• ガラス細工のダンディズム

    里山近くまで ドライブに行きました。  三つの峰があり、その山容が食物を煮る時に使う三脚の鉄器に似ているところから 『鍋足』の名が付いたと言われてる里山です。 右の方の山からも 左の方の山からも登りましたが  先日は中央の山の少し登った所にある滝の氷瀑(ショボかった)にも行ってきました。 鍋足山を 道の駅の駐車場から写真を撮りました。 駐車場側で 既に 新芽を付けた枝も見る事が出来ました。  道路

  • 強風の為 急遽 滝へ行きました。

    生瀬富士へ行くか、おかめ山へ行くか、鍋足山の麓の滝へ行くか 車を走らせてる最中も 何処へ行こうか 迷ってました。 時期的に 滝のつららはまだ早そうなので、生瀬富士とおかめ山のどちらにするか? 昔 TV番組のTRICKで刑事役で出演していた生瀬勝久がちょっと苦手で  そんな理由で 生瀬富士は却下、おかめ山へ行く事に決めました。 おかめ山に近づくにつれ 道路わきに立ってる旗が  風で勢いよくパタパタな

  • 明日にします

    今日 朝から風が強くて寒くて 里山に行くのを断念しました。 ブルッ! ザブ~ィ! この寒い時期に 早朝 暗闇の中 ワクワクで山に向かって車を走らせて ルンルンで雪道を駆けずり走り廻る方々を 私は 半分尊敬、半分はアレですが… 1月は少なくとも3ヶ所(生瀬富士のリベンジ、おかめ山のリベンジ、滝の氷瀑)に 行こうと思ってます。 明日 どこに行こうか まだ迷ってます。 生瀬富士は頂上よりも 頂上の先の展

  • なかなかアレですけど…

    昨日 朝から青空に清々しい風のトッピング。   体調も軽く なかなかアレなんですが… 篭岩山に行ってきました。 そんなにハイキングにハマってる訳ではありませんが、行ける時に行かないと。 車で片道1時間強のところにある篭岩山へ行ってきました。少し前、ほぼ直角に梯子が掛かった籠岩で上まで登ることが出来ず 撤退したところですが、籠岩山はどんなところか気になっていました。  地図を見ると 徒歩13分のとこ

  • 目には目を 

     生瀬富士ハイキングの途中で見た山の稜線です。 日曜日に里山(赤沢富士)をハイキングしましたが、その時 下り坂で落ち葉を踏んで滑って右の膝を痛めました。右の膝をかばって歩いてたら左の膝も痛めました。  また 久しぶりに歩いたので体中がガタガタで痛いです。階段の上り下りが大変でした。 膝痛にはサポーターが良いとのブログを読んでたので 昨日 膝用のサポーターを購入して 膝に取り付け階段を歩いたところ 

  • 久しぶりに里山に行く

    天気予報と都合の良い時間がマッチングしない日が続きましたが、久しぶりにマッチングしたので 里山に行ってきました。  車で1時間30分くらいの所にある里山で人気があるところです。 土曜日に行ったので沢山の人が訪れていました。  お手軽なハイキングコースで 富士ヶ平山(赤沢富士)~三角点~鶏足山~鶏石をピストンで歩きました。 朝9時過ぎに駐車場に着くと既に車が7台、ハイキングの準備をしてる間に2台が来

  • 未来は楽しいかも

    今朝 TVの占いで おとめ座はGOODでした。 所用で出かけると鷹が柿の小枝に止まってました。きっと鷹でしょう…  トンビとは様子が違うように見えます。  私に気づいて 山の方に向かって飛んで行きました。 私が良く読んでるメセタさんのブログで関東ふれあいの道シリーズがあります。 たまたま 私が山城跡の散策でウロウロしていた場所を歩かれたブログがありました。 私が歩いたコースと逆のコースを歩かれてま

  • 今日 行ってきました

    今日 行ってきました。 先ずは大中神社に参拝。 『今日1日 良い日でありますように!』  帰り際 この小さな小さな神社が 外人だらけに… どーゆーこと?  少し歩くと 鍋足山入口の石碑が建ってました。大中登山口から登りました。  道はこんな感じです。舗装されてて 車でも 先の方まで行けるようです。  行けますが 対向車とすれ違う事が難しい道なので 私は歩いて行きました。  紅葉の時期は過ぎてしまっ

  • 里沼の鳥たち

    ダイサギが優雅に舞い ターンした方向に白鳥がいました。  冬がやってきたと実感します。 反対側の岸辺には 沢山の鴨がいました。 ハゼ釣りをしてる人と眠ってる鴨が 木の柵を境にして  うまく住み分けをしてるのを見ると のどかな中に しみじみ平和を感じます。  ここには小さくて低い堤防で回りを囲んだ小じんまりした漁港があり  魚やシジミを獲って生計を立てている漁師の方がいます。 堤防の縁にマガモがいま

  • 良い事がありますように…

    今朝 日の出を見ようと思い 海へ行きました。  雲がかかって シャキッとした日の出は見られませんでしたが…   日の出も見たかったのですが こちらの神社に ご挨拶の目的もあり… 昔に比べて 随分 人が来るようになり 朝から元気です。  今は わざわざ遠くから参拝に来る人がいます。 特に 年末は増えます。 この神社の昔を知ってますので 複雑な心境ですが… この神社を 特に有名にしたのが この亀です。

  • 寒いです

    籠岩山に行くか 鳥を撮影に里川に行くか 寒くって里川に行きました。 浜モンが最近買ったカメラで撮ってみました。    さぶ~ぃ! 鳥の名前は分かりませんが 写真を撮ってみました。  多分 夫婦だと思いますが 何処へ行くにも一緒でした。 私に気づいて対岸へ 猛スピードで飛んで行きました。  辺りから色々な鳥の声が聞こえてきますが 何処にいるのか分かりません。 見つけても 猛スピードで逃げて行くので 

  • 里山に人がいる

    『何という日だ!里山に人がいる。』最近 里山で人を見かける事が多くなった。 今までは人を見かける事などほとんどなく 自由な格好でハイキングをしていた。 首からデジカメをぶら下げ 左手にペットボトルの入ったコンビニのビニール袋… 里山ですれ違うグループの人に 私の格好をジロジロ見られ 何となく恥ずかしく…。 たまたま紅葉シーズンなので増えたのか それとも 里山ハイキングがブームに? 短時間で頂上に行

  • 登山口が分かりません

    前回 籠岩から籠岩山へ登るハイキングコースを歩こうと思いつき籠岩に行ったが、山道の先が急な崖になっていてロープはちぎれてるし 籠岩山へ行くのを断念しました。  景色は楽しそうでしたが安全第一、一人歩きなので無理はしない。  上山ハイキングコースと書いてあった割には 危険な感じがしたのでネットでよく調べて見たら 急な崖の下り坂は 別なルートで登ってくる登山コースでした。 私はつつじが丘からの別のルー

  • 宝くじを買いに行きます。

    宝くじに関しては そこそこの思い出があります。 35年くらい前 社宅に住んでいました。 出張の帰りに 有名な新橋の宝くじ売り場で宝くじを買って帰りました。 浜モンが既に20枚買っていて、私が20枚買って帰ったので ちょっと買いすぎたかなと思ってました。それでも、浜モンには  『社宅に住んでる人には 宝くじは絶対に売るなよ。当たったりしたら 関係がおかしくなるから。』と、何度も 何度も念を押してまし

  • 一行詩

    私が学生の時 一行詩を書いて道端で詩集を売ってる友達がいました。 彼は長男で3人の弟がいましたが、父親が破天荒な人で 父親に分からないように 夜逃げ同然にして新しいアパートに引っ越しをした時に 色々と手伝いをしました。 今 彼の一行詩を 時折 思い出す事があります。  ~ 蟻は砂糖しか食べないのに 何故 心筋梗塞にならないのか! ~ 私はこれを見て『そんなの知らねーよ!』と言ったのを覚えてますが、

  • 筋肉痛です

    先週の金曜日 里山(西金砂山)で アドベンチャー恐怖の時間を 無料体験させて頂きました。 体中の筋肉が痛くて、痛くて… どーもです。 日曜日に地区の運動会がありましたが、私は町内会の副組長をしてる関係で 綱引きにエントリーしてました。 私の代理で運動会に参加してくれる人などいる訳がなく、 当日は フラフラしながらも 綱引きに参加しました。 体中が痛くて歩くのも座るのも痛いのですが、思いっきり 綱を

  • 里山で道に迷う

    近場で面白い里山がないか探していたら yamasanpoさんのブログで西金砂山にご夫婦で登られてるブログが見つかった。写真には私と同年配と思われる奥様が沢伝いに登ってる場面が映っていて ご主人のコメントは逆川で沢遊びをしながら登ったと書かれてた。 面白そうなので、どの場所にあるか調査を兼ね 西金砂山と東金砂山へ行ってみた。 どちらの山も 頂上に神社が建っている。 最初は近くの東金砂山(494m)へ

  • 久々に晴れたので…

    台風が通り過ぎ 久々に晴れたので 山の方に車を走らせました。 台風が通り過ぎたばかりなので きっと 山の方に行く人はいないだろうと… 林道に入ると人はいませんでした。 というか、林道は台風で折れた枝木や 葉っぱなどで 大変な事になってます。 車が1台とちょっとくらいの道幅で 道はクネクネしていて 急勾配の下り坂では 濡れた枝木や葉っぱでハンドルがとられます。 ガードレールはありますが 片側は急な崖

  • 振り返ってみると…

    ブログを書き始めて そろそろ1年かなと思ってたら 1年以上過ぎてました… 書き始めは 川柳もどきのGO7GO(5 7 5)を詠んでましたが、 段々と詠む内容が無くなってきて 水彩画に切り替えてはみたものの センスと技術が乏しく じり貧になり 現在は中断中。 水彩画の風景探しで田舎を散策してたら たまたま城跡に出会い、 戦場跡が見たくて それから 藪の中の山城跡を歩き回ってると  少しずつ里山も歩く

  • 隣の芝生は青く見える

    雨の日が続いてましたが 久しぶりの青空と澄んだ風… 昨日は朝から雨で 男体山に行けませんでした。 今日は時間が少しだけ取れたので 少しの時間でも行って帰れる所という事で、 鳥観図のような山の稜線を見る事が出来る尺丈山に行きました。   クッキリとした山の稜線が見えます。      中央にもっこりした山が見えますが、男体山です。 晴れた日に 登ろうと思ってます。  左側の山が 先日行った八溝山です。

1 2 3 4