• 自分のことが客観的に見えているかどうか

    受験勉強をしていると、どうしても流され勝ちです。 日々の作業に追われます。 課題をこなそうとします。 しかし、こういったタイプの作業は、実は余り身についていないことが多いのです。 量をこなした自己満足に陥っている可能性があります。 対して、自己を素直に分析し(冷静に分析しなさいとまではいいません)、足りないものは何か、重点をおくべきものは何か、について謙虚に見ることができる受験生は、一歩一歩着実に