• 短い逢瀬 想い出の紅葉🍁

    相変わらず多忙極まりない二人でゆっくり逢える日にちを約束できる状況ではなかった。 そんなある日、わたしが所用に出かけようとした時に彼からメールが T 「今から◯◯方面に向かう途中です。 ミオコは何してる?」 M 「◯◯◯◯行くところです」 T 「じゃあ送って行けそうだから◯◯で待ってて!」 M 「え〜甘えていいの?」 T 「どうせ走るんだし、その時間逢って話せるんだし〜・・・!」と この日も行き先

  • 短い逢瀬 偶然の奇跡急行🚃

    関西旅行の後、タカシもわたしも公私共に多忙な日々で、なかなかゆっくり逢える時間が取れなくなっています。 逢えない日は彼の仕事帰りに電話で話していたのも今はそれもままならない。 そんな状況の中、ほんの短い時間逢うことができました。 T 「本社向かっています、今◯◯◯駅です」とメールが。 わたしも偶然にもタカシの乗っている電車の次の駅で乗り換えする直前でした。 ホームを駆け降りながらメールしました。

  • 5時間だけの逢瀬

    タカシが家族と暮らすようになって出張旅行、半年ぶりのコンサート旅行、一年ぶりの関西旅行と記事は流れていましたが 実はその間も時折わたしはタカシの赴任地を訪れていたのです。 逢いたい気持ちが募ると我慢できなくなり新幹線に飛び乗って逢いに行ってしまっていました。 この頃からタカシに 「美緒子は我慢弱いなぁ〜」が口癖になっていました。 タカシに逢う前は常に自分を抑え、我慢することが日常で 忍耐強かったの