• 出産物語 和痛分娩編4

    ふぬーーーー! という必死のいきみを続け、 いよいよ助産師さんや看護師さんの動きが慌ただしくなってきた。 どういう状況なのかは分からないけど、 何かの拍子に突然LDRに数人のお医者さんがなだれ込んでくる! でもこっちも必死なので気とか遣ってられないし気にならない!w 医:「すがたまさーん、赤ちゃんの頭触ってみますかー?」 私:「えっ!?ささ触れるもんなんですか!!??」 医:「触れますよーはい手を

  • 出産物語 和痛分娩編3

    前回のつづき さてさて時刻は朝6時頃。 結局いつ麻酔が切れるのか分からない緊張感と、 いよいよだ!という高揚感とで一睡もできなかったわたし。 途中、赤ちゃんの出てくる頭の向きが旋回不十分だとかで、 助産師さんらしき方が手を突っ込んで子の頭を横に向かせたっぽい。 冷静に考えるとあの時物理的にどういうことになってたんだろうか・・・・ 人体ってすごい・・・。 何はともあれ 麻酔のおかげで耐え難い痛みとい

  • 出産物語 和痛分娩編2

    いよいよ腰から入った半身麻酔。 それまであった生理痛のような鈍痛が、 うそのようにすぅーっと引いていった。麻酔すごい!こわっ! 麻酔の先生から説明を受ける。 自分でなんか痛いかなー?と思ったらこのスイッチを押してくださいね。 麻酔が入る量はちゃんと計算されていて、 痛いからといって何度もカチカチスイッチを押しても一定量以上は入りません。 本格的に痛い!と思ってから押すとタイムラグが出て結局痛いので

  • 出産物語 和痛分娩編

    前回の続き。 破水から始まっていよいよLDRに入り、 旦那が慌ただしく入院手続きやら何やらを済ましてくれていた。 看護婦さんが入れ替わり立ち替り、子宮の開き具合を確認しに来てくれる。 破水直後の内診ですでに4cm開いていた子宮口、 その後も少しずつ少しずつ、数時間かけて開いていくようだった。 しかし・・・・ 陣痛はまだかね?^^; 数cm開いてるって相当痛いって覚悟してたんだが・・・ いやまだこれ

  • 出産物語 破水編②

    前回の続き。 陣痛タクシーを飛ばして夜間救急の受付を済ませた後、 とりあえず診察しましょうということで夜間診察の待合室へ。 産院は成育医療センターという小児救急の総本山的なところなので、 産気づいた自分以外にも、緊急で診る必要がある人たちはたくさんいる。 じっとしてる分には待つのは苦でもなんでもないので、 なるべく動かないようにして診察を待つ私と旦那。 10分ほど待つと夜間担当医の先生が来てくれた

  • 出産物語 破水編

    忘れないうちにちょこちょこ書いておこうと思う。 もしこの先二人目産むことになった時に備忘録にでもなれば。 あと 自分が出産前によく色んな体験記読み漁ってたんだけど、 成育医療センターでの出産体験記ってそんなに多くなかったから、 今後巡り巡ってここに行き着いた人の参考になればいいな^^ あれは38週と2日目の夜23時頃。 すっかり秋の気候で肌寒かったので、 温まるものを食べよう!と、 腹いっぱい寄せ