• 感情と内臓の関係。

    古代中国に「陰陽五行説」というものがあります。 この理論によって構成された、古代医療に「五行色体表」なるものがあります。 そこには感情と内臓の関係について以下のように記してあります。 ・肝臓、胆のうの弱い人は怒りの感情を抑えること。 ・心臓、小腸の弱い人は喜び過ぎや驚き過ぎの感情を抑えること。 ・脾臓、胃の弱い人はあれこれ思い患うことを抑えること。 ・肺、大腸の弱い人は憂鬱や悲しみに浸ることを抑え