• TIAMO18(東方神起ホミン小説)  完結

    にほんブログ村鈍い身体の痛みに引きずられるように目を覚ます段々とはっきりする意識の中で混乱する記憶にこめかみに当てた指を強く押し付けながらぼんやりと長い回想…霧に包まれたような頭にやっと追い付いてくる現実ドラマの撮影のあとチャンミンに電話して…?組んだ腕の下敷きになってしまっていた写真集を慌てて…よれてしまったページにため息をもらした〈これのせいだな〉長い夢のような回想からいつの間にかついた眠りそ

  • TIAMO17(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村僕の部屋に入るなりなんだか急に大人しくなったチャンミンにソファーを進めても所在なさげ「何か飲む?」と聞くとほっとしたように立ち上がりキッチンに顔を見せた「ワインなんて無いですよね」どうだったかな、と答えながらもあるはずないのは僕もチャンミンもよく分かっていた「いい大人の男は自分が飲まなくてもワインくらい置いとくもんですよ」なんて言いながら冷蔵庫を覗いて「ビールもないんですか?」なんて

  • TIAMO16(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村全ての電話が終わったのはもう予定の時刻をとうにすぎた3時間も後で〈皆帰ったんだろう〉マネージャーにはきっとチャンミンが上手いこと言ってくれてるに違いない…なんてゆっくりと帰り支度をしていると急に遠慮なくドアを開かれて振り返ると表れたチャンミンの姿に驚いてしまう呆けていると片眉を上げて「ヒョン。済んだんですか?」いつもより無遠慮な口調に頷くと済んだならいつまでもぐすぐずしてないで、なん

  • TIAMO15(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村電話口で笑い声「懐かしいな…なあ楽しかったよな?」僕は思う僕が感じること…僕が信じたり大切にしたいと思っていることは他の人にはどうなんだろうって同じように感じたり大切に思うんだろうか?それとも他の人には記憶にも残らない些細な事なんだろうか…懐かしい思い出も人によって景色が違う同じ景色を見ても感じ方は人それぞれあるようにだからこそ自分が大切にしている思い出を共有してくれる相手がいてくれ

  • TIAMO14(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村電話を手に取って暫く眺める画面に呼び出した名前いざかけてしまうと少し長めの呼び出し音に萎縮していくような心はい、とつながった電話にためらいがちにもしもしと返すとおう、どうした?なんて変わらない挨拶に胸をつかれ電話しておきながらの沈黙に疑問符混じりの声「なんだ…?何かあったのか?」何か、と言う言い方に奇妙な響きがある「何かって?」「…あいつから連絡行ったろ?ちゃんと謝ってたか?まさかま

  • TIAMO13(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村翌日起き出すともうチャンミンの姿はどこにも無かったこれまでも何度と無く喧嘩をしたりお互いにうんざりしてしまってそれでも周りにマネージャ―やスタッフさんが沢山いるので余り顕著には出来ないそんな時のスタンスを僕達はもう肌で覚えてしまっている他の人には気付かれることなくやり過ごすやり方を普通に会話もするし必要なら笑顔で抱き合ってみせる傍目にはいつも通りの僕達に見える事を期待して…帰国の途…

  • TIAMO12(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村音も無くするりと部屋に入って来たチャンミンが、黙って立ち尽くしている僕に少し怪訝な顔をしながら横をすり抜けていきテーブルの前で立ち止まるそして彫像のように固まってしまう固い背中の線が振り返ると押し殺したように低くなじられた「…どういうことです?」突然の怒りの理由がわからずに立ち尽くす僕の顔面にカジノの案内を突きつけた「チャンミン」「…こんなとこでまで?」え?と思うなり咄嗟に何も言えな

  • TIAMO11(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村まるで逃げるように誰とも目を合わせず俯きながら車に乗り込んで走り出してハンドルを握る手は僅かに震えてしまう夜の闇の中を滑るように走らせる車の中で刻まれるのはまるで早鐘のようなリズム一刻も早く離れたいしばらくして後ろを振り返るときらびやかな宝石箱の様な灯りが小さく消える寸前路肩に停車してやっと長く深いため息をついた電話を取り出してロックさえ解かずにただ見つめて考えるこのまま光州に帰ろう

  • TIAMO10(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村僕はそれまで自分の事を意思の強い人間だと思っていたやると決めた事や交わした約束はどんなことがあってもやり抜くし叶える鋼鉄の意思がある、と反対に少しくらいの悪癖なんて直ぐに正すことが出来るだろうなんて考えるそばからくゆらせた煙の元を眺めて苦笑する煙草だって止めようとおもえば直ぐにやめられるギャンブルだって同じこと止めようと思えば明日にでも止められるけど別に止める必要性を感じないだけちょ

  • TIAMO9(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村焦燥感と自己嫌悪にさいなまれながら寝苦しい夜を過ごして迎えた朝…僕だけでなく皆のテンションはやけに高すぎて急ごしらえの明るさが逆に皆の中にある不穏な空気を露呈してそうして気付いてしまう1人足りない顔「…ああ…あいつは先に帰ったから」何気なさを装って言葉少なに告げられると一瞬の間「そうなんだ…」何事も無かったように振る舞おうとする僕の努力は一応報われたけどその反面何とも形容のし難い不完

  • TIAMO8(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村今にして思えば何から何まで上手く行き過ぎでも高揚した心に歯止めをかけるような冷静な頭は持ち合わせていなかったちょっと騒ぎ過ぎ熱くなりすぎかなと思っても仲間の誰かや自分にちょっと信じられないくらいの幸運が舞い降りてくるとなれば…その度歓声と共にハイタッチしながらのファンダンゴ(ばか騒ぎ)どのくらい経ってか不思議と時間の感覚が無い中でもさすがに皆の顔に疲労の影を認めあいあっという間の時間

  • TIAMO7(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村〈ラスベガスに行く前に近場で予行練習しよう〉そんな風に簡単に決まった約束が果たされたのは去年の夏まだ早い時期だった学生の時からの仲間何人かでばか騒ぎしながらの珍道中迎えに来たリムジンにテンションもボルテージも上がりすぎ…みんな思い思いに楽しんでいる仲間が勢揃いするのだって今はなかなか難しいそれぞれ家庭があったり地方にいたり住んでいる場所も仕事もばらばらそれが奇跡の様にすんなり日取りも

  • TIAMO6(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村朝方何故か急な目覚め時間的にはとても足りないような短い間しか寝ていないのに…とまた眠りにつこうとしても何故か目が冴えて眠れずにそのまましばらくベッドの中で無理矢理目を閉じて試行錯誤眠ったふりをしてみたり呼吸をゆっくりにしてみたり心の中で数え歌を歌ってみたり…しても眠れずにむしろ冴えてくる頭をもてあまして思いきってベッドを出てしまう寝不足の重い頭…自分が世界から壁1枚隔てたようなところ

  • TIAMO5(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村部屋に入るなり荷物を投げ出してソファーに直行…しようとして思い直し手近な回りをざっと片付け始めるほんの少しの時間でかなりすっきりした部屋を眺め満足しながら寝室に向かったベッドに横たわりちょっと馬鹿みたいと思いながらさっきまでの撮影の合間に撮ってもらった自分の写真をチェックする〈ヒョンの顔忘れそう〉また眺めるメッセージに少し頬を弛ませながら選んだ写真を送って〈忘れるなよ〉そう添えてサイ

  • TIAMO4(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村目の前でやっと開いたエレベーターに乗りこもうとして降りてきた相手とぶつかりそうになってしまう慌てて横によけながら一歩下がると素っ頓狂な声「あれ?ユンホさんよろしくお願いします」顔をあげると旧知のプロデューサー…打ち合わせの相手だ…が顔見知りじゃない二人を連れている慌ててエレベーター前で始まる挨拶……テミンが押さえてくれたドアを離れてSHINeeのメンバーが乗り込むのを横目で見守る挨拶

  • TIAMO3(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村廊下を突っ走ってエレベーターの前でイライラと…思いついて電話を取りだそうとしてはたと気付くリュックにいれたまま…舌打ちして階段に向かおうとして背後からかかる声「先輩…どうしたんですか血相変えて」見るとSHINeeのミンホが後ろにメンバーを引き連れて笑いながら小走りでやって来る「…なんだお前か」思わず呟いてしまった台詞に冗談混じりの抗議「なんだって何ですかなんだって」明るく笑いながらヒ

  • TIAMO2(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村大概の所業は後でつけが廻ってくる犯罪だってなんだって大きなものから日常の些細なものまで酒を飲みすぎれば二日酔いになるし食べ過ぎれば浮腫んだ顔で何千人…何万人の視線に晒されるはめになるそして昨日の僕みたいに面倒くさがってソファーで眠ってしまったら…日付が変わっていたからもう今日かなんてどうでもいい事でも考えて意識をそらさないと固まってガチガチの全身が壊れた機械みたい油を射さずに酷使した

  • TIAMO1(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村18日と三時間時間に換算したら僕にはもう暗算が追い付かないくらいの長い長い間…18日と三時間ドラマの撮影に追われて考える暇も無いくらいの毎日を過ごしているにしたって長すぎる時間18日と…と時計を見ようとして時代劇の衣装に気付いて苦笑いこの時代に腕時計なんてあるわけない首を巡らせて時計を探すけど見当たらずに肩をすくめた…のを顔見知りのスタッフさんに見られて曖昧な笑みを浮かべる「どうかし

  • TENSE12(東方神起ホミン小説) 完結

    にほんブログ村ヒョンの言葉に固まった身体が自由になるゆっくりと肩に手をやるとおかしそうに「いつもと逆だな」「…たまにはいいんじゃないですか」いつもだって僕の方が背が高いのに何故かヒョンといると自動的に受動的になってしまうことが多くてでも僕は知って貰わなければヒョンが僕を大切にしてくれるのと同じように僕だってヒョンを守りたいこれから長い時…長い間今度は僕がヒョンを安心させてあげたい〈ヒョンは大丈夫〉

  • TENSE11(東方神起ホミン小説)

    にほんブログ村ヒョンの優しさ…その優しさがただ単に優しいだけじゃなくその優しさがヒョンの厳しさや辛い経験に裏打ちされたものだからこそ僕の心に滲みるんだとこんなにも痛いほど…ヒョンの嘘を思う僕のためにこれまでヒョンがついてくれていたであろうたくさんの優しい嘘〈大丈夫大丈夫…〉一人の仕事の時でもどこからか頭に響く声〈大丈夫だよ…〉そう言って伸ばされる指先肩に置かれる掌親指を立てて向ける笑顔〈僕はお前ほ

1 2 3