• GO! レスラー軍団

    東京ムービー新社(現:トムス・エンタテインメント)により制作された日本のテレビアニメ。   1989年4月18日~同年10月12日迄テレビ東京系列で放映された。 原作はカネボウフーズのガムラツイスト及びラーメンばあ付属の『レスラー軍団抗争シール』。 メインライター浦沢義雄の特徴であるシュールコメディ色を前面に押し出している。 世界ではドン・ゴッド理事長の元、「正規軍」や「ラーメン軍」を筆頭に、「覆

  • らんま1/2

    高橋留美子による漫画作品。 1987年36号 - 1996年12号迄小学館「週刊少年サンデー」に連載されて、単行本は全38巻刊行。 2002年から2003年にかけて新装版が出版された。 劇場版やオリジナルビデオアニメ(OVA)版、また、オリジナルストーリーで実写テレビドラマ化もされた。 水をかぶると女になってしまう高校生格闘家・早乙女乱馬と、その許婚・天道あかねの交流を軸に、家族・友人を巻き込んだ

  • 悪魔くん

    水木しげる著の漫画及び、それを原作として作成された特撮テレビドラマ、テレビアニメ、加えてこれらの作品の主人公のニックネーム。   本作品は、水木しげるの漫画が数シリーズおよび特撮、アニメとあるがそれぞれ内容が異なっている。 これらの諸作品は大別すると救世主(メシヤ)悪魔くんについての物語と、妖怪を退治するヒーロー悪魔くんの物語とに分かれる。 更に後者は主人公、基本的設定の違いから2つに分けられる。

  • 新ビックリマン

    1989年4月9日から1990年8月26日にABC発テレビ朝日系列で全72話放送されていたテレビアニメ。   それまで同枠にて放送された『ビックリマン』の続編。 ひょんな事から一緒に旅をすることになったピア・マルコ達一行が、最終的に真に平和な世界「新河系」を築くまでを描く。 ロッテの『ビックリマン 悪魔VS天使シール』の第20 - 24弾に相当しており、シールのストーリーの後追いだった前作とは異な

  • 魔動王グランゾート

    1989年4月7日~1990年3月2日迄日本テレビ系にて毎週金曜17:00 - 17:30に全41話が放送された、サンライズ制作のロボットアニメ。 「魔神英雄伝ワタル」と「魔神英雄伝ワタル2」の間に放送されていた。 「魔動機」の一つ「魔動銃」を使い耳長族に伝わる魔動王「グランゾート」を召喚する大地。 戸惑いながらもグランゾートとともに尖兵「ヘルメタル」を撃破。 偶発的に魔動力を発揮。 メイは大地こ

  • 青いブリンク

    手塚治虫が原案・監督を務めたアニメ作品で1989年4月7日 - 1990年3月16日にかけNHKで放送された。 NHKエンタープライズ、手塚プロダクション製作。 全39話。 ソ連で製作された長編アニメ映画「せむしの仔馬」を現代版にアレンジした作品。 第5話までのあらすじを仕上げたところで手塚が急逝し、『ジャングル大帝』と並んでアニメにおける遺作となった。 手塚はメインキャラクターデザイン、物語構成

  • 天空戦記シュラト

    タツノコプロ製作による日本のテレビアニメ。 1989年4月6日~1990年1月25日迄毎週木曜19:00 - 19:30の時間帯においてテレビ東京系列で放送されていた。 全38話(+総集編2話)。 また、ダイジェスト版のOVA「天空界メモリアルズ」と新ストーリーのOVA「創世への暗闘」がそれぞれ6巻出版されている。 2003年に、バンダイビジュアルから「天空戦記シュラト MEMORIAL BOX」

  • あひるのクワック

    1989年に日本、西ドイツ、フランス、オランダにより共同制作された子供向けアニメーションで、原作はヘルマン・ヴァン・ヴェーンによるオランダの舞台劇。 アルフレッド・ヨードカス・クワックという名のアヒルが主人公。 この作品は、シリーズを通じて長い期間を描いている点でも異色である。 多くの子供向けアニメーションでは登場人物たちは年を取らない。 しかし本作では物語の経過に伴って、主要登場人物たちの幼少時

  • アイドル伝説えり子

    葦プロダクション(現・プロダクション リード)・テレビせとうち制作のテレビアニメ。 テレビ東京(TXN)系列で1989年4月3日~1990年3月26日迄放映していた。 全51話。 芸能界を舞台にアイドル歌手としてデビューした少女のサクセスストーリーを描く。 実在のタレント田村英里子とタイアップして制作されたオリジナルアニメである。 本作品はテレビせとうち自社制作アニメ第1号でもある。 関連商品の売

  • ミラクルジャイアンツ童夢くん

    原作:石ノ森章太郎による日本の漫画作品。 テレビアニメ化されて、1989年4月2日から1990年3月25日まで、日本テレビ制作・日本テレビ系列で放映された。 全49話。 子供達のプロ野球離れが話題になっていた当時、子供達の人気を呼び戻すために、子供がプロ野球選手として活躍する作品として作られた。 また、1988年に完成した東京ドームのイメージキャラクターとして1989年から1991年までの間、東京

  • 戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマーV

    トランスフォーマーシリーズのアニメ作品第5弾。 東映動画(現・東映アニメーション)制作。 1989年(平成元年)3月14日から同年12月19日まで日本テレビ系列で放映。 全44話。 日本テレビが制作に携わった最後のトランスフォーマーシリーズである。 本作はトランスフォーマーシリーズの第5作目にあたり、日本オリジナル展開のトランスフォーマーとしては3作目となる。 シリーズでは平成に入って初めての作品

  • 獣神ライガー

    永井豪の漫画、およびそれを原作としたサンライズ製作のテレビアニメ。 1989年3月11日から1990年1月27日まで、名古屋テレビ・テレビ朝日系列で土曜 17:30 ‐ 18:00(JST)に全43話が放送されていた。 前番組の『鎧伝サムライトルーパー』に始まり、勇者シリーズの終了まで足掛け10年にわたって毎年作品を替えつつ続けられた、サンライズ・東急エージェンシー・タカラの3社による体制で制作さ

  • まんがはじめて面白塾

    1989年2月4日~1991年4月27日にかけTBS系列で放送された子供向けテレビ番組のタイトルである。 制作はダックスインターナショナル。 系列外配給は放送番組センター。 厚生省中央児童福祉審議会推薦番組。 『まんがはじめて物語』から続いた一連のシリーズの5作目にして最終作である。 お姉さん役に森川由加里を起用、それまでの歴代お姉さんの雰囲気から一転したPOPなキャラクター作りがなされ、マスコッ

  • ピーターパンの冒険

    フジテレビ系の「ハウス世界名作劇場」枠で放送されていたテレビアニメ。 放映期間は1989年1月15日から同年12月24日で全41話。 原作はジェームス・マシュー・バリーの『ピーター・パンとウェンディ』。 魔法や妖精が登場するという、世界名作劇場シリーズでは唯一のファンタジー作品である。 ピーター・パンの服の色は茶色である(ディズニーアニメで緑の服が定着しているが、実は原作の服の色は「筋だらけになっ

  • おぼっちゃまくん

    小林よしのりによる日本の漫画作品、加えてそれを原作としたテレビアニメ。 御坊財閥の跡取り(999代目)息子御坊茶魔が主人公。 漫画雑誌『月刊コロコロコミック』で1986年5月号~1994年9月号までの間に連載。 人気絶頂期には特別読み切りとして『週刊少年サンデー』にも数回登場のほか『ちゃお』にも掲載。 1989年に第34回小学館漫画賞児童向けを受賞。 コミックスは約600万部を売り上げ、『東大一直