•   トマールを味わい尽くす~(6) 新市街 公園 ランチ

     まだ時間がある。新市街を歩いてみよう。   新市街とは言っても建物はかなり古いなぁ。  ミニスーパーとスナックバー。 朝顔見っけ。  去年の”タブレイロス祭り”の名残かな。それとも広告?  4年に一度、7月上旬に開催されるお祭り。ポルトガルで最も華やかな祭りとして有名。 ↑↑↑右の写真は頭に乗せるタブレイロ(お盆)。花や串さしのパンが身長と同じ高さまで 積まれ、その重さは30kgにもなるそうです

  •  トマールを味わい尽くす~(5) シナゴガと市場

    ★シナゴガは通り過ぎてしまいそうな狭い道沿いにあった。入り口には       ”六芒星(ダビデの星)があった。15cの中頃のユダヤ教会。                1496年にマヌエル一世がユダヤ人追放令を出してからは監獄として使われていたことも あったという。今はその歴史の資料が公開されている。  入り口に鎮座している老婦人。彼女の胸にもダビデの星のペンダント。入場は無料。 ささやかな寄付(

  •  トマール ~ 森林公園 アズレージョ工房 サン・ジョアン教会 (4)

                         6月7日                                                                                                                                                     真ん中の建物が泊まった宿です。バルコニーに見えますが

  •   トマール キリスト修道院と街歩き(3)

      ★キリスト騎士団の西壁    苔むしたところ、黒ずんでいたりもしていますが改修したところは白っぽく見えます。                               マヌエル様式の窓 キリスト騎士団のマルタ十字と国の紋章、 ロープ、鎖、サンゴといった大航海時代を象徴するモチーフが刻まれている。            トマールに来て良かったね」と相棒と言い合った。  「教会はもういいや」と言

  •   圧巻!トマール キリスト修道院!(2)

    ★キリスト修道院(シニア・3ユーロ)   12世紀半ばに十字軍の一環としてローマ教皇直属のテンプル騎士団がポルトガル中部をイスラム勢力から奪還。その功績によりアルフォンソ1世からトマールを与えられ、1160年から修道院や教会を築きポルトガルの拠点とした。1312年に入ると、フランス王フィリップ4世(美男王)の陰謀でフランス国内でテンプル騎士団が異端とされ(異教崇拝と男色の濡れ衣を着せられる)国外駐

  •   トマールには世界遺産の修道院がある!(1)

      6月6日  トマール駅       トマール駅でタクシ―に乗りホテルまで(5ユーロ)ドライバーのおじさん      は重い荷物も軽々と車に乗せ、ニコニコと愛想がいいこと。「これからの観光      は車で周らないか?」と営業してくる。生返事していたが、「いいか。この番      号に電話してくれよ」と念を押していった。この旅は”歩く”が基本。よほどの      ことがない限り足でまわる。