• サンクチュアリ教会

    このブログは、基本的に、教会との接点がない方などへ、外向けに発信しており、教会としては、すでに天が用意した、必要なサイトが存在しており、上級者は、ぜひ、そちらへアクセスしていただきたいのが本懐で、重複を避けるため、ここでは、極度な会員向けの内容は控えていこうと思います。 しかし、ここに訪問してくださった方には、ぜひサンクチュアリ教会に関心を持っていただきたいし、何より幸せを掴んでもらいたいと思って

  • レインボーマン誕生

    この作品の主人公、レインボーマンことヤマトタケシは、この世の悪から日本を守るために我が身を顧みずに孤独の戦いを続ける。 だが、時代は科学万能によって、相も変わらず。 人類は「人権」を口にしながらも、愚かな殺戮が行われている。 果たして地上から戦争の無くなる日が来るのだろうか。その時を心から祈っている。 川内康範 虹の男 如来の化身 ここに誕生 時は戦乱 1971年、インド、東パキスタンが起こした印

  • 秘密結社 死ね死ね団

    出発時、自身のカテゴリー「闇に挑む」で、少し触れましたが、このブログの一つの目標として、悪の中枢に向かい、告発、白昼のもとに晒していくことなのですが、その向う先には、グローバリズム、シオニズム、イルミナティ、それらの存在が、がっしり城を構え立ちはだかり、我々をあざ笑うかのごとく、様々な政略や大衆誘導の術を使い翻弄してきています。 なんとも気が遠くなる想いですが、しかし昨今、若旦那の登場で、がぜん状

  • 闇に挑む クリスマス編

    今年も、そういう季節になってきましたので、軽く触れていきたいと思います。 しかし、これに関しては、子供たちが楽しみに待っていることだし、その笑顔を思い浮かべると、どうしたものか、とはいえ、大人は一応、知っておいた方がいいかもしれません。 すでに、いろんなサイトで検証され、ある程度、正体も暴かれているので、あまり詳しくは書きませんが、12月25日は、イエス様のご聖誕ではありません。 コンスタンティヌ

  • 闇に挑む タルムード編

    日本人の特質として、他の文化に接したとき、その寛容さゆえに、多くの思想を、何の疑念もなく、受け入れてしまっている部分があると思いますが、たとえばダーウィンの進化論。 こんなもんが大手を振って歩き、NHKまでもが「ダーウィンが来た」と、べつに頼んでもいないのに、唯物思想のオッサンに勝手に来られ、いいかげん子供の教育番組に、このタイトルなんとかならんのかと、いつも感じてしまう今日このごろです。 さて、

  • 闇に挑む ホロコースト編

    みなさん、用心してください、歴史は書き換えられていますよ。 これまでの流れでいきますと、はたしてホロコーストは、本当にあったのだろうかという疑問さえ、浮上してきますが、いかがでしょう。 私は、なかったとは思ってませんが、少なくとも、これまで我々が知らされてきたようなものではなく、もっと違った現実が横たわり、真実が覆い隠されていると、強く感じています。 なぜなら、連中の姿が、おぼろげながら、見えてき

  • 闇に挑む シオニズム編

    正統派ユダヤ教徒 VS シオニスト ヘビのおっさんが、今どこに住んでいるかを知りたい方は、今後、シオニズムという言葉が、ひとつのキーワードになってくると思いますので、覚えておいたらいいと思います。 学者でもない私ですが、それでも、いくつかの現代史の事件を追ううちに、少しずつ、わかってきたこともあり、そのあたりを、庶民目線でお伝えしたいと思います。 現在、世界に蔓延する戦乱の、すべての根本原因は、こ

  • 闇に挑む 奴隷貿易編

    人間の自由と尊厳を守るために さて、この世を2重構造の支配下に治め、歴史さえ塗り替えている連中のことを考えると、この罠を掻い潜り、戦える人間は、いったいどれほどいるだろうかと、考えてしまいます。 一つだけ言いたいとすれば、我々は、あまりにユダヤ支配の価値観から、抜け出せずにいるということ。 ハリウッドから発信されれば、誰もが、かなりの影響を受けますし、とりわけ、知名度の高いスピルバーグであれば、な

  • 闇に挑む アンネ・フランク編

    教育というのは、恐ろしいもので、例えば、韓国や中国のように、幼い頃から学校という正規の教育機関で、反日を教え込まれれば、そこには、何の疑念もなく、大人になっても、受け入れたままの状態が続き、本人の中では、あたかもそれが真実の如くに既成事実となってしまう。 南京虐殺や、慰安婦問題など、歪曲された歴史にしがみつく人々がいるのも、おそらく、そういう頭の構造からであり、そこからは、何の真実も見えてこない。

  • 闇に挑む イルミナティ編

    以下は、かつて別の交流サイトで発信した内容です。 悪魔は様々なところに、種をまいて、現在に至っていることに気づかされます。 イルミナティとは何でしょうね それに挑むというというのは、文化そのものに挑むようなもので、まずは、それが何なのか、知ることから始めるしかありません。 秘密結社の名前なのですが、私はその昔、オカルト路線に走るのを嫌い、考えるのをやめ、自ら封印してきたいくつかの存在があります。

  • 闇に挑む 序

    このブログは、道を迷われてる、あるいは何も知らない一般の方へ向けたメッセージであり、すでに自分の行くべき道を悟り、進まれている方には、あまり目新しいものはありません。 あくまで個人的なブログで、自分の頭の整理も兼ねながら、知るべき人に知ってもらいたいのが目的です。 ゆるりと出発しますので、ご了承ください。 さて、私が気づき始めたのは、この世の支配が二重構造になっているということです。 問題なのは、