八尾市

  •  【楠稲荷大明神】(くすのきいなりだいみょうじん)八尾市 【楠稲荷大明神】(くすのきいなりだいみょうじん)八尾市

    【楠稲荷大明神】(くすのきいなりだいみょうじん)八尾市 服部川に鎮座する。神社沿いの池・鳥居の赤・大きなくすのきの緑のコントラストが美しい神社です。境内にある大きな「楠木(くすのき)」は、八尾市指定の保全樹木(指定番号 33-1・2)です。拝殿の左奥に小さな祠が1つあり、また、道を挟んで鳥居の前に祠が1つあります。 この神社の近くの史跡としては、服部川八幡宮、佐麻多度神社、俊徳丸鏡塚があります。

  • 【玉祖神社御旅所】八尾市 【玉祖神社御旅所】八尾市

    大阪府八尾市郡川に【玉祖神社御旅所】があります。この御旅所内には児童公園が整備されており、隣接して郡川の地車格納庫と太鼓台格納庫があります。 この場所から山側へ向かって八尾農免道を通り、北へ約15分歩くと【玉祖神社】(たまおやじんじゃ)があります。 場所:大阪府八尾市郡川5丁目 (撮影:2017/3/5) 👇 【玉祖神社御旅所】八尾市服部川付近。 「常楽寺」 所在地:大阪府八尾市郡川5丁目

  • 【安楽寺 子安地蔵尊】(あんらくじ こやすじぞうそん)八尾市郡川 【安楽寺 子安地蔵尊】(あんらくじ こやすじぞうそん)八尾市郡川

    【安楽寺 子安地蔵尊】(あんらくじ こやすじぞうそん)八尾市郡川 近鉄信貴山口駅から線路沿い西に角地があり、そこに【安楽寺 子安地蔵尊】(あんらくじ こやすじぞうそん)があります。現場は住宅地の角地で大きなヒバの木・地蔵堂・石水桶等、整然としています。地蔵堂の中には、かなり年代が経ったと思われる石仏が3体鎮座しています。線香台には「安楽寺 子安地蔵尊」となっています。境内地内には墓石や宝篋印塔など

  • 【妙見菩薩】(みょうけんぼさつ)八尾市黒谷 【妙見菩薩】(みょうけんぼさつ)八尾市黒谷

    【妙見菩薩】(みょうけんぼさつ)八尾市黒谷 近鉄の信貴山口駅を降りて南側に見える階段を登り左へ行くと、【妙見菩薩】(みょうけんぼさつ)の鳥居が見えてきます。 【妙見菩薩】(みょうけんぼさつ)について;「元は北極星・北斗七星を神格化した道教の神を、仏教に取り入れ菩薩としたものであり、北辰妙見菩薩、妙見尊星王とも呼ばれます。妙見菩薩の霊験は絶大で、国土を守護し、災厄を除き、また長寿、眼病の治癒にも力を

  • 日蓮宗【本照寺】(ほんしょうじ)八尾市 日蓮宗【本照寺】(ほんしょうじ)八尾市

    【本照寺】(ほんしょうじ)八尾市 由緒については、境内に「本照寺復興之碑」があります。そこに記されている内容は、「永録元年 開基光要院日○上人にして創立する。寳永二年 正徳、寳歴年間に再度の火災に遇い第六世日治上人本堂を再建する。寛政十二年 鎮守堂、鐘楼堂、薬○門の三ヵ所布屋久左衛門建立する。更に妙見堂、奥座敷の二ヵ所浅田可兵衛寄付建立する。文化十三年 第十七世日○上人の代に衆檀同心協力して諸堂落

  • 【北川神社】(きたがわじんじゃ)八尾市 【北川神社】(きたがわじんじゃ)八尾市

    【北川神社】(きたがわじんじゃ)八尾市 鳥居には「北川大神」となっています。 地元の人に尋ねると1年ほど前にこのような神社になったとの事です。しかしながら、由緒書きや案内板はなく、まだ未完成にように思えます。境内には、手水舎、観音様など全て真新しいです。また、境内の近くに磐座(いわくら)と呼ばれる巨石と、塚古墳が存在します。 場所:大阪府八尾市黒谷5丁目5 (撮影:2017/3/5)

  • 朝鮮寺【安滝寺】(あんろうじ)八尾市 朝鮮寺【安滝寺】(あんろうじ)八尾市

    朝鮮寺【安滝寺】(あんろうじ)八尾市 「妙見寺」から歩いて3分ほどで朝鮮寺【安滝寺】(あんろうじ)に着きます。 建物は荒れ果てた状態です。しかしながら、禊をする場所、「白光龍王」、「山神大明神」などの石仏には新しいお供えものがあり、管理されているようです。 場所:大阪府八尾市黒谷5丁目(「河内妙見寺」よりさらに上へ徒歩約3分。) (撮影:2017/3/5) 朝鮮寺【安滝寺】(あんんろうじ)八尾市

  • 朝鮮寺【河内妙見寺】(みょうけんじ)八尾市 朝鮮寺【河内妙見寺】(みょうけんじ)八尾市

    朝鮮寺【河内妙見寺】八尾市 「元暁寺」(げんぎょうじ)がある川沿に沿って渡ると、朝鮮寺【河内妙見寺】(みょうけんじ)があります。ちょうど、黒谷の崖の上に立地しています。妙見堂と2階建ての建物の2棟が並んで建っています。他建物のところから階段を使って下の川へ降りると瀧行場と瀧堂があります。建物には住んでいる人はいないようです。 場所:大阪府八尾市黒谷5丁目98 (撮影:2017/3/5)

  • 朝鮮寺【元暁寺】(げんぎょうじ)八尾市 朝鮮寺【元暁寺】(げんぎょうじ)八尾市

    朝鮮寺「元暁寺」(げんぎょう)八尾市 駐車場と思われるところに「元暁寺」(げんぎょうじ)と書かれた看板が立っています。このお寺は、元々、「妙見堂」という尼寺であったらしいです。このお寺は見た目は、普通の民家なので見つけ難いです。 この看板の前の細い道を上へ歩いて直ぐのところ、右側に橋があります。その橋を渡ると【河内妙見寺】(みょうけんじ)です。 場所:大阪府八尾市黒谷6丁目 (撮影:2017/3/

  • 【天龍寺】(てんりゅうじ)八尾市 【天龍寺】(てんりゅうじ)八尾市

    【天龍寺】(てんりゅうじ)八尾市 由緒等詳細は不明ですが、建物の色、標石の文字などから朝鮮寺の1つと思われます。入り口には、「天龍寺」と書かれた木製の灯篭がありますが、かなり劣化しています。入って直ぐ左側に、小さな赤い祠があり、小さな不動妙王が祀られています。さらに左へ行くと、2つの小さな鳥居だけがあります。1つは赤く塗られています。ここに何か祀られていたのかもしれません。とに奥に滝があり、その横

  • 【四軒町地蔵尊】八尾市 【四軒町地蔵尊】八尾市

    大阪府八尾市志紀町南に【四軒町地蔵尊】があります。国道25号線の「八尾市志紀町南3丁目」交差点の東南角になります。御堂自体は大きくないですが、そこまでの参道は数メートルあります。由緒等詳細は不明です。 住所:大阪府八尾市志紀町南1丁目

  • 【長曽我部盛親物見の松】と 【 慶春五輪塔】(けいしゅんごりんとう)/ 八尾市 【長曽我部盛親物見の松】と 【 慶春五輪塔】(けいしゅんごりんとう)/ 八尾市

    【長曽我部盛親物見の松】 大阪府八尾市の久宝寺地区に、「長曽我部物見松遺址」と刻まれた石碑があります。 若江の戦いが行われた同じ日、豊臣方の長宗我部盛親隊と徳川方の藤堂高虎軍がこの地で激突しますが(八尾の戦い)、その戦いにおいて、長宗我部軍が藤堂隊の動静を探るために上ったと伝わる松の巨木が、かつてここにあったと伝えられます。現在は石碑と樹齢若い松の木が植樹されています。長宗我部盛親は木村重成隊と共

  • 【丸国﨔稲荷大明神】八尾市 【丸国﨔稲荷大明神】八尾市

    大阪府八尾市久宝寺寺内町の民家の一角に【丸国﨔稲荷大明神】があります。 由緒等は不明です。 場所:大阪府八尾市久宝寺6丁目5

  • 【安国寺】(あんこくじ)/ 天龍山一の谷 安国寺  【安国寺】(あんこくじ)/ 天龍山一の谷 安国寺 

    【安国寺】(あんこくじ)/ 天龍山一の谷 安国寺  大阪府八尾市服部川にある 久遠の本仏、聖祖親尊の大曼陀羅を本尊とする 単立(本化妙宗)の寺院です。国柱会の設立者である田中智學の弟子である山川智應によって設立。法華系の新宗教。正式名称は宗教法人本化妙宗聯盟。宗派:本化妙宗。御本尊:十界曼荼羅。 境内に鎮守社があり【天照大神】が祀られています。また、【畜魂廟】と【神牛】があります。 所在地:大阪府

  • 【神光寺】(じんこうじ)と付近一帯の「高安古墳群」/ 八尾市 【神光寺】(じんこうじ)と付近一帯の「高安古墳群」/ 八尾市

    【神光寺】(じんこうじ)八尾市 大阪府八尾市の服部川の東方山腹に谷一つ隔て郡川の法蔵寺に相対して【神光寺】(じんこうじ)があります。正式には、医王山薬師院神光寺と称し、曹洞宗蔭涼寺末。享保年間(18世紀初め)に万徹和尚の開基で、薬師如来を本尊とし、本堂前に揚げてある「天玄堂」の扁額は、徳川光圀の帰依した東皇心越の書です。参道には桜並木があり、桜の名所として知られ、春の花時には非常に賑わいを見せます

  • 【守園神神社(賽の神)】(さいのかみ)八尾市 【守園神神社(賽の神)】(さいのかみ)八尾市

    【守園神神社(賽の神)】(さいのかみ)八尾市 大阪府八尾市服部川の「神光寺」に行く道中右側に「守園神神社」の石標が見えます。そこに小さなお社があります。造園やお花を守るために祀られた神社です。詳しい由緒等は不明です。この辺りは造園業が盛んで、この神社の急阪を登った一帯に、高安古墳群が拡がっています。  所在地:大阪府八尾市大字服部川 アクセス:近鉄「服部川」駅から徒歩約9分 (撮影:2017/2/

  •  【法立寺 永禄地蔵】(ほうりゅうじ えいろくじぞう)八尾市 【法立寺 永禄地蔵】(ほうりゅうじ えいろくじぞう)八尾市

    融通念仏宗法立寺の下に【永禄地蔵】( えいろくじぞう)あります。高さ110㎝、幅56㎝の花崗岩に像高73㎝の地蔵立像を半肉彫にしています。美しく優雅な像容であり、像の左右に次の銘文が陰刻されています。地蔵講一結衆本□衆 永禄十二年巳十月廿四日地蔵講の人々が造立したことがわかります。この永禄地蔵堂内に元和の線刻地蔵があります。これは高さ30.5㎝、幅19㎝ほどの方形の板石に、像高15㎝の地蔵立像を線

  • 恩智惣池に鎮座する正体不明の【稲荷神社 】 恩智惣池に鎮座する正体不明の【稲荷神社 】

    恩智惣池に鎮座する正体不明の稲荷神社。 場所:大阪府八尾市恩智中町 恩智惣池に鎮座する正体不明の稲荷神社 #じゃらんネット #観光スポット #社寺仏閣 #ムラゴン #むらごんブログ #Sakamoto119

  • 【常光寺】(じょうこうじ)八尾市本町 【常光寺】(じょうこうじ)八尾市本町

    【常光寺】(じょうこうじ)八尾市本町  河内西国三十三箇所3番。おおさか十三仏霊場5番。臨済宗南禅寺派の寺院。南禅寺塔頭金地院の末寺で、山号は初日山。 通称は八尾地蔵尊。本尊は地蔵菩薩で、弘仁年間(810年 - 824年ごろ)、小野篁の作と伝えられている。 山門脇に大坂城の残石と「河内最古之音頭発祥地」の碑がある。また、境内に大坂の役で戦死した藤堂家の戦死者の墓がある。 奈良時代に僧行基が創建した

  • 【穴太神社】(あのうじんじゃ)八尾市宮町 【穴太神社】(あのうじんじゃ)八尾市宮町

     【穴太神社】(あのうじんじゃ)八尾市宮町 河内国若江郡の穴太邑が当地で、『姓氏録』未定雑姓の河内国にみえる孔王部首(あなほべのおびと)氏の住地でもありました。 穴太は現在、「あのう」と読まれています。祭神は、天照皇大御神、住吉四神(上筒男命・中筒男命・底筒男命・神功皇后)、春日四神(建御賀豆智命・伊波比主命・天子八根命・比売神)です。聖徳太子の生母で用明天皇の皇后である間人(泥部)穴穂部皇女の生