• 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現⑨

    (そう言えば、最近リスカとかしてないな)風呂で体を洗っている最中にふと自分の腕が目に入り、すっかりとかさぶたが無くなってみみず腫の様になった複数の傷跡を見ながら思う。そう考えたら、今すぐリスカしなければ、と、強迫観念に駆られる事も無く。むしろ、あの行為は一体何の為にやっていたのだろうかと、分からなくなってしまった。(死神の世話で忙しいもんな)世話らしい事をしている訳では無いのだが、そんな事を考える

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現⑧

    「死神様にもそんな思考回路があるんだな」「本来なら持ち合わせている筈のない物だが、俺は他の死神と比べて色々と劣っているから、あってはいけない余計な思考を備えている事がある」俺の微笑混じりの嫌味を死神は気に介す事もなく、ご丁寧に説明してくださった。他の奴には無い物を自分は持っているって、優秀な事なのではなかろうかと思うが。例えばインプットされた言葉をただ喋るだけのロボットと、自分で考えて喋る事が出来

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現⑦

      願い事を言わないと離れないと宣言した通り、死神はずっと俺の側にいた。たまにどこかに出掛けるのか、姿が見えない時もある。しかし気付けばいつの間にか後ろに立っていて心臓が止まりそうになった、なんて事も多かった。飯も食わないし風呂やトイレにも行かないし風呂にも入らないし、買い物をする事も無いから、生活費は一人の頃と全く変わらない。俺的にはペットを飼っている気分だが、手間が掛からない分ペットより安上が

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現⑥

      なんて理不尽な。こっちの都合はお構い無しなのか。その後、怒鳴り散らしてみたり玄関から外に放り投げてみたりしたけれど、死神はどこからともなくまた俺の部屋に戻って来た。そんないたちごっこを繰り返しているうちに眠ってしまったのだが、目を覚ましてもやはり、そいつはそこに居た。「頭いたい…」「願い事は決まったか」「だから無いって…」慣れって恐ろしい。俺の命を付け狙う死神なのに、恐怖心を飛び越してうざった

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現⑤

    「お前は愛されている。だから死ぬ前にお前の願いをひとつ叶えてやろう。代価はその命だ」自分を死神だと言う彼は、さもそれが常識だと言わんばかりに意味不明な説明を繰り返す。俺は濡れた体にタオルを巻いて、飛び込む様にしてベッドに倒れ込んだ。「…俺が誰に愛されてるって?」「お前達の言葉で言うと、神だ」「俺が?神様に愛されてる?…はっ、そんな訳ないっしょ」今の俺の状態を見ろよ。どこが神様に愛されているって?神

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現④

     「…うっ…う…」酷い頭痛に急かされ目を覚ますと、辺りは真っ暗だった。地獄に来たのかと一瞬思ったが、よくよく目を凝らせば、自宅の風呂場であった。どうやらあのまま気を失い、夜になってしまったらしい。冷水のシャワーにずっと当てられていた体が、酷く冷たい。先程まで血を垂れ流していた腕の傷は、もう血液の流出を終えた様だ。腕にはまたひとつ、死にぞこないの証が増える事になる。(そう言えば…、人が、居た気がする

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現③

    流水音と共に、腕の傷から流れ続ける鮮やかな赤。どれくらいこうしているのか。ぼうっとした頭では分からない。(血って、何リットル出たら、死ぬんだろう)あの事件の後、両親は俺をすぐに家から追い出した。高校も辞めて、用意されていたのは実家から遠く離れた寂れたアパートの一室。俺の口座には、両親か毎月毎月事務的にお金が振り込まれ、それが俺を生かしていた。こんな息子、さっさと縁を切ってしまいたいだろうに。せめて

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現②

    元々両親とはそれほど仲が良く無かったから、家族を捨てるのにそれほど躊躇は無かった。リュックに必要最低限の荷物を詰め、ありったけの金と通帳を持って家を飛び出した。これからは彼と二人きりで生きていこう。俺達なら大丈夫。焦る身体。切れる息。彼のアパートの前。玄関の扉は開いていて、全く不用心なんだからと小さく笑いながら、室内へと足を踏み入れる。テレビの音。彼と抱き合ったベッドの上。見知らぬ女と抱き合う彼の

  • 死神×自暴自棄 リスカ・流血表現①

    一世一代の恋だと、思った。相手は十歳年上のサラリーマン。俺はまだ高校二年生の餓鬼だったけれど、俺はこの人と添い遂げるのだと、妙な確信があった。性別や年の差なんて関係ない。俺達にはそれを乗り越えられるだけの愛がある。例えばこの地球の全てが敵になってしまっても、この人が居てくれるのならば、俺はきっと海の底でだって生きていけるだろう。そしてこの人も、俺と同じ様に想ってくれている。だから、暗闇の中に身を投