• 平成27年度社労士合格率異議申し立てについて

    はじめまして。 今回初めて投稿します。 今回の社労士試験について当ブログ村でも多数の方が異議を唱えていました。 先日ある方が、社労士試験について「追加合格」を含め、今後の合格基準 の明確についてブログを立ち上げました。 自分としてはこの方を応援したく、また多くの方に知って頂きたいと思い 今回投稿させて頂きました。 yahooブログにて開設されています。  yahoo検索「社労士 27 合格予想」で

  • 合格 そして宴のあと

    官報で自分の番号を見つけた時、喜びよりも、安堵感で一杯でした。昨年択一で1点に泣き、しかもそれが自分のミスで招いた結果に対し、けじめをつける思いで、この1年間社労士の学習に費やしました。酒の誘いも断り、趣味の自転車も断ち、ネットも見ず、音楽も聞かず、家族サービスも殆どせず、最後は犬の散歩も任せていました。休みの日は図書館にこもり、通勤の電車の中や昼休憩などの時間もテキストを開き、繰り返し読んでいま

  • 電車の中での合格発表!!

    朝8時33分 通勤電車の中。官報にアクセスして、受験番号を確認。あった!!心配だったので、マクドナルドに立ち寄り受験票と画面を照らし合わせてもう一度確認。合格していました!!今は安堵感でいっぱいです。支えてくれた家族に感謝です。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村

  • 2014年社労士の学習を振り返る(♯1基礎期間編)

    2013年の試験終了後、1ヶ月間は学習の見直しに時間を費やしました。最初の受験時は半年強の学習期間でしたので、1年間という学習期間は自分にとっては十分すぎる期間でした。したがってこの1年間は無駄にしたくないという気持ちがあり、そして最後の試験とも考えていましたので、ここはじっくり腰を据えて効率性より確実性を重視し、 計画的でかつ日常生活の中でいかに学習を進めるかと考えた結果、テキストの読み込みが第

  • 残りあとわずか!!

    いよいよ発表まで残り1週間ですね。来週の今頃は、泣いているのか、笑っているのか・・・。自己採点には手応えがあっても、昨年のようにまたマークミスがあったら・・・。余計な不安が錯綜し、日に日に精神状態が不安定になっていくこの様に「こんな生殺しはいらん、とにかくはやく発表してくれ!」心の中から叫び声が聞こえます。ところで社労士の合格発表って、どうしてこんなに時間が掛かるんでしょうかね?単にマークシートだ

  • 2014年本試験を振り返る前に

    2014年の社労士受験を振り返る前にまず自己採点の結果から・・・・。【択一】労基・安衛 6点労災    8点雇用    9点労一・社一 7点健保    9点国年    8点厚年    9点    計 56点【選択】労基・安衛 5点労災    4点雇用    5点労一    4点社一    5点健保    5点国年    5点厚年    5点    計 38点昨年は合格率が過去最低と厳しい状況でした

  • 社労士試験を振り返り(1度目の受験 ♯2)

    大学卒業して20年、その間受験とは縁のない生活をしていました。資格の勉強を始めて気づいた事は、根気と気力が必要だってことを。でもいくら気持ちが前向きで、継続の意思があっても理解と記憶がままならなければ資格の学習はそこで頓挫してしまいます。社労士の勉強を始めてちょうど1ヶ月が経過したくらいから、学習が進まないことに悩みはじめました。とにかくテキストを読んでも理解ができない。社労士は法律の試験ですから

  • 社労士試験 半年合格?

    「社労士試験に半年で合格!!」通信のサイトでよく目にします。前回お話ししたように、資格学校の担当者も同じような事をいっていました。本当に可能なんだろうか?可能だと思います。私自身はできませんでしたが・・・・。ただこれを達成するためには、①仕事の時間以外は労を惜しまず社労士の学習をする。②反復学習や総復習に費やす時間が少ない為、1回覚えたものは簡単に忘れない。③10教科を効率的にマスターする為、基本

  • 社労士試験を振り返り(1度目の受験♯1)

    私はこれまで2回社労士の受験をしています。学習期間はトータルで1年半です。2回とも資格学校のTACでお世話になりました。最初の受験時は、速修本科という2013年2月〜8月までのクラスでした。社労士の試験を受けようと考えたのが、一昨年の年末でしたので、通年のクラスは講義が進みすぎ受講できず、短期間のクラスしかありませんでした。どの資格学校にするかの決め手は、仕事が忙しい為、曜日に縛られずいつでも講義

  • 11月7日まで残り

    はじめまして平成26年度の社労士試験の合格発表まで3週間をきりましたね。私は今年2度目の受験をしました。結果には手応えはあります。ただプロフィールにも記載した通り、試験の為に多くの事を犠牲にし、無くしてしまった物も数知れず社労士試験が終わった今、冷静に振り返ってここまでする必要があったのかと考える日々です。私はどちらかといえば求道的で、一点しか見つめる事ができない性格なので、社労士の試験も、はまり