• 【バイク】ABS付バイクのフルード交換について【メンテナンス】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 最近のバイクにはABS、アンチロックブレーキシステム、直訳するとブレーキでタイヤがロックするのなんかクソくらえ!!\(◎o◎)/!ふざけ過ぎましたね(笑) 要はタイヤがロックせずに一番いい制動をサポートしてくれるシステムです。 タイヤはロックしてスライドすると制動距離、ブレーキしてとまるまでの距離が伸びてしまいます、しかしブレーキをかけないと止ま

  • 【バイク】チェーンオイルについて考えてみた【メンテナンス】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日はチェーンオイル、掃除について考えようと思います。 まず、チェーンにはシールタイプ、ノンシールタイプと2種類存在します。 シールというと こんなのを想像しますよね? 実際このイメージでいいです、要はチェーンにオイルを持続させるためにチェーンのリンク(一個一個のこと)にそれぞれシールが貼ってあってオイルやグリスが流れ出ないようにしている。っとお

  • 【バイク】DUCATI916系【どうなの?】その2

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 さて916系の話ですが、前回の記事で乗りにくいとはっきり言いました。 ではなぜ916系を3台も乗ったのか それは 乗りやすいからです!! 矛盾していますか?そうですね、矛盾していますが矛盾していないんです。 前の記事にも書きましたが、この916系は異様な前傾姿勢、ステップの位置やお尻の位置が当時の国産バイクにはない様な位置にありました、強制的にレ

  • 【バイク】DUCATI916系【どうなの?】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難うございます。 なぜ私の記事はDUCATI系がおおいのか、それはDUCATI916 748R 999 998と乗り継いだ経緯があります。 試乗を含めればもう少しありますが、一様保有ということで計4台のりました。 そのうち3台が916系と呼ばれるモデルになります。 916系と言えばこの横目のバイク。Massimo TamburiniとSergio Robbiano

  • 【DUCATI】DUCATI999前期後期の違い【バイク】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 今日はDUCATI999の前期後期の違いについて書いていきます。 ぱっと見、前期後期の違いはありません。 しかし微妙にかわっています。 まずはフロントカウル これが前期型です。 後期型はこれです。微妙にフロントの顔つきが違います。 あとシートレールがシルバーから黒にかわっています、これは前期でも対策品に交換されているバイクは黒色になっています。

  • 【ツーリング】先導車の心得【バイク】その2

    今日もこの記事を読んでいただき有り難うございます。 昨日の続きから書いていきたいと思います。 昨日の記事では、ラインどりを重点的に解説しました。 直線的なブレーキング、対向を見やすく大きくまわる、道の端は危険がいっぱいと そこまで注意しておきながら、後続車のチェックをしなければなりません。 写真は忍者250ですが、大体みなさんのバイクもこんな感じだと思いまうす。 おそらく、真後ろ、ハンドルを握った

  • 【バイク】上手な運転の仕方【ドライビング】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難う御座います。 平日の朝に投稿を心がけています。土日祝はお休みで(#^.^#) さて、みなさんも気になる上手な運転の仕方ですが、実はこの記事を読んでる時点であなたは上手です。 このタイトルで気になったということはおそらく自分のライディング、ドライビングスタイルに何らかの不満があるとおもいます。そしてその不満を解消したいとも考えている。 その行為、行動がすでに上手

  • 【DUCATI】スリッパークラッチについて考える【スーパーバイク】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難うございます。 今日はスリッパークラッチについて考えたいと思います。 車、特にマニュアルミッションに乗られた方ならこのスリッパークラッチの構造、というか良さがわかるとおもいます。 また、最近の国産バイクのスーパースポーツ系(CBRシリーズ GSX-Rシリーズ ZXシリーズ YZF-Rシリーズ)のバイクにも装着されはじめています。 まず、スリッパークラッチとはなに

  • 【バイク】空気圧のあれこれ【出発前チェック】

    今日も記事を読んでいただきありがとうございます。 前回のツーリングのあれこれにもつながるのですが、空気圧についてです。 タイヤの空気圧はとても重要です、バイクのタイヤの接地面積は名刺1枚ほど、それが前後で2枚ほどになります。それはなぜか、タイヤの種類にもよりますが基本的にバイクは傾けて曲がるため、傾けやすいように 山型になっています。車では キャンバー角で対応できますが、バイクでキャンバー角を付け

  • 【バイク】ツーリングでのあれこれ【注意】

    今日もこの記事を読んでいただき有り難うございます。 少し風邪気味で投稿が遅くなってしまいました。 さてツーリングでのあれこれですが。基本的に大人数でのツーリングには通過する各都道府県の警察所に移動ルートと時間の明細の提出、確認承諾がいります。地域によってちがいますが40台50台規模の話です。5台ぐらいでは問題ありませんし、だいたい警察官も「う~んいいんじゃね?」的な感じで終わります。 ただ、このツ

  • 【バイク】世の中、中国圏の製品が増えています。【部品】

    今日も記事を読んでいただき、ありがとう御座います。 今回は私の通販(ヤフオク)で売ろうと思いつつ、DUCATI998のステップ位置に不満があり、ちょうどいいので中華製のバイクのステップを購入してみました。 さっそく開封 見た感じよさそうに見えます しかも、ステップ位置がいろいろ替えれるフレキシブルタイプ これで有名メーカーのステップの1/5から1/10の値段で買えるとは、そう思っていました、つける

  • 外車っぽくエンジンを見てみたぱ~と3

    前回の続きです。 今日もこの記事をよんでいただき有り難うございます。 前回、ボクサーエンジン(水平対向)とV型180°の違いを説明するところまででした。 V型180°エンジンは実はフェラーリのエンジンにも使われたことあるエンジンなんです。 ここでやはりどう違うのかが気になってきます。 違いはズバリ、クランクシャフトの形、もうちょっといえばピストンの動くタイミングがちがうのです。 写真のピストンの位

  • 外車っぽくエンジンを見てみたぱ~と2

    前回の続きです。 BMWのボクサーツインエンジンです。水平対向エンジンなんて言われており、BMWのバイク以外ではスバルやポルシェなどがこのエンジンを採用しています。 みてのとおりシリンダー、エンジンの爆発する燃焼室が横に向いています。 これが大きな特徴になっています。バイクにまたがると自分の膝よりもエンジンが出ていることに驚きます。 ではこのエンジンなにがいいんでしょう? それは圧倒的な低重心、こ

  • 外車っぽくエンジンを見てみた

    本日もこの記事をよんでいただきありがとう御座います。 聞かれたら答えるネタはあるんですが、いざ自分から話すとネタはなかなかでてきませんね(@_@;) 今回はエンジンについてです。輸入バイクと言えば「DUCATI」「Aprilia」「BMW」「KTM」このあたりが出てくると思います。 このバイクメーカーをエンジンで見ると 「DUCATI」 L型2気筒 「Aprilia」    V型2気筒orV型4気

  • 【必要?】DUCATIの維持について【全車両】

    今日もこの記事を読んでいただきありがとう御座います。 平日の朝8時に更新を目指していきます(^^)v さて、DUCATIは壊れるときいたことありませんか? 実際こわれます(@_@;) では、なぜ壊れるのか、それはDUCATIがデスモドロミックという特別な機構をもつエンジンで部品点数がおおいからです。 しかし、きちんとメンテナンスすれば、壊れることはありません。 デスモドロミック(以下デスモ)は信頼

  • 【中古】ヤフオク中古バイクはどうなの??【購入】

    今日もこの記事を読んでいただきありがとう御座います 海外の中古バイクサイトを見ていると、すごくうらやましくなってくる。 新車価格は日本で買うのもさほどかわらないが このDUCATI999RがUSD7000.00日本円で約70万で約4700マイル、約7500Km 前期型の999とはいえ「R」がこの値段で売られている。 輸送費が安ければかんがえるんだけど、輸入して書類あつめて検査かけてとめんどくさいな

  • 【始動】DUCATI998インジェクター、【動作確認動画】

    前の記事でも書きましたが、日本国内にはもうインジェクター単体では中古以外出回っていません。ASSYでスロットルボディ込で新品保管してあるところはあるかもしれませんが、それも価格はすごいことになっています。 そこで私が作らせたOEMインジェクターが必要になってきます。 まずは始動動画をみてください。 変な吹き方もなく、シッカリと燃料を拭いてくれてます。 両方とも交換しています。 インジェクターが新品

  • 【確認】中古DUCATI購入1098シリーズについて【絶対】

    画像は拾い物ですが、DUCATI1098シリーズ、DUCATI996RからDUCATI998シリーズのエンジン、テスタストレッタエンジンを組んだDUCATI999シリーズの後継モデルとなったマシン。もちろん1098もテスタストレッタエンジン(1098はテスタストレッタ・エボルツィオーネという名称になる)である。 スーパーバイク選手権のレギュレーションにのっとり排気量は1099ccに排気量があげられ

  • 【中古車情報】DUCATI999はここがネック【注意】

    懐かしい写真が出てきたので記事に(#^.^#) これDUCATI999のシートレールです!999前期ですね。 999の前期後期の見分け方はまた今度と言うことで。 999のシートレール後期型は対策されていますが、これが折れるんです。(後期型はだいぶ折れにくくなってます、前期型の人は変えるのをお勧めします。) まーポッキリと、その理由としてこのシートレールでサイレンサーを支えるというのが1点、DUCA

  • 【秋空】すっかり、秋の気温に【DUCATI】

    すっかり秋空、秋の気温になってきました。 本日も当記事を読んでいただきありがとう御座います。 写真は去年の京都の清水さんに行った時の写真なんですけどね(#^.^#) カメラはSONY α700とちょっと古い一眼レフです 難しく、全然つかえませんね この季節は涼しくバイクも機嫌がいい時期ですね。ただ路面に落ちてる葉っぱでスリップはしないように・・・ 単独ならいいですが、相手がいたらたいへんですからね