• 確率データー。

    流産は全体の10~15%の確率で起こり、このうち、妊娠初期の流産は、流産全体の9割以上。 流産は、平均的に15%、35歳で20%、40歳で40%と35歳から急激に流産する確率が上がっていくとともに、流産の理由の大半が胎児側の染色体異常と言われる。 生前検査で調べられる染色体異常は13トリソミー(パトウ症候群)、18トリソミー(エデワーズ症候群)、21トリソミー(ダウン症候群)。 13トリソミーの出