• 徳育の「根幹」

      「徳育」(道徳教育)を教科に位置づけても、すべての子供たちに高い規範意識を身につけさせることはできない。なぜなら、そのためには、すべての大人たちが高い規範意識を身につけていることが前提であり、まず大人の社会が子供の「手本」にならなければならないからである。しかし、規範意識に欠ける大人の行動が社会の隅々にまで蔓延しているのが現状ではないか。学校という社会、教員という大人だけに、その高い規範意識を

  • 団塊世代の役割

     団塊世代が定年退職を迎え、「第二の人生」を歩みはじめている。彼らの「第一の人生」は、その大半が戦後日本の発展(高度経済成長)のために費やされたことは間違いなく、その結果、現在の「豊かで平和な日本」が誕生したといっても過言ではないだろう。だがしかし、「もう役割は終わった。後は悠々自適・・・」といえるほど現実は甘くない。戦前・戦中世代の先輩が、「第二の人生」をどのように過ごしているか。平均寿命が伸び