• エントリーポイント検証57

    久しぶりのブログ更新となります。 申し訳ありませんでした。 今週の現在のドル円のエントリーポイントを考察したいと思います。 図は、日足のチャートから順に時間軸を落としてラインを引き、1時間足チャートを表示させています。 ラインの引き方にもよりますが、この図だとどこがエントリーポイントだったか分かりますでしょうか? 自分なりには、以下の3ポイントです。(すべてショートエントリー) 最初のポイントは形

  • エントリーポイント検証56

    指標発表から ■ユーロドル(火曜日20:00) レンジ帯を一本大き目の陽線でブレイクして、2本押しからロングエントリーで日足のラインまで狙うケースです。 2本押しの水準はちょうどレジサポになると見たのと、ここからエントリーしてもリスクリワード的に1:1以上が確保できることを確認してのエントリーです。 ■ユーロドル(水曜日00:00) 目標に無事到達しました。

  • エントリーポイント検証55

    指標発表から ■ユーロドル(木曜日8:00) 前回の決済から、1時間足で一旦下降トレンドが崩れました。 黄色ラインを突破すれば上昇トレンド転換し、さらにトレンドラインもブレイクしてきているので、そろそろ上方向に向かうのかなと考えられるかもしれません。 ただし、赤のラインを下抜けてしまうと、また下げていくことが考えられます。 ■ユーロドル(金曜日18:00) 下抜けてしまい、橙の日足のラインも少し下

  • エントリーポイント検証54

    まずは、指標発表から 今回は、2つの時間軸のチャートだけを使って検証してみます。 1.日足チャート  →長期的流れの把握と日足のトレンドが出ている方向に仕掛けたいため 2.1時間足チャート  →中期的な流れの把握とエントリーのタイミング取りのため ■ユーロドル(午前8時) まず、日足は誰が見ても下降トレンドといえると思います。 戻り売りを狙う場面と考えます。 1時間足を見ると少し戻りを取りにきてい

  • エントリーポイント検証53

    ■指標発表 ■ユーロドル 〇水曜日9:00、4時間足で大きく見るとWボトムのようにも見える。ここが底か? 4時間足のラインを下抜ければ戻り売りが狙えそう 〇水曜日15:00、上昇の動きが出てきた。 ただ、日足、4時間足ともに下目線。少なくとも1時間足で上昇を確認したい。 〇水曜日21:00、上下に激しく動いて、4時間足のラインをひげで下抜けたが、まだ抜けが甘い状況。本日はノートレードで終了。 〇木

  • エントリーポイント検証52

    ■指標発表 明日分 ■ユーロドル 〇月曜日9:00、4時間足のラインまで近づいてきたところ。 日足、4時間足下、1時間足はトレンドレスの状態。 基本的に下を狙っていく。 〇月曜日15:00、1時間足でピンバーが出て陰線2本出たところ。 15分足でもう一山付けてWトップになったところでエントリーしたい。 〇月曜日17:15、15分足でWトップ、20EMAを下ブレイクしたところでショートエントリー。

  • エントリーポイント検証51

    ■指標発表 この後比較的重要な発表なし ■ユーロドル 〇水曜日17:30に15分足上ひげ陰線、1時間足の直近下降波の半値戻しの水準からのショートエントリーして、無事決済 〇金曜日21:00 ロンドンランチタイムまでに1時間足で安値を切り上げてきているが、大きくブレイクするには至っていないため、今週は終了

  • エントリーポイント検証50

    まずは今日、明日の指標発表から 以前記事にしていたエントリーポイント検証の続きをやってみたいと思います。 画像はFT2(フォレックステスター2)の画面です。 (画像が見にくいかも) ■ユーロドル 〇月曜日にチャートを見たとき、日足も4時間足も下目線なので、基本は戻り売りを狙いたい 〇15分足でWトップの形ができそうなため、その値幅を狙ってみたエントリー 〇その後無事決済 〇火曜日に15分足で大きく

  • エントリーポイント検証49

    5分足のMAパーフェクトオーダーのタイミングによるトレード検証です。 (ポンド円2016年) ■5分足(10:00) 3本のMAがパーフェクトオーダーになったところです。 ここから売りができるでしょうか? いつものように1時間足で確認します。 ■1時間足(10:00) 上昇トレンド真っ最中です。 4時足(紫)のMAも上向きでここからショートというのは危険と判断し見送ります。 ■1時間足(18:00

  • エントリーポイント検証48

    5分足のMAパーフェクトオーダーのタイミングによるトレード検証です。 (ポンド円2017年) ■5分足(8:00) パーフェクトオーダーになって、真ん中のMAに少し近づいて一番下のMAを割り込んだところです。 さてここからショートが狙えるでしょうか? 5分足だけでは分かりづらいので、1時間足を見てみます。 ■1時間足(8:00) 赤線がラス押しとすると、直近では下ヒゲを出してそのラス押しを下抜けた

  • エントリーポイント検証47

    エントリーポイント検証です。 ユーロ円1/4~1/6までで、どこでエントリーが可能だったのか検証したいと思います。 ■4時間足(1/6 19:00) 4時間足の確定時に切り下げラインを抜ければ、チャンス近しとみてよいと思います。 ■4時間足(1/6 23:00) 次の4時間足確定時に、切り下げラインを試して下ヒゲを出して反発しました。 すぐに1時間足に切り替えます。 ■1時間足(1/6 23:00

  • エントリーポイント検証46

    エントリーポイント検証です。 ドル円1/4~1/6までで、どこでエントリーが可能だったのか検証したいと思います。 ■4時間足(1/4 11:00) 3日まで休んで、4日の4時間足が確定する11時から見たとします。 大きな陽線が出たあと上昇フラッグを上抜けして押しが入り、直近の高値付近を目指して上昇中といったところです。 もしロングを打つならもう少し早いタイミングが良かったはずなので、ここは様子見が

  • エントリーポイント検証45

    5分足のMAパーフェクトオーダーのタイミングによるトレード検証です。 (ポンドドル2016年) ■5分足(16:10) 少し前からパーフェクトオーダーになっていますが、足が真ん中のMAを一旦上抜けして下げた場面です。 一番上のMAも上向きでショートを狙うのはどうかという場面ですが、1時間足を見てみます。 ■1時間足 上昇の親波のラス押しのまだ上にいるため見送りです。 もし、ラス押しを下抜けて戻りを

  • エントリーポイント検証44

    ユーロドル2016年のある時期におけるエントリーポイント検証です。 ■日足 点線の範囲を親波とし、高値、ラス押し、安値に水平線を引きました。 ラス押しを下抜けて戻りが入り、再度下げていったようです。 ■4時間足 親波の安値に到達しようかというところです。 狙うタイミングとすれば安値を下抜けて戻りを拾うか、切り下げライン抜けからの反転を狙うかです。 もう少し様子を見ます。 ■4時間足(10:00)

  • エントリーポイント検証43

    違ったアプローチでのトレードを検証したいと思います。 (ポンドドル2016年) ■5分足(18:00) 5分足で3つのMAがパーフェクトオーダーになってから、真ん中のMAにタッチして反発したところです。 ここからロングが打てるでしょうか? やはり上位足を確認したいと思います。1時間足だけで判断したいと思います。 ■1時間足(18:00、エントリー) 1時間足では下降トレンドからディセンディングトラ

  • エントリーポイント検証42

    ポンド円2016年のある時期におけるエントリーポイント検証です。 ■日足 点線の範囲を親波として認識しました。 水平線は上から順に、親波高値、3波起点、安値となります。 現在戻りを取りに来ているのかなというとことです。 ■4時間足(7時) 紫点線を親波とすると、Wボトムのネックラインが23.6%になります。 ネックラインへの試しをして第3波→第4波が出て、第5波が出ようとしています。 いきなりチャ

  • エントリーポイント検証41

    ポンド円2015年のある時期におけるエントリーポイント検証です。 ■日足 親波を点線の範囲と判断し、高値、安値、ラス押しの水準にラインを引きました。 ラス押しラインを下抜けたので、下目線に切り替わっています。 ラス押しまで戻ってくればショートを狙っていけそうです。 ■4時間足(6:00) ラス戻りのライン(ピンク)を下抜いてからまだ、まだはっきりとラス戻りを試しているようには見えないため、このまま

  • エントリーポイント検証40

    ポンド円2014年のある時期におけるエントリーポイント検証です。 ■日足 上昇波のラス押しを下抜いて本格的な下降トレンドになり、上昇の起点まで迫ろうかというところです。 ■4時間足 上昇の波にトレンドラインを引いてみると、そのラインを抜けて、ヨコヨコドンという形で落ちました。赤矢印を始めいくつか売りポイントがあったと考えられます。 ここから考えられるのでは、一番下の紫のネックラインへの戻りからの売

  • エントリーポイント検証39

    ポンド円2014年のある時期におけるエントリーポイント検証です。 ■日足 上昇トレンドが続いていて、そこに押しが入ったとこです。 20EMAに刺さり、ラス押し付近までヒゲが伸びて戻していきました。 これはチャンスとみてよいと思います。 ■4時間足 切り下げラインを引いてみると、ちょうど上抜けしたところでした。 切り下げラインに押しが入るまで4時間足のまま監視します。 ■4時間足(11:00) 切り

  • エントリーポイント検証38

    豪ドル円2015年のある時期におけるエントリーポイント検証です。 ■日足 直近の高値を上抜いた時点で、上昇トレンドが発生しました。 直近の高値は下降の波のラス戻りを抜いたとはいえず、斜線を引いた波で抜いたと判断しました。 目線は上で、現在押しを付けにきているところですので、4時間足で監視します。 ■4時間足 ちょうど、20EMAの付近まで押しを付けにきたので1時間足に切り替えます。 ■1時間足(9

1 2 3