• 東茨城郡茨城町 涸沼

    昨日、東茨城郡茨城町の涸沼へ行ってきた。初めての場所なのでロケハンも兼ねる、及びひたちなか市の中生代白亜紀層や大洗町の神磯鳥居も撮影予定のため05:30に家を出る。 初めての場所はまずネットなどで情報を得るのだが、涸沼の画像は水面から出た漁具と筑波山を背景にした夕景が多い。それらから考察し東茨城郡茨城町大字上石崎4144-4、県道106号線沿いの親沢公園を最初の目的地にした。 予想はドンピシャとな

  • 12/01 追加画像

    昨年の12/20、相馬市岩子字坂脇の松川浦で撮影。当日は早朝より朝陽の撮影を行った後、小名浜で工場を撮る。その際の画像「Blue Sunrise」「黄昏と色彩」「ぬぐい朝」はMain Blogの”Back Number 2015/12”でご覧下さい。 夜明けに小型漁船が多々出港するが、一体何処へ行くのか気になる。現在、沿岸の大洲道路は復興工事の真っ最中であり、多数の重機が並び残念ながら景観は損なわ

  • 相馬郡新地町 白幡のいちょう+etc

    26日の土曜日、相馬郡新地町駒ヶ嶺字白薄、国道113号線沿の”白幡のいちょう”へ行く。例年だと今頃が良いと聴いており、本来なら早朝の撮影を行いところだが、今朝は用事があり現場到着は10:00前となった。 矢張り今年の紅葉は何処へ行っても進行具合は遅く、緑の葉がまだまだ残っており、今週一杯は楽しめるかも知れない。 新地町HPより・・・伊達政宗が新地に攻めてきた際に持っていた、イチョウのムチを逆さにさ

  • 喜多方市慶徳町 新宮熊野神社

    二週間前に様子を見に行った喜多方市慶徳町新宮字熊野、新宮熊野神社の長床と大イチョウ。既に散ったと聴いたのだが人出のない早朝に訪れてみた。 葉は殆ど散っておりました。当初は黄色の絨毯を主題にすれば良いかと安易な考えであったが、葉が残ってないと画になりません。 ・・・天喜三年源頼義の勧請の古社。 長床は藤原時代の貴族の住宅建築としての寝殿造りの主殿の形式をふんだもの。熊野神社の拝殿として建てられたもの

  • 二本松市郭内 霞ケ城公園+etc

    ・・・二本松城(霞ヶ城)城内の庭園内に複数もうけられた茶室の一つ。城郭由来の建造物、県指定文化財の茶亭として明治時代に再移築されています。元は城内の庭園にあった茶室の一つ「墨絵の茶屋」です。 天保8年(1837年)の山崩れで、墨絵の茶屋がこわれたため、これを阿武隈川河畔に移設し、藩主の釣茶屋とした利用されました。藩主の釣茶屋となっていたのを後に、現在地に移し「洗心亭」と名づけられました・・・ とい

  • 大沼郡金山町 只見線第四橋梁

    今年の夏、場所を教えてもらった大沼郡金山町大字水沼字沢東の山頂から見下ろす只見線第四橋梁。とても眺めのよい俯瞰ポイントだが、今夏は霧の発生が芳しくなかったり天候に恵まれなかったりなどなど、雪が降れば行けなくなってしまう、且つ葉が全て散る前に撮っておこうと出掛ける。 手前の水色の橋は国道252号線水沼橋。画像中央は水沼公園。番号は今年Main Blogにupした各画像の撮影ポイント。①「青き刻」 ②

  • 大沼郡昭和村 旧喰丸小学校+etc

    大沼郡昭和村大字喰丸字宮ノ前の旧喰丸小学校、矢張り今年の紅葉は何処かおかしく一本のイチョウが色付くことなく全て落葉したようだ。例年であれば今頃が黄色の絨毯になるのだが、周囲の山々も含め一週間ほど遅い。 という訳で昨日行って来た。早朝は雨が残りしっとりした趣きがあった。手前の緑の落ち葉が既に散ってしまったイチョウ。メインとなるイチョウはまだまだこれからといった感じだが、このまま散ってしまう可能性が大

  • 大沼郡三島町 早戸駅+etc

    前々より気になっていた絵画、大沼郡三島町大字早戸字小沢巻の早戸駅を描いた松本忠氏作「ふるさとの秋は変わらず」。 上画像がそうなのだが、08/15の記事「大沼郡金山町 ”会津中川駅周辺”」と同様、写真に収めてみようと行ってみた。 暗い内に到着しあれこれと見て回る。国道252号線沿いにある早戸駅、いつもは通り過ぎるだけであり、且つ暗さもあって立ち位置がなかなか見付けられない。 上画像、只見川の奥部分は

  • 耶麻郡猪苗代町 達沢不動滝

    今日は文化の日、特に撮影予定はなかったけど何気に耶麻郡猪苗代町大字蚕養字達沢の達沢不動滝へ行ってみる。前回訪れたのは六月、昔は足繁く通ったものだが年に二~三度程になってしまった。滝まではまだ見頃の紅葉となっているが、滝前に垂れ下がるカエデなど滝周辺は終わりを迎えていた。 いつもと変わらない佇まい。例年だと小正月頃には雪で埋もれます。 滝までの道はまだ見頃の紅葉となっているが、滝前に垂れ下がるカエデ

  • 南会津郡下郷町 ”観音沼森林公園”+etc

    昨日の日曜は04:00起床、紅葉を目的としあちこち一人で動き回る‥というか、大抵一人だけど、行く先々の予定は下記の通り。 1.西白河郡西郷村大字鶴生字由井ケ原 雪割橋 2.南会津郡下郷町大字野際新田 観音沼森林公園 3.大沼郡昭和村大字小野川 しらかばの杜 4.河沼郡柳津町大字大成沢 ツムジクラ滝 時間があれば・・・ 5.大沼郡三島町大字浅岐 只見線第三橋梁 6.同金山町大字水沼字沢西 只見線第四

  • 南会津郡南会津町 ”屏風岩”

    先週、まだまだの景観に一枚も撮らず仕舞いであった南会津郡南会津町大桃字平沢山の屏風岩、懲りずに昨日も行ってみたのだが、一週間でかなり色付きが進んでいた。とはいえちょっと早い感もあるものの撮影を行う。 国道352号線沿いに流れる伊南川の流れが作り出した屏風岩、此処から7kmほど行くと桧枝岐村になる。 そびえ立つ岩と紅葉と川の流れ、全てを入れると結構構図が難しい場所だったりする。 左手には遊歩道があり

  • 耶麻郡猪苗代町 ”天神浜”

    一昨日の裏磐梯、紅葉の色付きが例年よりかなり遅く、それでは南会津方面はどんなものかと昨日行ってみたのだが、この方面もまだまだといった景観だった。 そんな訳で一枚も撮らずに帰路に着くが、復路は会津市内から猪苗代湖を通る。途中、耶麻郡猪苗代町大字中小松字小平潟の天神浜で夕景を期待し時を待つ。 昨日、今日と天候が良く空の感じもなかなかだが、毎度ながら夕焼けに恵まれない私のジンクス通り、夕方に近付くに連れ

  • 耶麻郡磐梯町 磐梯吾妻レークライン

    今日は仕事なのだが、裏磐梯の紅葉は如何なものかと久しぶりの03:30起きで行ってみる。行き先は耶麻郡北塩原村大字桧原”磐梯吾妻レークライン”からの秋元湖俯角、昨年の10/18は見頃だったので大いに期待するも、今年はかなり送れているのかまだまだといった景観だった。 暗い内から構図を決め明るくなるのを待つが、今朝の朝陽は天気が良すぎるというかどうもイマイチ。雲があればドラマティックな表情になったかも知

  • 南会津郡南会津町 ”前沢曲家集落”

    南会津郡南会津町前沢「前沢曲家集落」の北側にある山、此処を登ると集落を俯角で眺めることが出来る。数年前の冬、集落の雪景色を撮ろうと登ってみたが、あまりにも雪深く途中で引き返した。 それから数ヶ月、ある撮影地で一緒になったカメラマンよりその登坂道が展望台遊歩道として整備されているとの情報を得、昨日はロケハンを兼ね行ってみた。 集落の国道を挟んだ向かいの空き地に車を停め、その脇から登り始める。雪が深い

  • 福島市飯野町明治の彼岸花

    関東から福島県に入ると彼岸花の数が極端に少なくなるようだ。その逆に茨城県などに入った途端、あちこちに彼岸花の姿が見受けられる。併しながらこの数年冬季の積雪が少ないためか、絶対数は少ないものの私の近くでも彼岸花の姿を見かけることが多くなった。 今日撮影を行った福島市飯野町明治字石畑、県道307号線沿いにある東光寺近くの古い墓碑も然りで、その数が昨年と比べかなり多くなっていた。 ずっと続く雨で湿気が凄

  • 神栖市東和田 ”鹿島臨海工業地帯”

    昨日24日の土曜、久々に遠出をした。行き先は三月以来となる神栖市東和田の鹿島臨海工業地帯。此処のところ雨が続き写欲が起きずにいたが、前々より撮りたかったものがあり、曇り時々雨の天気予報ではあったが強行する。 今回の行程は往復で約470km。道すがら本格的に雨が降ったり霧雨になってみたりと撮影は諦めるしかないかと思いきや、到着後に立ち位置や構図を検討している内に雨は上がり何とか撮影が出来た。 撮りた

  • 福島市小田 ”陽林寺”

    昨日の土曜は朝から‥とっいても08:00頃からだが久し振りに一日中外にいた。まずは今日の目的である福島市小田字位作山の陽林寺。 2012年の冬以来となる陽林寺、立派な山門に安置される仁王像が撮影の目的だ。境内には伊達実元の墓碑があり、伊達家ゆかりの寺となっている。因みに1987年のNHK大河ドラマ「独眼流正宗」に於いては竜雷太が実元を演じていた。 阿形と吽形。檻越しの撮影になるため今日はタンスの肥

  • 郡山市湖南町 ”布引風の高原”

    11日に行った郡山市湖南町赤津字西岐の布引風の高原。向日葵は既に終わったと思っていたのだが、今朝TVを見ていたらまだまだ咲いているとのことで、それではと夕焼けを撮りに出掛けてみる。 風の高原で向日葵と夕景を撮るのは何年ぶりになるのだろうか、期待しながら到着すれば一番のメインとなる中央部は既に散っており、北側の猪苗代湖側が咲いていた。 北側で向日葵を撮影したことはなく、立ち位置を決めるのにあちこちと

  • 日立市東河内町 ”玉簾の滝”

    国道349号線、セブンイレブン日立下深荻町店周辺より日立市東河内町々内へ向かう交差点があり、その交差点周辺に玉簾の滝(たまだれのたき)の案内板を見かける。 今まで東茨城郡大洗町磯浜町へ向かう途中、何度か寄ったことがあるのだが、冬季や春先だったので景観が宜しくなく撮影することはなかったものの、28日の日曜はその大洗町の帰り滝周囲の緑の様がよく撮影を行った。 滝自体は玉簾寺(ぎょくれんじ)の境内にある

  • 南会津郡南会津町 ”たかつえそば畑”

    21日の日曜、雨模様の天気予報なので撮影の予定は立てず、南会津郡南会津町高杖原のソバ畑の様子を伺いに行く。本番の撮影は例年のように八月の末、来週の早朝であったのだが、着いてみれば既に満開状態、且つ天気予報が外れて晴天となる。 つまりロケハンのつもりがそのまま撮影することになった訳だが、分かっていれば早朝に来たものをと悔やまれる。 高杖ソバ畑の見学位置はソバ畑中央の道と、東側の高杖スキー場へ向かう道

1 2 3