• 父の死で学んだこと

    父の告別式が終わり、つい最近ふっと思ったことがあった。 父の死で学んだこと。 それは、『生きてることが、最高の幸せ』だと言うこと。 父の闘病生活を見てきて、終末期を迎え、 そして最期の時を迎えるまでをこの目で見てきてそう感じた。 父は、闘病生活を送ってきたが、その中でも苦しいことばかりだったのか? 大好きな桃のジュースを差し出したとき、 嬉しそうに美味しそうに飲んで、 途中でニッコリ微笑みながら「