• 平成26年-事例1 再現答案 (第2問)

    第2問(配点20点)(100字以内)主力製品を育てるには新しい技術や製品で、取引先の要望を超えるアイデアの提案が必要であるが、依頼される単発的な仕事を社長一人でこなしていたため、技術革新や代替品の登場により2-3年で注文がなくなった。=======考え方主力製品に育たなかった理由として、「技術革新や代替品の登場により2-3年で注文がなくなった。」を結論にしようと考えました。創業期の製品の多くが主力

  • 平成26年-事例1 再現答案 (第1問)

    平成26年-事例Ⅰ 第1問(配点20点)(120字以内)以前にもまして研究開発力の強化なくして事業の成長も存続も望めない環境になってきたことに加え、以前は多額の研究開発資金を捻出が難しかったが、現在では資金調達の手段として公的助成金が整備され、小規模企業が事業進出を行いやすい環境となった。 === 考え方問題要求で、経営環境の変化が問われているので変化に着目して本文から解答の根拠となる記述をさがし