• ブラッディ・ツイン

    【概略】 自転車便ライダーのヘレンは、大事故に巻き込まれたことをきっかけにブラックアウトや幻想などに悩まされるようになる。MRI検査の結果、頭に腫瘍があることが分かり…。 ホラー .0★★☆☆☆ 双子の片方がもう片方に吸収されるバニシングツイン・シンドロームと言う現象がネタになっています。 事故をきっかけに、吸収され消えたはずの姉妹が体の乗っ取りにかかると言うのはまさにホラーネタですよね。ただ、だ

  • 愛別離苦ー「怒り」に寄せて

    どうも(;`Д´)y━~ボクですw 今日のみゆき 全ての男は彼女に夢中だった 全ての女さえ彼女には挑まなかった 悪口を言われない運命てあるものね その逆が運命が私だと思った 時は流れある日突然 この世にいない彼女を知った きっとずっと全てを知って 「何もない」と未来をみてた 「Tell me sister」より 美しさも名誉も人気もすべてを持っていた「彼女」 何も持っていない「私」 短命で終わった

  • ファイナルガール

    【概略】 夜な夜なガールズハンティングを楽しんでいた男子高校生集団。ある晩、好みのブロンド美女を連れ込むことに成功するが、その美女は殺し屋に育てられた女子高生だった…。 サスペンス .0★★☆☆☆ アビゲイル・ブレスリン主演。 ブロンド美女を犯して殺すマンハンティングを楽しんでたバカ(若)者集団に、殺し屋に殺しを仕込まれた少女がひとりで殺しを挑む、というかですね…主人公少女が全然弱くて、どこが殺し

  • アンダーワールド ブラッド・ウォーズ

    【概略】 勢力を強めたライカン族の猛攻により劣勢に喘ぐヴァンパイア族に呼び戻されたセリーン。彼女は行方不明の娘・イヴのため、戦いに身を投じる決意をする。 SFアクション .0★★★☆☆ 前作で「製薬会社とか人間とかなんだかバイオハザードっぽい…。」と記していた自分ですが、やはりその感は続いていて。ダークな世界観が魅力なシリーズですので、なんだかもう興味が削がれてしまってて。これも締め時を見失ってい

  • ひつじのショーン スペシャル~いたずらラマがやってきた! ~

    【概略】 牧場主とビッツァーの後を追って見本市にやって来たショーン。エキゾチックでずる賢い3匹のラマに夢中になったショーンは、牧場主を騙してラマを買わせるが…。 アニメーション .5★★★☆☆ ひつじのショーンと仲間たちのドタバタを描く人気クレイアニメのスペシャル版。 劇場版の「ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~」も面白かったけど、こちらの短編も相変わらず面白い。 作ったケーキを(牧場主

  • キング・アーサー

    【概略】 王であった父を殺されてスラム街で生きてきた男が、聖剣エクスカリバーを手に親の敵である暴君に立ち向かう。 アクション .5★★★☆☆ 映画館鑑賞。 スラムのガキから王になれ! 腹に響く重低音の音楽がとかく心地いい作品でした(劇場の音響だから余計に良かった、ほんと腹に響く!)。スタイリッシュだと思います。「コードネームU.N.C.L.E.」ほどではないが、「シャーロック・シリーズ」よりも個人

  • Bill / 映画

    BBC製作のイギリス映画。 「Bill」ではピンと来ないかもしれないが、Bill(ビル)はWilliam(ウィリアム)のニックネーム。 イギリスで有名なウィリアムといえば...そう、偉大なる劇作家ウィリアム・シェイクスピア。彼がこの映画の主役だが、、、従来イメージするような格好良く、シリアスな彼のイメージは早々に忘れ去ることが必須! というのも、この映画、歴史ものなのにとびっきりコメディーなのだ!

  • 映画。

    先週から映画をたくさん観ているかな(笑) 美女と野獣(字幕) 追憶 帝一の國 そして・・・ 「22年目の告白、私が殺人犯です。」 これは・・・、思ったよりリアルで・・・。 ドキドキしてしまいました。犯人の犯人もまさかの展開で・・・。 そして・・・。 この映画も・・・ドキドキハラハラ・・・。 じつは私も嫌な職場を飛び出した人物(笑) 自分がやりたかったことじゃなく、逆の部署に異動して・・・。 辞めた

  • ブレア・ウィッチ

    【概略】 かつてヘザーは“ブレアの魔女”をテーマにしたドキュメンタリー映画製作のため、ブラックヒルズの森を訪れたまま消息を絶った。それから20年後、弟のジェームズはネットで姉らしき人物の映像を見つけ…。 ホラー .5★★☆☆☆ 正当続編で、「サプライズ」「ザ・ゲスト」のアダム・ウィンガードさんが監督。 そもそもが姉とかなり年の離れている主人公はあの不気味な女の映像をみて何故「姉だ」と確信したのかが

  • ブレア・ウィッチ・プロジェクト

    【概略】 94年10月。モンゴメリー大学映画科に通うヘザーら3人は、今なお残る伝説の魔女を題材としたドキュメンタリー映画製作のため、メリーランド州ブラック・ヒルズの森に向かうが…。 ホラー .0★★☆☆☆ 低予算、POVの火付け役。公開当時は斬新な手法として知られていましたが、臨場感とか得体の知れない恐怖とか、そういう没入感とか後ろめいた部分がないと、はっきりいって面白くない映画なんですよね。 私

  • たまたま / 映画

    アイルランドが舞台で映像もとても美しい。 真っ白なワンピースの蒼井優が自分の辿り着くべき場所をさがして彷徨う。 その途中で出会う沢山の人達。楽しい人、優しい人、悲しい人... 人生はたまたまの連続、だからこそ今を大切にしたいと思える素敵な映画。 映画『たまたま』予告編

  • ショコラの見た世界 / 映画

    高校生頃にたまたま出会った映画。 映像も美しく、ストーリーも素晴らしくて、何度見てもラストで泣いてしまう。 sonyericsson903i_01s

  • 呪怨館

    【概略】 人里離れた一軒家に引っ越して来たアッシャー家。エヴァンは隣家のサマンサと仲良くなるが、サマンサが家の屋根裏にある“電子音声現象ボックス”を動かし…。 ホラー .0★★★☆☆ 亡くなった3人の子供の霊と交信しようとするが、怨霊に襲われ絶命したモレロ氏。残されたモレロ夫人によって、彼らの住んでいた家は売りに出されることに。そこに移り住んできたのがアッシャー家。長男エヴァンが仲良くなった隣家の

  • ナイトメア・ビーストと迷宮のダンジョン

    【概略】 新居に引っ越して来たナンシー。しかし、その家はかつて古代カルト魔術の儀式が行われたことがある場所だった。その残骸を見つけて以来、ナンシーは悪夢を見始める。 アドベンチャー .0★☆☆☆☆ ホラー小説の巨匠H.P.ラブクラフトの「魔女の家で見た夢」に基づいた作品らしい。 「これは時空を超えた面白さ!」って持ち上げすぎ。80分尺の映画です。ストップモーションの特殊効果で再現されるモンスターは

  • 映画「光」

    視覚障がい者のための音声ガイドをしている女性 尾崎美佐子(水崎綾女さん)←とても美人で清潔感いっぱいです。 もうすぐ視力を失うカメラマン 中森雅哉(永瀬正敏さん) 音声ガイドという仕事の困難さ それを支える視力障がい者のモニターと指導者 映画は「老夫婦の愛をテーマにした映画」に 音声ガイドをつけるところから始まり それが完成して樹木希林様がナレーションするところで終わります。 映画の中の映画で「老

  • ドント・ノック・トワイス

    【概略】 「自らの喉を掻き切り死亡した老婆が襲ってくる」という都市伝説の残る古い屋敷。女子大生のクロエはある日、屋敷のドアを2回ノックするが、返答はなく…。 ホラー .0★★★☆☆ 庭は荒れ放題、窓という窓は全て板で塞がれ、塗装は剥げている古い屋敷。昔、その屋敷で老婆が男の子を殺したと責められ、自らの喉を掻き切り死亡した以来、狂った老婆が現れ襲われる都市伝説があった。ある日、女子学生クロエは廃墟が

  • 図書館で「ノルウェイの森オリジナル・サウンドトラック」を予約した

  • ずっと見たかった映画

    やっと、我が家でも紫陽花が咲きはじめました。 映画を一人で見るのが割と好きです。 旦那とみるとアクションもの。 子供とみるとディズニー、ピクサー、妖怪ウォッチなどアニメ。 自分の見たい映画は、忙しい時代は見れなかったので、 今、時間が取れるようになり、悲願のとーーーっても見たかった映画のDVDを入手!! 見てみることにしました。 悲情城市 [DVD] 紀伊國屋書店 2014-06-28 DVD 梁

  • クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的

    【概略】 マドリードのバルで1発の銃声が鳴り響く。客が店の外に出た途端、頭を撃ち抜かれたのだ。ほかの客が撃たれた男の様子を見に行くと、さらなる銃弾が放たれ…。 サスペンス .5★★★☆☆ 『気狂いピエロの決闘』のアレックス・デ・ラ・イグレシア監督による密室サスペンス。 バルってなんぞや?と思ったら、バーの事だったのね。概略どおり、一発の銃弾から始まり、二発目が放たれるまではいいのですが、それきり狙

  • キング・アーサーを観てきました。

    近頃とある伝奇ノベルゲームとそれから派生した作品の影響でアーサー王のゲシュタルト崩壊が止まらないので、聖剣無双という副題が大人の事情で取消になったキング・アーサーを観てきました。 ストーリーは騎士と魔法使いは協力関係にあったが魔法使いが反旗を翻し内乱が発生。 鎮圧後に王弟主導で魔法使いの粛清を進める中、弟の謀反でユーサー王が死亡し幼いアーサーはスラムの売春婦たちに拾われるというお話。 私が読んだ物

1 2 3 4 5 ... 199