太陽族のムラゴンブログ

  • 石原裕次郎という「男」(たち)

     52歳で他界した映画俳優・石原裕次郎の23回忌法要が国立競技場で営まれ、11万人以上の人々が参拝に訪れたという。私にとって、この「石原裕次郎」なる人物、何の感慨もわかないのだが、なにゆえ未だにそのような「人気」を保持しているのだろうか。兄の慎太郎は、言わずとしれた芥川賞作家、どうした風の吹き回しか、今は東京都知事としてオリンピック誘致に奔走している始末、何と「人間変われば変わるもの」である。兄弟