• いよいよ冬まっしぐら!

    朝起きて窓の外みたら一面の雪! 天気予報も2、3日は雪マーク とうとうやってきました雪の季節 今年はなかなか寒くならず 冬も異常気象かと思っていたけど やっぱり天の神様は容赦ないか 昨夜仕事帰りに撮った雪降り模様 子供の頃から街灯越しの降雪を見るのが好き 暗い空から急に湧き出て落ちてくる感覚 顔全体に雪が当たる 冷たいけど目の前で急に生まれる雪の 落ちてくる有様がそれに勝る こんな空も大好きなんだ

  • 華麗にスルー@雪

    展望台によくある案内板や案内地図 そこは足元に直径2mくらいの 円形の地球を模したものが埋め込んであって 矢印の先はリオデジャネイロとかサンフランシスコ、パリ・・・ 世界の都市が矢印で指し示されていた これでは視界の範囲に入る島や山の峰が 何(という名前)なのかさっぱりわからなかった 雪と足元を見ながら 「これじゃわからないね~(^^;」と 2人で笑い合った 車へ向かおうと歩き始めると 建物を挟ん

  • 次に向けて@雪

    イルミネーションを見に行きます。お泊りで だいぶ前から決めていたこと だからその前に この前の旅行のこと 気持ちの整理をつけておかないと 楽しめないだろうな。と思って どう書いたらいいか ずっと キーボードにのせた手が止まっていた -------------------------------------------------------- 行ったところはすべて私の希望を汲んだものだった 食べた

  • さっぽろホワイトイルミネーション

    先日大通公園まで行ってきました。 去年も雪降る中でしたが今年もまた時々激しく降る中色々撮りました。 雪の向こうのテレビ塔 3丁目 ブルーミングファウンテン ラベンダーの花がモチーフとか 石屋製菓のビルを公園のイルミネーション越しに

  • 嫁とは言わない@雪

    雪は奥さまのことを「嫁」とは言わない カミさん といいます 「うちのカミさん」とか 「カミさんがさ~」とか (私は雪の奥様を知っているので 〇〇ちゃんと名前でいいます) 確かに 雪が「嫁」と言ったらなんだかおかしい だって 雪は婿だから れっきとしたお婿さま 先代から全てを託された人だから そんなお婿の雪は 家では「カミさん」を「ママ」と呼びます ママ・・・ 言いやすいよね 世の中の母親の半分くら

  • 嘘をひとつ@雪

    ストーブに薪をくべていたら何かがポトリ 死んだカメムシでした そのままストーブへ、、、 数時間後、また薪を足そうと扉を開けると ものすごい臭いでした カメムシ恐るべし(ーー;) 嫌われ者のカメムシ 死んでもなお ・・・だけど私そうゆうの嫌いじゃないよ ------------------------------------------------------------- 雪に小さな嘘をついた 私

  • ごみ箱行き@雪

    あぁそうだった@雪 - 雨と雪 当てつけとかではなく 私も写真をごみ箱行きにした (直近だけを残して) 写真が見たければ カップルアプリのアルバムを見ればいいのだから そもそも 初めて雪が「写真撮ろう!」と言い出したとき 私はすごく驚いた 写真なんか撮っちゃっていいのーー?!って だから初めてのツーショット写真は とてもぎこちない顔をしている 私は断捨離が大好きで 実家にあった卒業アルバムやら昔の

  • 高ボッチ山    諏訪湖越しの富士山

    三連休の最終日、長野県塩尻市の高ボッチ山に行ってきました。 「日本一美しい撮影ポイント」と言われるだけあって、夜中からたくさんのカメラマンがいます。空気が澄む11月~12月の、道が冬季閉鎖になるまでの数日で天気が良い日がねらい目です。 5:02 5:08 5:27 5:33 5:35 5:40 5:45 5:50 5:55 5:57 6:00 6:06 6:10 6:13 6:16 6:19 6:

  • あぁそうだった@雪

    しばらく雪との旅行ネタが続きます 楽しかった旅行ですが 引きずっているのは 小さくてつまらない一コマばかり(^^; 雪はスマホで撮った私との写真を カップルアプリのアルバムへupすると スマホから削除してしまう 危機管理として当たり前のこと わかっていた お風呂上がりに部屋で休んでいると このカップルアプリの操作が わかりづらいと話しながら雪が写真をupし始めた 風「upしたら写真どうしてるの?消

  • 長すぎた@雪

    雪との旅行 2泊3日は長すぎた 私ではなく雪が。 雪は 2日目の宿に入る前から 3日目の(帰る)ことばかりが 頭の中を巡っているようだった 今回の旅の一番のメインはこれからなのに チェックインが済むやいなや 明日のことばかり言う ゆっくりしようのんびりしよう。。と もちろんそれで構わない けどね 半年前から予約した高級旅館 元々ゆっくりしたい私に対して あれもこれもと予定を詰め込んだのは雪 1日目

  • 杞憂@雪

    雪と旅行へ行った 初めてのお泊りはいきなりの2泊3日 そんなつもりはなかったけど 私は出発の何日も前から 緊張していたようで 出発前夜は全く眠れず 当日は肩がガチガチに凝ってしまっていた とりあえず 先日書いた件に対する結果を一言 杞憂(笑) だったなと。。。 私はやっぱり、、 今はまだこのままか これは私自身の性格なのかな 少し後退した部分もあるような 旅行そのものはとても楽しかった 今書くとだ

  • 現実逃避@雪

    雪と関係を持つ前だったか・・ 雪が運転しながら これから深い関係になっていくことについて 話していた 私は相変わらずぼんやりと窓の外を見ていて あまり真剣に聞いていなかったのだけど 要は 「真剣なんだ」「遊びじゃない」 「ずっと先まで考えてる」とか なんとか、、 そんなことを話していて 私は 「こんな現実逃避みたいなことして」とか 「不倫なんてのは現実逃避以外の何ものでもない」とか そんな答え方を

  • …わたしは…雪……

    あなたは…わたしの名前って…知ってる? 知らないでしょ… わたしは…雪…… 私の名は…"ゆき"……漢字は違うけれど  せめて…それくらいは… あなたの記憶に残しておいて…  他にも…私の血液型…誕生日…居場所… 私のことは…何一つ…まだ… あなたには…知られていない… 知られないまま…終わるかもしれない あなたを好きな"わたし"だけ…ここに残して   それだけで…あなたから忘れさられて 消えてゆく

  • 秋満喫コース@雪

    ‘黄昏流星群‘のワードが飛び交っていたので 見てみました 黒木瞳さん、きれいですね。。。 ------------------------------------------- 雪と久しぶりのおでかけ 新米、、新蕎麦、、新小豆 秋の味覚は美味しいものがいっぱい 紅葉を楽しみたくて それなら~と併せて 新蕎麦のあるエリアへと向かいました 先日デビューした御朱印もどこかでいただけないかと 調べたら、紅

  • デートのはじまり@雪

    ドライブデートが多い私たちは コインパーキングで待合わせることが多い 最近、雪は駅からも近い場所に 月極駐車場を借りた 朝陽に向かって 待合わせの駐車場へ行くと 大抵雪の方が先に来ている 私がバックで入庫している間に 車から降りて来て様子を見ていた雪は 私が運転席から降りるなり 近づいてキスをし 「今日もきれいだ」 「風は今日もきれい」と 満面の笑みで迎えてくれる デートのはじまりは いつもそんな

  • 嘘ってわかる@雪

    雪と出かけた日の前日 仕事を休んでいた雪 仕事上、基本(国内なら) 雪の携帯に着歴を残すか ショートメールを入れるか 人によってはラインを入れるかで 折り返し(指示)がくるから どこで何してようが構わない デート中 話の流れから昨日は 「結婚式」だったと言った その後私は何も聞いてないのに 「いとこの」と言った 場所は東京 ハイ嘘ですね(笑) すぐにわかった 以前もそのワードあったんです 「結婚式

  • あがらない理由@雪

    昨日はあがらない理由を書いていたら 批判なんだか愚痴なんだか、、(>_<) 最終的に毒吐きみたいになって どんなに丁寧な言葉で書いても なんだかどす黒い文章で (こうゆう時の自分がほんと嫌になる、泣) 書いては消し書いては消し(どんだけ暇なんだ・・・) 結局 upやめました 雪とのデートが近づいていますが 全然気持ちが上がらなくて (理由はわかってる) でも 会えばきっと楽しくて 目も当てられない

  • 好き。って言って@雪

    結局雪は指輪を取りに行った 約束@雪 - 雨と雪 あのあとしばらくして 「取ってきたよ」と連絡が来て 翌朝デスクの上に置かれていた 雪は思いついたら待てない(^^; 風「ありがとう」と言う私に 雪は「ご褒美~」と言う 誕生日も近いことだし 風「いいよ!なんでも言って」と答えた 数日後 雪が言った 雪 「ねぇ、、ご褒美~(ちょうだい)」 風 「なになに?言って」 雪 「俺のことどう思ってるの・・・

  • 田舎を紹介します👍

    こんばんは🌇 あべ けんです^_^ 今日は僕の地元を紹介します!! 新潟の田舎です👍 18歳の時に上京して、 お盆と正月に帰っています😊 夏は暑く、 冬はとにかく雪が積もるところです(^^; ヤバイですよね…😓 多い時で3メートルほど積もって、 屋根に積もった雪の重みで ふすまが開かなくなるほどです(^^; ま、そんな地域なのでスキーは 必ずやらされます! まだリフトに乗れない小さい頃から

  • 快晴の北穂高岳  富士山も雷鳥も見えた

    3連休の1日目〜2日目を利用して、北穂高岳に山登りに行って来ました。 1日目沢渡バスターミナル4:40発の始発のシャトルバスに乗って上高地に入りました。 天気予報通り快晴の河童橋付近。 明神 徳沢 キャンプ場、もともとここは牧場だったそうです。 地面はふわふわの芝生のキャンプ場でした。 横尾 ここで涸沢方面と槍ヶ岳方面に別れます。 本谷橋 ここから先が本格的な登りになります。 ニッコウキスゲの群生

1 ... 2 3 4 5 6 ... 15