお肉も食べてますよ?でも主食が菓子パンなのです。今、新製品が続々出されていて、コンビニに行ったら迷わず買ってしまうのですよ。 この連休中、一日に一食くらいは、お寿司にしたり、コンビニのスープにしたりということはしているのですが、菓子パンLoverの私は、平日菓子パンを食べ

  • 初投稿

    こんばんは!底辺大学生の虎二郎です😆😆 このブログでは主に底辺大学生の日常や、本のレビュー、資格の勉強状況を報告していきたクスゼイアン(Mr.都市伝説関さん風) まずちょっとした自己紹介から 名前 虎二郎 住まい 大阪 年齢 21歳卍コブシデ 趣味 本屋巡り、インテリア 部活 ボランティア部 好きなお酒 ビール、梅酒、ウイスキー 挑戦中の資格 TOEIC600、宅建、FP2級 と行った感じです

  • 空海のこと

    私のライフワークの一つが「空海」なんですが、これも理由があります。 空海が遣唐使として唐の都長安に行ったときにはすでに「大秦院」というものがありました。大秦とはローマ帝国もしくはそれに関連するもので、大秦院とは、景教すなわちネストリウス派キリスト教の寺院のことです。 空海はきっとこれを見ているんだと思うのですよ。 そして、空海の学んでいた真言密教には、ネストリウス派キリスト教に通じる教えが結構ある

  • 経済理論の原則

    シュムペーターの本です。 借りました。 読むのに時間かかりそう。 ネットで見ると、概要がわかるから便利だ。 内容を予想すると、 経済発展には消費を促す要素が常に必要であり、 その要素を産み出すのが企業家。 企業家に必要な資金を供給するのが、銀行。 いい本は原作も読むべきだと思う。 世で言われている事だけではない発見があるものだ。

  • 楽しくなりますように

    今週は、うちの職場の就職面接があって大変ばたばたします。私もタイムキーパーとして会場で待機するので、今から時間計測するタブレットPCの使い方を覚えなければと思っています。いやいや私のガラケーでいいじゃないかと思うけれど、公平性がどうとかで、タブレットの時計で時間を測るのだそうです。 応募者の中には外国人もいるので、私も借り出されるわけですが、「フランス語でしか受け答えが出来ない私がどうして!」状態

  • 最近やる気が出ません…。

    午後からカフェに行って、世界史地図を開いて。 古代から現代まで。 たーのしー!!! …。気が付いたら夕方でした。 あかん。あかんあかん!!仕事するつもりで行ったのに。仕事全然できなかったじゃないか。 あかんわー。 最悪だわー。 はまってしまうと時間を忘れる癖、いい加減何とかしたいです。最近は読書で夜が遅くなり、気が付いたら2時過ぎになっていて、慌てて寝る始末です。それで二度寝してるんだからしょうが

  • フランス語教室→本屋さん

    二度寝ばんざーい!! 早起きしてご飯食べて、二度寝です。 慌ててフランス語教室へ。ぎりぎり到着です。だからやる気が出ませんでした。 なにやってんだか。せっかく生のフランス語に触れる機会なのに。 フランスでも学校での体罰っていうのは問題になっていて、昔は子供のほうが、学校で体罰があったことを親には言わなかったそうですが(なぜなら親からも体罰を食らってしまうので)、最近はそれが明るみに出るようになり、

  • コエーリョ「ザ・スパイ」

    最近角川から文庫化された、コエーリョの作品です。 珍しくスピリチュアルではない作品でした。 内容は、マタ・ハリとその弁護士の手紙です。手紙からマタ・ハリの生涯を描き、時代に呑み込まれ混沌のうちに処刑された「ロシアの二重スパイ」の真実の姿??と思われるものが書かれています。 彼女は、国民の目をそらすために、逮捕され、裁判にかけられ、処刑されたのですね。それまでのフランスのあらゆる作戦の失敗を、彼女の

  • 逆説の日本史 信長巻

    戦国時代を検証する卷で、 信長が行った幾度かの虐殺が、 世に言われる程残酷な行いであったか否か、検証していた。 結論は、時代背景を考えれば、 特別には、残酷ではない。というもの。 いや、ちょっと待て。待て待て待て。 確かに、信長に虐殺された勢力にも非はある。 他に解決方法もなかったかもしれないし、 時代背景を考えれば、戦略の一環であったのであろう。 しかしだ。信長の生涯において、 数回にわたって繰

  • E.ブロンテ「嵐が丘」

    最初から最後まで、愛にがんじがらめになりながら、魂をきゅうきゅういわせて読み終わりました。 今までフランス文学に偏りがちだったので、最近イギリスものを続けて読んでいたのですが、この本はイギリスだからとかそういうこととは関係なく、大変、苦しかったです。 私には、最初から、途中でも、ヒースクリフが悪人には思えませんでした。悪いふるまいをするたびに私も心が痛くて。復讐だなんていうけれどそんな簡単なことじ

1 2 3 4 5 ... 17