• 落ちのある恐怖体験

    ログインパスワードを忘れて ログイン出来ないまま月日は経過し 遂にはブログの存在すら忘れておりました 昨年8月猛暑の中 北関東の某県庁所在地へ出張しました 一泊二日の予定でしたので夜はビジネスホテルへ一泊 シングルルームで予定しましたがで空調が調子悪いという理由で 少し広目のダブルルームへ案内された ここで気付くべきなのか偶然なのか 仕事が押してチェックインしたのは午後11時 軽くビールを飲みシャ

  • 耳元で

    僕の霊体験 基本的に「見た」「消えた」だけで話として面白味はない 当然オチもなければ、追いかけられたりもしない 驚かされたり、ビビらされた事もない 心霊体験を読むと 行く先々に霊が現れたとか 振り返ったら霊がいたとか 霊に追いかけられたとか 誰かが行方不明になったとか 基本的にそういう体験談は信じない 心霊動画でも カメラが振り向いたら霊が映ったとか 何かに驚いてカメラを落としたら霊が映っていたと

  • 高齢の女性

    東京近郊のベッドタウン 夕方仕事で出かけた 訪問先は留守だったので 近くの公園で待つことにした その当時は煙草を吸っていたので 選択は灰皿のある公園だった 川の近くにあり 川沿いの道路からしか入れない公園 公園に入り ベンチに腰掛け煙草に火をつけようとした時 最奥の万年塀沿いに高齢の女性がしゃがんでいた しゃがんで何してんのかなと思いつつ 煙草に火を付けて再度女性を見ようと首を向けると 女性は既に

  • 怪物

    東日本大震災の3・11は衝撃を受けました。 その年の年末 仲間と復興を兼ねて某湖へボート釣りに出掛けました 狙いはブラックバス その日は一日曇りの予報でした 到着時の気温はマイナス4度でしたが 出船時はマイナス1度と気温が上昇した 毎年来ているので仲間も僕も勝手知ってる釣場 各々が思い思いの場所へ 僕の少し前に釣ウマのA君が湖岸を攻めていた 少ししたらA君から名前を呼ばれた「僕さん!」 Aとは良く

  • けむり

    この頃は本当に忙しく身体は疲れ果てていた このブログに書き込んだ事を心霊現象を否定する友人に話した時は 「脳がやられてる」と言われた 「疲れていると脳が現実にはないものを見せる」とも言っていた そんな頃 某有名人も通うクラブに何度か行った事がある 踊るような場所じゃなく落ち着いたキャバみたいなクラブである 実は接待で連れて行ってもらい その後勘違いして何回か通った店である ある日指名した女の子が他

  • 白い女の子

    いわくつきの家に住んでいた頃 庭に面してリビングがあった 元は居間だがリビングっぽくしていた 娘が4歳の頃 とある日曜日久しぶりの休みだった 昼食を食べたら僕と娘だけが家にいた 娘は近所の友達と遊ぶ約束をしていた 友達の家まで一緒に行き 4時には迎えに行くと伝えた ソファーでごろごろして目を覚ますと午後3時 娘を迎えに行くには「まだ早いな」と思いつつコーヒーをいれながら窓の外を見た 丁度、白い服を

  • ホテルの鍵

    この頃(過去ブログ参照)働いていた職場で体験者から聞いた話です 関西の某観光地のホテルに女性二人で泊まったそうだ 泊まったのはシングルベッドが部屋に2つあるツインルームです 仮に、この話を話してくれた女性をAさん、一緒に行った友達をBさんとします Bさんがシャワーを浴びている時 Aさんは部屋でくつろいでいた Bさんが浴びるシャワーの音が気こえるが 部屋に誰かがいる気がしてその方向へ目を向けると男性

  • 正体!少し見たり

    その会議室は社内の飲み会でも使用していた 2月に一度くらいは社内で低予算でワイワイやってました その日も鍋パーティーで盛り上がってました まだまだ酔いも回らない頃 キャーと数人の悲鳴が廊下から聞こえてきた 廊下と会議室は透明のガラスで仕切られているだけなので 廊下に目を移すと 黒いモヤモヤした細い長い(1mくらい)ドラゴン見たいな物体が 壁に消えていった ほぼ全員が廊下を見たが 見えていたのは15

  • 2回目の金縛り

    部下の中にも霊感があるとい人がいました 「先日金縛りにあったよ」と伝えたところ 会議室では色々な現象があると言ってました そんなある日 またしても金縛りにあいました その日はキャンペーンに向けて チラシを作成していたのですが既に夜中になり 疲れたな~と顔を上げた瞬間 金縛りになりました 部屋は明るいままで やはり何者かの気配は感じます 首が動かせないので目であちこち見るが 何も見えない その時サワ

  • 初めての金縛り

    向いに住んでいる爺さんに過去の話を聞いてみた いわゆる曰くの話です もっと凄いの想像していたんだけど 所有者の関係者が不審死しただけでした 音がするような現象は他に原因があるのかもしれません 既に更地になり分譲されたのでわかりません 今では2件の戸建てが建ってます さて、自宅から勤務先は車で20分 満員電車じゃなくてうれしかったけど 今で言うブラックなので AM7時からAM2時位まで働いてました

  • 見知らぬ婆さん

    柿の木を切って数日後 会社から帰ると妻から 「今日庭に出ていたら、見かけないお婆さんから柿の木を切りおったな罰当たりがっ!」 と言われたと泣きついてきた 「きっとそのお婆さん毎年柿の実が実るのを楽しみしていたんじゃないかな」 と妻に伝えた 妻は全く納得していない様子だった

  • いわくつきな物件

    大学を卒業して金融機関へ就職した 何年か本社で勤務し30歳手前で支店へ異動する事になった 同時に引越となる その時既に結婚しており子供が1歳という事もあって 戸建てを借りようと日々不動産屋をまわっていた 築40年経過しているが60坪程の土地に重厚な一戸建 庭もあり車も置ける 庭には大きな柿の木があった 家賃を聞いたら17万 ちょい高いので交渉を試みた 15万切れば即契約と思っていたが 11万5千円

  • 母からの電話

    19歳で念願の霊を見て その後は順風満帆な霊ライフを送れるかと 楽しみにしていたが その後は十数年見る事はなかった 21歳の時 サークルでバーベキューに行く事になった まだ携帯電話はSFの時代 出発する寸前に母からの電話が鳴った 「あんたこれから車で出かけるんでしょ、事故起こすから 車は止めて電車にしなさい」 と突拍子もない事を母が言いだした 「怪我したり、死んだりするの?」 聞き返した僕に 「た

  • ついに

    その日はついにやってきた 大学生となり大学生活をエンジョイしていた もう心霊のこと等まったく忘れ ただひたすらに女の尻をおっかけていた   12月23日 大学のクラスメイトである男4人で妙高高原へ向かう事になった 友人Hが車を持っていたので Hの運転で東京を午後11時に出発した   今では妙高高原までは高速1本で行ける その当時長野道も途中までしか完成しておらず 更科ICで高速を降りると 後はひた

  • H君

    心霊とはほぼ無縁の高校時代であったが 高校1年で同じクラスになったH君 勉強も出来、クラスの人気者、スポーツも万能、女子からも人気があり まるで出来杉君のような存在だった そのH君、実は実家が幽霊屋敷だと言う 詳しく聞くと ・物心ついた時から霊がいた ・自宅のどこにいても霊の気配がする ・家が古く霊が動くと軋む音がする ・階段ですれ違う時は圧迫感がある ・恐怖はなく家族のよう ・オナニーには気を使

  • 中学生

    小学校では霊に遭遇する事が出来なかった 中学生になり二つ先の駅にある 塾に通う事になった もちろんM君も一緒だった 塾への行きはそれぞれで行き 帰りはM君と一緒に帰った 最寄り駅から僕の家はM君の家とは 真逆であった まだまだ霊との遭遇を諦めていなかった僕は M君とミステリースポット経由で帰った 結果的に三年間一度も霊に遭遇することなく 中学校生活は終える事になる しかし!M君と一緒に帰らなかった

  • 華厳の滝

    修学旅行は日光であった 楽しみにしていた華厳の滝での 集合写真、ミステリー研究会での 写真撮影会共に異常はなかった 同伴していたカメラマンさんにも聞いたが 華厳の滝での心霊写真は撮れた事がないと 言っていた(僕たちの小学校がある区での話) しかし四年後、妹が行った修学旅行では 心霊写真のオンパレードとなる

  • 修学旅行前日

    小学校6年修学旅行 日光に二泊三日 修学旅行前日 当時流行っていたガンプラを買いに 友達数人と自転車でプラモ屋に向かった そのプラモ屋は平屋のプレハブで 広い歩道の一部に建てられていた (大人なら違法と気付く) いつもなら既に開いているのだが その日はカーテンが引かれ開いてなかった 「変だね」等と会話しながらカーテンの隙間から 中を覗くと店主の足から腰の部分が見えた 「おじさんいるよ~」 「おじさ

  • ミステリー研究会

    なんともベタな名前の研究会をM君が作った 学校で活動するので担任には報告した 他にメンバーは2人いたが、あまり記憶はない 不定期で放課後に活動する事にした 基本的には心霊を中心にミステリーについて語る 雑誌「ムー」等を読んでお互いの感想を語ったり かなり楽しい時間が過ごせた 中でも、夜間の活動は毎回毎回興奮した M君が霊を見た場所を夜間に尋ねるというもので 当然親の許可をもらって深夜に町内をうろつ

  • 500円札

    心霊に関わらず、過去の不思議体験を書き起こしています とある友人(そいつもM君)と小学校5年の暑い夏に遊んだ その日は、すごく暑かった 二人で自転車で移動しながら 「500円でもあればアイス食べてジュースも飲めるのに」と その時、二人ともお金を持ってなかった するとピューっと風が吹いて 僕の腿に500円札が貼りついた! 周囲を見渡したが高い建物もなく、人もいなかった この500円札はいったいどこか

1 2