• 興味を持つ

    しなくては! と思っているものの、なかなか進まない英語の勉強。 テキストは眠くなるし… どうしたものか? と考える。 まずは、興味を持つことが必要。 なので、ONE OK ROCKの英詞を訳してみようと思う。

  • 書籍:英文契約書・社内文書の用語・用例ハンドブック

    この本も図書館で借りました。内容は、タイトルで英文契約書・社内文書となっていますが、ほとんどが英文契約書の用語と用例です。解説本ではないので、ある程度、仕事上、英文契約書に慣れている人が、基本的な用語が載っている辞書のような感覚で机に1冊置いておくような本だと思います。英文契約書を締結するときに使う用語や用例は載っていますが、コツや知識に関することについては載っていないので別な本を読む必要がありま

  • 書籍:「一生モノの英文法 COMPLETE」

    「一生モノ」という壮大なタイトルだったのでどんな内容かと思いに魅図書館で借りてみました。表紙の立派さと厚みからハイレベルな英文法の解説書かと思いました。しかしながら、本書の中で、と著者は「中学生でも1年生の内容を終えておれば読みきれるず。」と書いています。さて、中身を確認しましたが、この本は一貫して文構造の理解の重要性を説明しています。もちろん、英文法に関する全ての項目は網羅されており、常に文法構

  • 書籍:「表現英文法GFE」

    この本も図書館で借りました。この本は、「表現英文法 増補改訂版」が発行されていますが、今回は初期版だと思います。タイトルが「表現英文法」なので、日本文を英訳するときに使えるかなと思って内容を確認しましたが、普通の英文法の参考書という感じです。載っている例文について、すべてではありませんが、演説とか新聞記事など長いのが多く良い参考になります。ただ、日本語のニュアンスを英語で正しく、さらに上手に具体的

  • 書籍:【図解】30分で英語が話せる

    この本も図書館で借りました。タイトルの「30分で・・・」というフレーズをそのまま信じる人はいないと思いますが、単刀直入な英会話の基礎が図解、イラストをたくさん用いて分かりやすく書いてあります。しかしながら、日常英会話ほど難しく、これを身に着けるには、繰り返しが必要です。この手の英語本で共通しているのは、 1.面倒な英文法は全く必要としない。 2.1日わずかな時間でOK。 3.集中せず、ただ聞くだけ

  • 会話はすべて英語 岡山大学こども夏季スクール

    岡山大学で、アメリカ名門大学生を招聘して、夏季特別授業が開催された。対象は県下小中学生75名。科目は音楽劇やプログラミング。学長の挨拶まで英語とか。 むかし昔。大学の教養学部の時、英語特別を採った。40年ほど前。 最初の講義で、外人講師が英語で話し始め、それ以来出席しなかった自分の過去を恥じる。ツケは社会人の時に来た。 ロボットやプログラミングの英語との親和性は高い。 こどもの時、足が速い、歌がう

  • 書籍:「英語の看板がスラスラ読める 」

    久しぶりにいい本に出会いました。図書館でこの本を手にとって中身をパラパラとみたら、看板、標識の実際の写真がたくさん載っていて、これはTOEICの写真描写問題の対策本では?と思って借りて読むと、そうではなく海外のあらゆる看板について1冊まるごと看板の解説本です。 タイトルに「英語の看板がスラスラ読める」と掲げられている通り、街中に立っている交通標識、企業の看板広告、それから我々が海外旅行に行く際に必

  • 書籍:「語源の音で聴きとる! 英語のリスニング」

    この本も図書館で借りました。内容は、本のタイトルには、「英語リスニング」となっていますが、リスニング能力をアップする前にまず、語幹の意味を基本から学習し、英単語を力を伸ばす本だと思います。この本での致命的な問題は、発音がカタカナ表記であること、リスニングの本なのに各単語の発音記号は一切書かれていない。また、英語が縦書きなのでとても読みにくいです。ただ、この本で解説されている語源を理解すれば英単語を

  • 書籍:「さっと出てくる」日常英語6000

    この本も図書館で借りてきました。日常で使う表現が6000も載っているとさすがに使える表現や言いたい表現がありますが、英語から日本語への索引がついていないのが、とても残念です。載っている例文は、本のタイトルが日常とあるように、口語レベルの感じです。また、6000全部の例文をすべてチェックしたわけではありませんが、著者がネイテイブの割には、日本人が考えた英文では?と思うような文も少しありました。また、

  • 書籍:「世界のグロービッシュ ─1500語で通じる驚異の英語術」

    この本も図書館で借りてきました。タイトルに「グロービッシュ・・・・」となっていますが、決してグロービッシュを実際に身につけるための学習教材ではないです。 筆者が提唱しているGlobish(1500語のBasic Wordと基本構文)がビジネス・シーンの標準語となれば異文化の中で相互に理解するストレスが大幅に軽減されると思います。Engishとは別に、GlobishがビジネスでのStandardとな

  • 完成前のベースで炎天下BBQの巻

    なんちゅう暑さかと。 もう夏なんですね?夏と考えていいんですね? 週末にヨメ(親方)の友達が訪ねて来ました。 このブログはセルフビルドや山に関すること以外は書くつもりないんだけど、一応ほんの少し作業もしたので記録。 ヨメの長い付き合いの友人だが、オレも以前紹介されてから意気投合してるので、ヨメに客を任せてオレだけ山へって訳にもいかず、二人でO・MO・TE・NA・SI。オモテナシ。 土曜日の夕方訪ね

  • 書籍:「サバイバル英文読解」 2/2

    1/2の続きです。この本のポイントを箇条書きでまとめてみます。 *英文の中で主張を見抜くには、否定文の後をじっくり読むこと。 *Butの代わりに主張を導く表現:not A. Instead B. not A. Indeed B. not A. Rather B. not only A but also B, not only A. Also B.(butが消える) *文中でthanがある=必ず対比

  • 書籍:「サバイバル英文読解」 1/2

    この本も図書館で借りました。内容は英文の読み方の解説ですが、まず最初の約10ページでこの本の説明がくどく長すぎる。ページ数がもったいない。次に基本的な英文法は省いてあるので英語初心者には難しく感じると思います。また、ある程度英語を勉強した人、得意な人には知っている内容、当たり前な内容だと思います。どのレベルの英語力の層をターゲットにしたのか不明です。しかしながら、文章は読みやすく、通勤途中の行きと

  • 書籍:「似ている英語」②

    この本も図書館で英語のコーナーにあり、表紙の写真が綺麗だったので借りてきました。英単語の中には、日本語にすると同じ、又は似ている。でも、英語では別の意味。どこがどう違うのか? と改めて聞かれると詳しく説明できない単語があると思います。 この本は、「ape/monkey」「big/large」「clock/watch」「grill/roast」など、38組の単語を取り上げています。 それぞれの意味を

  • 書籍:「似ている英語」①

    この本も図書館で英語のコーナーにあり、表紙の写真が綺麗だったので借りてきました。英単語の中には、日本語にすると同じ、又は似ている。でも、英語では別の意味。どこがどう違うのか? と改めて聞かれると詳しく説明できない単語があると思います。 この本は、「ape/monkey」「big/large」「clock/watch」「grill/roast」など、38組の単語を取り上げています。 それぞれの意味を

  • 今週はダイエットならず!+英語を勉強しよう

    学会締め切り前のストレスで、おせんべいをばりばり食べてしまいました。それから秘書さんがケーキを焼いてきてくれて3人分くらいいただいてしまいました。 もう食べ放題です。 コンビニ寄り放題です!! 私ルールではコンビニは悪!魔の巣窟!私の欲望を一気に目覚めさせる場所なのです。 なのに、ここのところ毎朝コンビニでお菓子を買ってしまいます。 まだ、菓子パンコーナーだけは避けられています。菓子パンスイッチが

  • Mr.ポテト参上

    こんにちは。はじめまして。フライドポテト子に先手を取られました。Mr.ポテトです。Mr.ポテト参上などというダサいタイトルにしてしまいましたが、見逃してください。 女です。 大事なことなので2回書きます。 女です。 たまに無性に文章を書きたくなることがあり、心機一転ブログでも始めてみようかとフライドポテト子を誘いました。 せっかく書くなら誰かに読んでもらいたいと思い、ブログ村のランキングに参加しま

  • 書籍:「TOEICの傾向と対策」

    この本はかなり前に買った本です。本自体は無くなってしまって残っているのは当時、コピーしたページだけです。TOEICの傾向と対策について詳しく書かれた本です。今は様々な本が出版されていたり、セミナーなどあり、解き方のコツは簡単に入手できると思います。この本はTOEICを受けたことがない頃に買った本ですが、先に傾向、出題パターンとその対策が書かれてあったので、役に立ちました。例えば、TOEIC  リス

  • 書籍:「画期的!英単語力増強の本!」

    以前、読んだ本の重要と思う部分をコピーしたものです。内容は、大きく分けて2つの考え方で構成されています。1つは英語、フランス語、ドイツ語、ギリシア語などは、もともと印欧語祖語という1つの言語から分化したものであるから、語源が同じ単語のそれぞれの音は相関しているという考え方。もう1つは、この音の相関関係をどうとらえたらいいかですが、その際、参考となるのが、音がどのように変化するかを説明する5つのプロ

  • 書籍:「新TOEIC模試600問」

    この本はかTOEICの勉強をしていた頃に買ったものです。かなり前の本なので馬は売ってないと思います。なり前に買いました。600問と多く模試3回分あるので、説明文問題(長文問題)はこれで強化できた記憶があります。見開きで解説も詳しく分かりやすかったと思います。ただし、解き方のコツは載ってなくて、問題数が600問と多いのが特徴で、ひたすら繰り返しやって英語力を強化していくKUMONのようです。本です。

1 2 3 4 5 ... 18