681系のムラゴンブログ

  • ディテールアップ

    こんばんは、akiringです。 ここ最近取り組んでいることがあります。 それは車両のディテールアップであります。 ちょっと手を加えることで車両のリアリティは格段にアップするものです。 KATO製681系の貫通顔はライトまわりをブラックアウトしてみました。(左) 先日施したTN化と電連の交換もあって、かなり顔が引き締まりました。 つづきましてはマイクロエース製103系東海色の前面TN化であります。

  • 電連を交換して

    注文していましたTNカプラーが入荷しましたので、早速作業に取りかかりました。 先日ご紹介致しました681系と683系の電連を交換して、実車の姿に寄せてみました。 681系と683系の電連は写真のように大型のものが2段となります。 せっかくなので実車の写真です。 なかなか立派な電連がぶら下がっています。 ささやかな部分ではありますが、そこはやはりこだわりたいところであります。 勿論連結シーンもキュン

  • ほぼほぼTN化工事は完了

    去年からこんなことばかりやっている気がします。 そう、TNカプラーの加工です。 主にKATO製の先頭車両のカプラーをTN化してきましたが、 ようやくその作業にも終わりが見えてまいりました。 今回は胴受けがストレートなJC6356を切り刻み、カプラーボックスの上下接合部を 半田ゴテで溶かして整形するという作業を施しました。 今回TN化工事を施したのはKATOの681系と683系です。 写真は683系

  • 連結フェチ

    今宵も夜更かしを楽しんでおります。 先週行ってきました敦賀駅でサンダーバードを堪能してまいりましたが、 やはり西日本の車両は魅力的であります。 そんな中でもやはり気になるのは前面同士の連結であります。 連結フェチの俺としましてはコレをおかずにメシ3杯はいけちゃいます。 ってなワケで… ドーン! 681系しらさぎにつづきまして683系も増備であります。 先日入線しましたリニューアル車の増結編成。 早

  • 683系 リニューアル車

    JR西日本の数ある車両の中でも683系は大好物であります。 683系は"雷鳥"などで使用されてきた485系の置き換え用として登場した 681系の増備車として2001年3月から運用が開始されました。 681系と683系は車両単位での連結はできませんが、編成単位での連結は可能で、 681系と683系が連結して運用される姿を見ることができます。 "しらさぎ"で使用されていた683系2000番台は現在直流